角川ヘラルド・ピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本ヘラルド映画から転送)
移動先: 案内検索
KADOKAWA > 角川映画 > 角川ヘラルド・ピクチャーズ

株式会社角川ヘラルド・ピクチャーズ(かどかわヘラルド・ピクチャーズ、KADOKAWA HERALD PICTURES, INC.)は、かつて存在した映画配給を主たる業務とする企業。

かつては、名古屋が発祥のヘラルドグループの企業であり、旧商号は「日本ヘラルド映画株式会社」(にほんヘラルドえいが)であった。法人としては、2005年8月に角川ホールディングス(現:KADOKAWA)の傘下に入った後、2006年3月に角川映画に吸収合併されるまで存続した。

会社概要[編集]

  • 所在地 東京都千代田区紀尾井町 (本社)
  • 創業 1956年
  • 主な事業内容 映画の配給、テレビへの放送権販売、ビデオ頒布権販売、角川グループの映画の海外での営業権やリメイク権の販売。

沿革[編集]

  • 1956年 - 古川為三郎古川勝巳が名古屋市で「有限会社欧米映画配給社」(おうべいえいがはいきゅうしゃ)として創業。
  • 1957年 - 「ヘラルド映画株式会社」(ヘラルドえいが)に商号及び組織変更。
  • 1960年 - 大洋映画株式会社、北欧映画株式会社と合併。
  • 1961年 - 株式会社ニッポンシネマコーポレーションと合併し、「日本ヘラルド映画株式会社」を設立。
  • 1989年12月 - 代表取締役社長に古川博三就任。
  • 1996年
    • 7月 - 映画の製作、配給、興行及び不動産の売買を目的として東京都港区に資本金9千万円でヘラルド・エステート株式会社を設立。
    • 10月 - (旧)日本ヘラルド映画株式会社より映画配給事業の営業譲渡を受け、映像事業を開始。同時に商号を日本ヘラルド映画株式会社に変更。
  • 1997年 - 興行事業のヘラルド・エンタープライズ(後の角川シネプレックス、現:シネプレックス)株式会社を資本金9千万円で設立。興行事業を開始。
  • 1999年 - テレビ作品の日本語版制作会社、グロービジョン株式会社を買収。
  • 2002年9月 - 日本証券業協会に株式を店頭登録。
  • 2004年12月 - 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
  • 2005年
    • 3月 - 株式会社角川ホールディングスの連結子会社となる。
    • 6月 - 本社を千代田区紀尾井町に移転。代表執行役社長に江川信也就任。
    • 7月27日 - ジャスダック証券取引所上場廃止。
    • 8月 - 株式会社角川ホールディングスの100%子会社となる。商号を「株式会社角川ヘラルド・ピクチャーズ」に変更。
  • 2006年3月1日 - 角川映画と合併(存続会社は角川映画)、独立系映画配給会社としての歴史の幕を閉じた。合併後の社名は角川ヘラルド映画
  • 2007年3月1日 - 社名を再び角川映画株式会社に変更、『ヘラルド映画』のブランドは消滅した。
  • 2011年1月1日 - 角川映画株式会社は角川書店(現:KADOKAWA)に吸収合併されて消滅。法人としての角川映画は無くなり、角川映画はブランド名のみとなる。

オープニングロゴ[編集]

  • 初代 - 赤い地球と黒い物体がフェードインし、黒い物体が手前に回り込みながら(黒い物体が手前に来た時に赤い地球は赤丸🔴になる)、🔴の下に行って、その後「HERALD」の文字がフェードインし、「日本ヘラルド映画株式会社」の文字がフェードインする。
  • 2代目 - 映像自体は初代と変わらないが、「日本ヘラルド映画株式会社」の文字が無くなった。

主な映画作品[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

テレビアニメ作品[編集]

OVA作品[編集]

子会社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]