ロボット (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ロボット
ROBOT COMMUNICATIONS, INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南三丁目9番7号
北緯35度38分42.58秒 東経139度42分19.72秒 / 北緯35.6451611度 東経139.7054778度 / 35.6451611; 139.7054778座標: 北緯35度38分42.58秒 東経139度42分19.72秒 / 北緯35.6451611度 東経139.7054778度 / 35.6451611; 139.7054778
設立 1986年6月3日
業種 情報・通信業
法人番号 7011001025581
事業内容 映像ソフト事業
代表者 代表取締役社長 加太孝明
資本金 1億円
純利益 2億500万円(2017年3月期)[1]
総資産 56億3,300万円
(2017年3月31日現在)[1]
従業員数 227名(2017年4月1日)
決算期 3月31日
主要株主 (株)イマジカ・ロボット ホールディングス 100%
関係する人物 阿部秀司(創業者・顧問)
外部リンク http://robot.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ロボット: ROBOT COMMUNICATIONS INC.)は、東京都渋谷区に本社を置く制作プロダクション。1986年設立。2006年平成18年)に映像技術会社IMAGICAと経営統合し、イマジカ・ロボット ホールディングス(現IMAGICA GROUP)を設立。グループの中核企業。

概要[編集]

TVCM劇場映画アニメーションCGゲームWEBサイトグラフィックデザインVRデジタルサイネージなどの企画・制作を事業としている。

会社設立当初はTVCM制作が事業の中心であったが、後に『踊る大捜査線 THE MOVIE』や『ALWAYS 三丁目の夕日』など、映画製作にもかかわるようになった。

国外ではアニメーションCG作品への評価が高く、『鬼武者3』はSIGGRAPHの"Electronic Theater"に選出。『つみきのいえ』は米国アカデミー賞 短編アニメ映画賞を受賞した。

社名の由来は、創立者の阿部秀司が「ロボット」という社名を付けたことから。しかし実際は、お酒の席で盛り上がっていたため、そんなに深い理由があって付けたのではないかと言われている。 ただ、代表取締役社長の加太孝明曰く、社内で企画をやっている時に「おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがある」という言葉がよく出てくることから、そういう楽しさの象徴として「ロボット」というモノが潜在的にあったのではないかと思われている[2]

役員構成[編集]

  • 代表取締役社長 - 加太孝明
  • 取締役 - 齋藤力
  • 取締役 - 井上邦彦
  • 創業者・顧問 - 阿部秀司
  • クリエイティブ バイスプレジデント - 守本亨
  • クリエイティブ フェロー - 清水亮司

所在地[編集]

本社[編集]

銀座オフィス[編集]

代表作品[編集]

実写映画[編集]

テレビドラマ[編集]

主なTVCM[編集]

アニメ映画[編集]

アニメ作品[編集]

ゲーム[編集]

その他の作品[編集]

  • 日曜洋画劇場 番組オープニング
  • アストロミゼットワールド ベータミゼット(玩具)
  • ABAL:DINOSAUR(VRアトラクション)

所属している人物[編集]

演出家・監督・脚本家[編集]

プロデューサー[編集]

かつて所属していた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第31期決算公告、2017年(平成29年)6月28日付「官報」(号外第138号)149頁。
  2. ^ 株式会社ロボット | J・VIG 協同組合 日本映像事業協会 2018年8月30日閲覧

外部リンク[編集]