新十津川物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新十津川物語』(しんとつかわものがたり)は、川村たかし小説、またそれを原作とするテレビドラマ

概要[編集]

川村たかし作の児童小説で、1977年から1988年にかけて、単行本全10巻が偕成社から刊行された。イラストは鴇田幹による。産経児童出版文化賞大賞、第29回日本児童文学者協会賞受賞。

1993年には舞台となった北海道新十津川町に、本作にちなんだ「新十津川物語記念館」が開設されている[1]

あらすじ[編集]

1889年の十津川大水害で両親を失った津田フキは、兄とともに新天地を求め、北海道開拓に向かう2600人の集団の一人として、自然や大地と格闘し生命力をもらいながら新十津川村を開拓する、第一世代の住民となる。そして、過酷な自然と運命に翻弄されるフキの80年近い人生を描きつつ、フキの子供時代や子・孫・曽孫、波乱万丈の日本の近代を生き抜いた様々な人々の姿を描く[1]

刊行書籍[編集]

副題 単行本 文芸版 偕成社文庫版
1 北へ行く旅人たち 1977年12月 1990年1月 1992年5月
2 広野の旅人たち 1978年10月 1990年10月 1992年5月
3 石狩に立つ虹 1980年1月 1990年11月 1992年5月
4 北風にゆれる村 1981年3月 1990年11月 1992年5月
5 朝焼けのピンネシリ 1983年6月 1990年11月 1992年5月
6 雪虫の飛ぶ日 1984年12月 1990年12月 1992年5月
7 吹雪く大地 1986年1月 1990年12月 1992年9月
8 燃える海山 1987年5月 1990年12月 1992年9月
9 星の見える家 1987年12月 1990年12月 1992年9月
10 マンサクの花 1988年12月 1990年12月 1992年9月

この他、1987年には取材記録集『十津川出国記』(北海道新聞社)が出版されている[1]

テレビドラマ[編集]

新十津川物語
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 江口浩之
原作 川村たかし「新十津川物語」
脚本 冨川元文
プロデューサー (制作)山岸康則
出演者 斉藤由貴
江口洋介
小西博之
明治編
放送時間 土曜 19:30 - 21:00
放送期間 1991年10月5日 - 12日(2回)
大正編
放送時間 土曜 19:30 - 21:00
放送期間 1992年5月2日 - 9日(2回)
昭和編
放送時間 土曜 19:30 - 21:00
放送期間 1992年9月19日 - 26日(2回)
テンプレートを表示

1991年から1992年にかけて、「明治編」「大正編」「昭和編」各2部(全6回)が、NHK総合「土曜ドラマ」にて放送された。2018年4月から7月には、北海道命名150年にちなみNHK総合北海道ローカル枠「北海道LOVEテレビ」にて再放送された[2]

キャスト[編集]

明治編
大正編
昭和編
現代パート

スタッフ[編集]

  • 原作 - 川村たかし「新十津川物語」より
  • 脚本 - 冨川元文
  • 音楽 - 堀井勝美
  • 演奏 - Cカンパニー
  • 時代考証 - 小木新造田中彰桑原真人
  • 擬闘 - 林邦史朗
  • 協力 - 北海道新十津川町
  • 資料提供
  • 方言指導 - 嵯峨野れい(明治・大正編 十津川弁指導)、曾川留三子(大正編第1部 北海道弁指導)
  • 習字指導 - 望月暁云、高野早苗(明治編)
  • オペラ考証 - 鈴木としお(大正編第1部)
  • 制作 - 山岸康則
  • 美術 - 岡田正己、田坂光善(明治編第1部・大正編)、田中恒(明治編第2部)、藤井俊樹(昭和編第1部)
  • 技術 - 京谷道雄(明治編第1部)、菊地勝美(明治編第2部・大正編第1部)、小林稔(大正編・昭和編第1部)
  • 音響効果 - 萩野勝男
  • 撮影 - 浪川喜一(明治編・大正編第1部・昭和編第1部)、佐々木達之介(大正編第2部)
  • 照明 - 渡辺恒一
  • 音声 - 佐藤登喜雄
  • 映像技術 - 堀尾知三(大正編第1部・昭和編第1部)、山村恵一(大正編第2部)
  • 記録・編集 - 城島純一
  • 演出 - 江口浩之(明治編・大正編第1部)、秋山茂樹(大正編第2部)、山本秀人(昭和編第1部)

放映リスト[編集]

いずれも土曜19:30 - 21:00に放送。

話数 放送日 サブタイトル
1 1991年
10月5日
明治編・第1部 北へ行く旅人たち
2 10月12日 明治編・第2部 大地に立つ
3 1992年
5月2日
大正編・第1部 母よ、娘よ
4 5月9日 大正編・第2部 裸足の女たち
5 9月19日 昭和編・第1部 女のいくさ
6 9月26日 昭和編・第2部 時の彼方へ

脚注[編集]

外部リンク[編集]