ホノカアボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホノカアボーイ
監督 真田敦
脚本 高崎卓馬
原作 吉田玲雄
製作 亀山千広
高田佳夫
阿部秀司
出演者 岡田将生
倍賞千恵子
松坂慶子
音楽 桑原茂一(兼プロデュース)
青柳拓次
阿部海太郎
主題歌 小泉今日子「虹が消えるまで」
撮影 市橋織江
編集 日下部元孝
制作会社 ROBOT
製作会社 フジテレビジョン電通、ROBOT
配給 東宝
公開 日本の旗 2009年3月14日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ホノカアボーイ』は、Porter Classic/ポータークラシックのチーフディレクターでもあり、写真家・ライターとして活躍している吉田玲雄が自分自身のハワイ滞在体験を綴った紀行エッセイが原作。岡田将生初主演の日本映画

概要[編集]

ハワイ島の北の端に実在する小さな町ホノカア (Honokaa) に住む日系アメリカ人コミュニティを舞台にした映画。

おいしいご飯、人を愛おしく思う心、大切な言葉、そしてハワイ島の優しくゆるやかな風景。町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、そこに暮らす人々の人間模様がつづられる。

監督は『いぬのえいが』の短編「ねえ、マリモ」の真田敦

脚本は明治製菓「キシリッシュ」や、JR東日本suica「ペンギンと女の子」大塚製薬「ポカリスエット×SMAP」など数々のCMを手掛けたCMプランナーの高崎卓馬

主演は映画界期待の新人の岡田将生、女優・歌手と多方面で活躍する倍賞千恵子

料理、映像、音楽など、あらゆるジャンルの才能たちが結集し、オールハワイロケで作り上げた優しい作品世界が堪能できる。

Porter Classic/ポータークラシックが衣装協力もしている。

キャッチコピーは、どうして僕たちは、何かを失って、大人になるんだろう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

作詞 - 高崎卓馬 / 作曲・編曲 - 斉藤和義 / 歌 - 小泉今日子

外部リンク[編集]