斉藤和義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斉藤 和義
出生名 斉藤 和義
生誕 (1966-06-22) 1966年6月22日(57歳)
出身地 日本の旗 日本栃木県下都賀郡壬生町
ジャンル
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1993年 -
レーベル
事務所 Rumble Cats
共同作業者
公式サイト KAZUYOSHI SAITO OFFICIAL WEB SITE
斉藤和義
YouTube
チャンネル
活動期間 2011年 -
ジャンル 音楽
登録者数 18.5万人
総再生回数 1億4239万7051回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年1月21日時点。
テンプレートを表示

斉藤 和義(さいとう かずよし、1966年6月22日 - )は、日本シンガーソングライター栃木県下都賀郡壬生町出身。血液型O型。身長181cm。既婚。

略歴[編集]

小学生の時にギターと出会う[2]。中学・高校時代にはハードロックヘヴィメタルにハマり、LOUDNESSコピーバンドもしている[2]。高校時代はヘヴィメタル・グッズを原宿で買って、そのままLOUDNESSなどのコンサートに通っていたという[3]

壬生町立南犬飼中学校作新学院高校を卒業[4]。「オリオン通り」でカレーを食べる[注 1] 青春を送る。この時の事が浜崎貴司との共作につながる。山梨学院大学を2年で中退。地元に戻っていた21歳の時、友人から「東京で一緒に音楽をやろう!」と誘われたのがきっかけで単身上京。

1992年TBSのオーディション番組『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』へ出演(5週勝ち抜き)した後、1993年に「僕の見たビートルズはTVの中」でファンハウスからメジャー・デビュー[2]

デビュー当時のキャッチフレーズは、フォークシンガーを思わせる『四畳半じゃ狭すぎる』というものであった[5]

1994年、3rdシングル「君の顔が好きだ」が、大阪を拠点とするFM802の3月の邦楽ヘヴィー・ローテーションに採用、これをキッカケに関西圏での知名度が上昇する。

1994年、「歩いて帰ろう」がフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』で使われた。

1995年に同年代の一般女性と結婚[6][7]

デビュー15年目以降[編集]

デビューから15年目の2007年から2008年にかけては一気に知名度が高まった[8][9][10]。2007年は、リクルート社『ゼクシィ』に作ったテレビCM曲「ウエディング・ソング」が話題になり、UHA味覚糖e-maのど飴」のテレビCM曲に「愛に来て」が使用された時は本人もCMに出演した[10]

2008年5月からは、武田薬品工業の「アリナミン」CM曲を担当。ブランドCM曲「おつかれさまの国」と「どんなに頑張ってみても」のフレーズの商品CM曲「やぁ 無情[8] の2曲を提供。「やぁ 無情」は第50回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。6月には所属事務所を「ロード&スカイ」に移籍。8月にリリースのベスト・アルバム歌うたい15 SINGLES BEST 1993〜2007』はオリコンチャートで最高4位を記録した。

他の音楽家との交流にも精力的で、2009年5月に急逝した忌野清志郎とは特に親交が深く、清志郎を愛する多数のアーティストが結集した映画『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜』にはただ一人、3度全てに出演している[11]

2010年4月OAの資生堂IN & ON」CMでは「ずっと好きだった」を提供。

2010年6月3日、結婚して15年になる夫人との間に第一子の男児が誕生した[6][12]

2011年4月1日から、東日本大震災へのチャリティーライブ「斉藤和義 on USTREAM 『空に星が綺麗』」(SPEEDSTAR RECORDS公式Ustreamチャンネル)を5週続けて敢行。

2011年6月頃、元BLANKEY JET CITY中村達也とユニット・MANNISH BOYSを結成[13]7月24日JOIN ALIVEを皮切りに、7月31日フジロックフェスティバルでは「GYPSY AVALON」ステージの「アトミック・カフェ」にユニットで出演[14]、同フェスの斉藤単独の「WHITE STAGE」では斉藤のバックバンドとして中村が参加[15]

2011年6月22日、SPEEDSTAR RECORDS公式Ustreamチャンネル内に「斉藤和義 on USTREAM」(斉藤和義チャンネル)を開設[16]。第1回の同日は新曲「雨宿り」などを披露。「斉藤和義 on USTREAM」は、隔週で(月2回)配信予定と発表されていたが、スケジュールは変動的で、第2回の配信は7月20日に延期。第3回は8月31日で8月の配信はその1回のみ。第4回は9月7日予定だったが機材トラブルで翌9月8日に延期、8月26日に宮城県塩竈市で開催されたチャリティライブの模様を2回放送した。配信期間は未定。

2012年、デビュー20年目にしてNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。出演者決定インタビューで感想を聞かれた際には、「今年は“ガキ使”が見れないなと思いました。頑張ります」というコメントで笑いを誘った[17]

2013年、LOUDNESSのメンバーが中心となって行われたがん疾患啓発チャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES 2013 Vol.1」に出演[18]

2013年、デビュー20周年を迎え、さいたまスーパーアリーナで斉藤史上最多収容人数の1万8000人を記録。

2014年5月、国立競技場ファイナルイベント「japan night」に音楽日本代表として豪華アーティストと共に参加。

2014年5月24日、新木場・若洲公園にて「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014」通称メトロック2014に出演。[19]

2014年8月31日、山中湖で開催された「SWEET LOVE SHOWER2014」に初参加。9月、MANNISH BOYSの2ndアルバム『Mu? Mu? Mu? MANNISH BOYS!!!』を発売。全国ツアーも開始するが、9月29日の脱原発イベント、「NO NUKES 2014」にも参加。この「NO NUKES」には初回の2012年から3年連続出演している[20]サザンオールスターズの「天国オン・ザ・ビーチ」のミュージック・ビデオに参加。桑田佳祐とは挨拶を交わしたこともあり、また、桑田が斉藤の「やさしくなりたい」を前年の『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』でカバーしており、斉藤はかつてラジオの企画で「真夏の果実」をカバーしている。

2015年3月14日、2回目となるビクター主催のロックフェスティバル「ビクター ロック祭り〜2015〜」に出演。[21]

2018年7月11日、寺岡呼人のソロデビュー25周年記念企画として結成されたカーリングシトーンズに参加。

2018年7月25日、デビュー25周年を記念したベスト・アルバム『歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017』をリリース[22]

人物[編集]

大の猫好きで、自宅に猫を飼っており、曲の中にも猫が頻繁に歌われている。シングル「やわらかな日」のジャケット写真は、飼い猫を自ら撮影したものである。[要出典]

自身の発言[23][24]や、ミュージック・ビデオでのパロディ[注 2]などから、下ネタ好きとしても知られる[26]

音楽的影響[編集]

中学生時代、姉の影響でマイケル・シェンカー・グループキッスエアロスミスヴァン・ヘイレンAC/DCなどのハードロックヘヴィメタルに傾倒する[2]。20代になると、ブルースをはじめとする洋楽のロックを聞くようになる[2]ビートルズローリング・ストーンズボブ・ディラントム・ウェイツジョニー・ウィンタージェフ・バックリィレッド・ホット・チリ・ペッパーズなども好きなアーティストとして挙げている[2]。自身のルーツとなる曲を訊かれ、斉藤はビートルズの「I Am the Walrus」、沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」、LOUDNESSの「LONELY PLAYER」をあげている[2]

伊坂幸太郎との関係[編集]

作家の伊坂幸太郎は会社勤めをしながら小説を書いていた際、通勤中に「幸福な朝食 退屈な夕食」を聴いて退職を決意、執筆活動に専念することにしたと語っている。のちに伊坂の書き下ろし短編小説「アイネクライネ」を基に、斉藤が「ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜」を作詞・作曲、コラボレーション作が生まれた[27]。「アイネクライネ」は、「ベリー ベリー ストロング 〜アイネクライネ〜」を収録したシングル「君は僕のなにを好きになったんだろう」に初回盤特典として封入され、当シングルのジャケットは漫画家の佐藤秀峰が描いており、佐藤も斉藤のファンであると公言している[27]

伊坂の短編小説「フィッシュストーリー」が中村義洋監督作品として映画化(2008年3月公開)された際は、劇中のパンクバンド「逆鱗」の曲として「FISH STORY」を、エンディング・テーマ曲として「Summer Days」を提供した。

ゴールデンスランバー」(2010年1月公開、中村義洋監督)でも、音楽を担当[2]。原作タイトルの由来となったビートルズの同名曲「Golden Slumbers」をカバーし、オープニングテーマ・劇中歌として使用された[2]。また、エンディングテーマとして「幸福な朝食 退屈な夕食」(映画化に際し新録)が使用されている。

短編集『フィッシュストーリー』に収録の一編「ポテチ」が、同じく中村義洋監督で2012年春に公開となり、音楽を担当することになった[28]

2019年、伊坂の小説作品である『アイネクライネナハトムジーク』が映画化、同年9月20日に公開。斉藤が劇中音楽を担当し、主題歌に新曲「小さな夜」を提供した。

ディスコグラフィ[編集]

斉藤和義のディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 22
ライブ・アルバム 16
ベスト・アルバム 5
EP 2
シングル 49
映像作品 26
配信限定シングル 20

シングル[編集]

CDシングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
1st 1993年8月25日 僕の見たビートルズはTVの中 8cmCD FHDF-1309 -
2nd 1993年11月26日 Rain Rain Rain FHDF-1341 -
3rd 1994年2月2日 君の顔が好きだ FHDF-1353 -
4th 1994年6月1日 歩いて帰ろう FHDF-1395 60位
5th 1994年9月24日 彼女 FHDF-1411 -
6th 1994年11月23日 déjà vu FHDF-1428 67位
7th 1995年3月1日 ポストにマヨネーズ FHDF-1444 -
8th 1995年6月25日 通りに立てば FHDF-1488 -
9th 1995年10月4日 大丈夫 FHDF-1506 48位
10th 1996年1月1日 空に星が綺麗 FHDF-1534 78位
11th 1996年2月1日 砂漠に赤い花 FHDF-1531 90位
12th 1996年8月21日 Baby,I LOVE YOU FHDF-1568 87位
13th 1997年1月22日 郷愁 FHDF-1607 47位
14th 1997年4月9日 幸福な朝食 退屈な夕食 FHDF-1627 -
15th 1997年11月21日 歌うたいのバラッド FHDF-1660 91位
16th 1998年2月21日 Hey! Mr.Angryman FHDF-1674 -
17th 1998年12月2日 ソファ 12cmCD FHCF-2449 34位
18th 2000年2月23日 アゲハ VICL-35108 44位
19th 2001年7月25日 劇的な瞬間 VICL-35282 40位
20th 2001年10月24日 ロケット VICL-35321 49位
21st 2001年12月5日 月の向こう側 VICL-35338 50位
22nd 2002年11月20日 やわらかな日 VICL-35446 43位
23rd 2003年3月5日 喜びの唄 VICL-35475 72位
24th 2004年3月24日 ぼくらのルール VICL-35624 82位
25th 2004年8月25日 真夜中のプール VICL-35706 42位
26th 2004年11月17日 約束の十二月/誰かの冬の歌 VICL-35739 48位
27th 2005年1月29日 世界を白くぬれ![注 3] KGSR-1003
28th 2005年10月19日 FLY〜愛の続きはボンジュール!〜 12cmCD
12cmCD
VICL-35891(初回限定盤)
VICL-35892(通常盤)
37位
29th 2006年5月24日 ハミングバード 12cmCD VICL-36060 55位
30th 2006年10月20日 破れた傘にくちづけを HRCN-311002
31st 2007年1月24日 ウエディング・ソング VICL-36205 16位
32nd 2007年6月20日 君は僕のなにを好きになったんだろう
ベリー ベリー ストロング〜アイネクライネ〜
12cmCD+DVD+本
12cmCD
VIZL-241(初回限定盤)
VICL-36310(通常盤)
20位
33rd 2007年9月5日 12cmCD+DVD
12cmCD
VIZL-254(初回限定盤)
VICL-36334(通常盤)
44位
34th 2008年9月17日 やぁ 無情 12cmCD VICL-36459 10位
35th 2008年12月3日 おつかれさまの国 12cmCD
12cmCD
VICL-36479(初回限定盤)
VICL-36480(通常盤)
13位
36th 2009年5月6日 ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー VICL-36497(初回限定盤)
VICL-36498(通常盤)
19位
37th 2009年8月5日 COME ON! 12cmCD VICL-36520 16位
38th 2010年4月21日 ずっと好きだった 12cmCD
12cmCD
VICL-36575(初回限定盤)
VICL-36576(通常盤)
8位
39th 2011年11月2日 やさしくなりたい 12cmCD VICL-37410 6位
40th 2012年5月2日 月光 12cmCD
12cmCD
VICL-36801(初回限定盤)
VICL-36802(通常盤)
10位
41st 2013年4月17日 ワンモアタイム 12cmCD VICL-36820 9位
42nd 2013年9月18日 Always 12cmCD+グッズ
12cmCD
VIZL-720(初回限定盤)
VICL-36920(通常盤)
10位
43rd 2013年10月16日 かげろう 12cmCD+本 VIZL-820(初回限定盤) 12位
44th 2015年9月2日 攻めていこーぜ!/傷口 12cmCD+グッズ
12cmCD
VIZL-990(初回限定盤)
VICL-37800(通常盤)
16位
45th 2016年6月8日 マディウォーター 12cmCD×2
12cmCD
VIZL-1049(初回限定盤)
VICL-37349(通常盤)
11位
46th 2017年2月22日 遺伝 12cmCD+グッズ
12cmCD
VIZL-1600(初回限定盤)
VICL-38300(通常盤)
15位
47th 2018年11月28日 カラー 12cmCD
12cmCD
VICL-38100(初回限定盤)
VICL-38101(通常盤)
17位
48th 2019年2月20日 アレ 12cmCD
12cmCD
VICL-38500(初回限定盤)
VICL-38501(通常盤)
17位
49th 2019年11月20日 いつもの風景 12cmCD+グッズ
12cmCD
VIZL-1670(初回限定盤)
VICL-38560(通常盤)
29位

企画[編集]

  1. 五秒の再会 - 斉藤和義と玲葉奈(2002年3月20日発売)
  2. キヨシローに憧れて - Golden Circle feat.斉藤和義(寺岡呼人ゆず・斉藤和義)
  3. オリオン通り - 斉藤和義と浜崎貴司宇都宮限定発売(2004年8月7日発売)

配信限定シングル[編集]

  配信日 タイトル 規格 備考
1st 2011年6月22日 雨宿り デジタル・ダウンロード
2nd 2014年12月10日 Endless WEBドラマ『タイムスリップ!堀部安兵衛』主題歌
3rd ワンダーランド NHK宇都宮放送局開局70周年記念 栃木発地域ドラマ『ライド ライド ライド』主題歌
4th 2016年7月8日 ひまわりに積もる雪 WEBムービー『マキアージュ スノービューティー2016』主題歌
5th 2016年9月9日 行き先は未来 松竹映画超高速!参勤交代 リターンズ』主題歌
6th 2017年4月12日 はるかぜ サントリー『鏡月』CMソング
7th 2017年7月26日 I’m a Dreamer テレビ東京系土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』主題歌
8th 2017年12月13日 始まりのサンセット 中外製薬スペシャルムービー「ある、かかりつけ薬剤師の一日」篇テーマソング
9th 2019年6月22日 小さな夜 映画『アイネクライネナハトムジーク』主題歌
10th 2020年7月1日 純風 テレビ朝日系『じゅん散歩』新テーマソング
11th 2020年8月12日 一緒なふたり ACジャパン盲導犬CMキャンペーンソング
12th 2020年12月16日 2020 DIARY
13th 2021年2月26日 上を向いて歩こう 映画『半径1メートルの君〜上を向いて歩こう〜』主題歌
14th 2021年3月10日 Boy ジャケットのイラストとMVのアニメーションを漫画家の浦沢直樹が担当[29]
15th 2021年10月1日 朝焼け 映画『リクはよわくない』主題歌
16th 2021年10月13日 Over the Season 東洋水産マルちゃん 赤いきつねと緑のたぬき」CMソング
17th 2021年10月27日 寝ぼけた街に UTグループ企業理念ムービー「Upward Together」テーマソング
18th 2022年5月11日 俺たちのサーカス ENEOS「春のEneKeyキャンペーン」テーマソング
THE FIRST TAKE MUSIC
- 2022年7月22日 明日大好きなロックンロールバンドがこの街にやってくるんだ – From THE FIRST TAKE デジタル・ダウンロード アサヒスーパードライ×THE FIRST TAKE WEB CMタイアップソング
- 2022年8月25日 歌うたいのバラッド – From THE FIRST TAKE

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1993年9月26日 青い空の下… 12cmCD FHCF-2114 -
2nd 1994年3月24日 素敵な匂いの世界 FHCF-2157 60位
3rd 1995年2月1日 WONDERFUL FISH FHCF-2209 28位
4th 1996年2月28日 FIRE DOG FHCF-2277 14位
5th 1997年2月26日 ジレンマ FHCF-2359 8位
6th 1997年12月26日 Because FHCF-2408 19位
7th 2000年3月23日 COLD TUBE VICL-60550 18位
8th 2002年1月17日 35 STONES VICL-60826 12位
9th 2003年3月26日 NOWHERE LAND 12cmCCCD VICL-61096 41位
10th 2004年4月21日 青春ブルース 12cmCD
12cmCD
VIZL-113(初回限定盤)
VICL-61336(通常盤)
18位
11th 2006年6月21日 俺たちのロックンロール 12cmCD+DVD
12cmCD
VIZL-192(初回限定盤)
VICL-61969(通常盤)
13位
12th 2007年10月17日 I ♥ ME VIZL-260(初回限定盤)
VICL-62600(通常盤)
7位
13th 2009年9月16日 月が昇れば 12cmCD+写真集
12cmCD
VICL-63400(初回限定盤)
VICL-63401(通常盤)
7位
14th 2010年10月27日 ARE YOU READY? VICL-63676(初回限定盤)
VICL-63677(通常盤)
7位
15th 2011年10月19日 45 STONES 12cmCD×2
12cmCD
VIZL-545(初回限定盤)
VICL-64045(通常盤)
2位
16th 2013年10月23日 斉藤 12cmCD×2+バブルヘッド人形
12cmCD
VIZL-920(1万枚限定・20周年記念「斉藤」「和義」スペシャルセットパッケージ)
VICL-64120(通常盤)
2位
17th 和義 VIZL-920(1万枚限定・20周年記念「斉藤」「和義」スペシャルセットパッケージ)
VICL-64220(通常盤)
3位
18th 2015年10月28日 風の果てまで 12cmCD×2+DVD
12cmCD×2
12cmCD
VIZL-1020(初回限定盤A)
VIZL-1021(初回限定盤B)
VICL-64600(通常盤)
2位
19th 2018年3月14日 Toys Blood Music 12cmCD×2
12cmCD
アナログ盤
VIZL-1800(初回限定盤)
VICL-65100(通常盤)
VIJL-60400(アナログ盤)
1位
20th 2020年1月29日 202020 12cmCD+DVD
12cmCD
アナログ盤
VIZL-2020(初回限定盤)
VICL-65320(通常盤)
VIJL-60320(アナログ盤)
4位
21st 2021年3月24日 55 STONES VIZL-1850(初回限定盤)
VICL-65460(通常盤)
VIJL-60310(アナログ盤)
5位
22nd 2023年4月12日 PINEAPPLE 12cmCD+ピンバッジ2種+Tシャツ
12cmCD+ピンバッジ2種
12cmCD
アナログ盤
NZY-10056(VICTOR ONLINE STORE限定盤)
VIZL-2030(初回限定盤)
VICL-65670(通常盤)
VIJL-60280(アナログ盤)
6位

ミニ・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
1st 1995年3月15日 WONDERFUL MIX 12cmCD FHCF-2214
2nd 2000年11月29日 HALF 12cmCD VICL-60664 37位

ベスト・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1998年12月2日 Golden Delicious 12cmCD FHCF-2445 11位
2nd 2000年5月24日 Collection "B" FHCF-2495 38位
3rd 2008年8月6日 歌うたい15 SINGLES BEST 1993〜2007 12cmCD×3
12cmCD×3
VICL-63015/ 7
VICL-63018/20
4位
4th 2008年9月17日
2018年5月30日
Collection "B" 1993〜2007 BVCR-18151/3
VICL-65200/2
21位
5th 2018年7月25日 歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017 12cmCD×4+グッズ
12cmCD×4
12cmCD×3
VIZL-2025
VIZL-2026
VICL-66025/7
4位

セレクション・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 2005年12月7日 白盤 12cmCD VICL-61773 27位
2nd 2005年12月7日 黒盤 VICL-61774 40位

コンセプト・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
1st 2007年3月21日 紅盤 12cmCD+DVD
12cmCD
VIZL-224
VICL-62340
13位
2nd 2012年9月19日 ONE NIGHT ACOUSTIC RECORDING SESSION
at NHK CR-509 Studio
12cmCD VICL-63920 16位
3rd 2023年7月26日 ROCK’N ROLL Recording Session
at Victor Studio 301
12cmCD+DVD+トートバッグ
12cmCD+DVD
12cmCD
アナログ盤
VIZL-2210+NZY-10080(VICTOR ONLINE STORE限定盤)
VIZL-2210(初回限定盤)
VICL-65830(通常盤)
VIJL-60340(アナログ盤)
12位

ライブ・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1999年6月2日 十二月 12cmCD FHCF-2458 26位
2nd Golden Delicious Hour FHCF-2459 30位
3rd 2002年3月20日 十二月 〜Winter Caravan Strings〜 12cmCD+8cmCD VICL-60872/3 46位
4th 2005年3月16日 弾き語り 十二月 in武道館 12cmCD VICL-61591 64位
5th 2010年3月24日 斉藤“弾き語り”和義 ライブツアー2009≫2010 十二月 in 大阪城ホール 〜月が昇れば 弾き語る〜 12cmCD×2
12cmCDx2
VICL-63608/9(初回限定盤)
VICL-63610/1(通常盤)
23位
6th 2013年12月25日 Kazuyoshi Saito 20th Anniversary Live1993-2013“20<21”~これからもヨロチクビ~at 神戸ワールド記念ホール2013.8.25 12cmCD×3
12cmCD×3
VICL- 64320/2(初回限定盤)
VICL-64323/5(通常盤)
18位
7th 2015年3月18日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2014"RUMBLE HORSES" Live at ZEPP TOKYO 2014.12.12 12cmCD×2
12cmCD×2
VIZL-982(初回限定盤)
VICL-64380/1(通常盤)
23位
8th 2016年9月21日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 “風の果てまで” Live at 日本武道館 2016.5.22 12cmCD×3
12cmCD×2
VIZL-1350(初回限定盤)
VICL-64650/1(通常盤)
16位
9th 2017年10月25日 斉藤和義 弾き語りツアー 2017“雨に歌えば” Live at 中野サンプラザ 2017.06.21 12cmCD×3
12cmCD×2
VIZL-1230(初回限定盤)
VICL-64830/1(通常盤)
19位
10th 2018年11月28日 Kazuyoshi Saito LIVE TOUR 2018 Toys Blood Music Live at 山梨コラニー文化ホール2018.06.02 12cmCD×2 VICL-65300/1 33位
11th 2019年3月20日 KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 25< 26~これからもヨロチクビーチク~Live at 日本武道館 2018.09.07 12cmCD×3 VICL-65400/2 28位
12th 2019年11月20日 斉藤和義 弾き語りツアー2019 “Time in the Garage” Live at 中野サンプラザ 2019.06.13 12cmCD×3
12cmCD×2
VIZL-1640(初回限定盤)
VICL-65600/1(通常盤)
24位
13th 2021年10月27日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2020 "202020" 幻のセットリストで2日間開催!~万事休すも起死回生~ Live at 中野サンプラザホール 2021.4.28 12cmCD×2+ポーチ
12cmCD×2
VIZL-1932(初回限定盤)
VICL-65550/1(通常盤)
41位
14th 2022年10月5日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2021 “202020 & 55 STONES” Live at 東京国際フォーラム 2021.10.31 12cmCD×2+トランプ+フィギュア
12cmCD×2+トランプ
12cmCD×2
VOSF-11392(VICTOR ONLINE STORE限定セット 初回限定盤)
VIZL-1810(初回限定盤)
VICL-65420/1(通常盤)
21位
15th 2023年8月30日 斉藤和義 弾き語りツアー「十二月〜2022」Live at 日本武道館 2022.12.21 12cmCD×2+ピンバッジ2種+ポーチ
12cmCD×2+ピンバッジ2種
12cmCD×2
VOSF-12308(VICTOR ONLINE STORE限定セット 初回限定盤)
VIZL-2033(初回限定盤)
VICL-65680/1(通常盤)
31位
16th 2023年12月20日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2023 PINEAPPLE EXPRESS ~明日大好きなロックンロールバンドがこの街にやってくるんだ~ Live at 川口総合文化センターリリア メインホール 2023.07.22 12cmCD×2+下敷き+フェイスタオル+ポスター
12cmCD×2+下敷き
12cmCD×2
VOSF-12479(VICTOR ONLINE STORE限定セット 初回限定盤)
VIZL-2222(初回限定盤)
VICL-65840/1(通常盤)
41位

その他のアルバム[編集]

  • Seven (1999年9月22日)
伊藤広規小田原豊と組んだバンド『SEVEN』のアルバム。

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1995年9月1日 VIDEO CLIPS Vol.1 君の顔が好きだ VHS FHVF-1531
2nd 1996年3月15日 VIDEO CLIPS Vol.2 老人の歌 FHVF-1112
3rd 1997年9月26日 LIVE TOUR '97 歌え なまけもの DVD
VHS
BVBH-41003
FHVF-1125
4th 1998年12月2日 VIDEO CLIPS Vol.3 歌うたいのバラッド VHS FHVF-1131
5th 2002年11月20日 Kazuyoshi Saito Live Tour 2002 35 STONES DVD
VHS
VIBL-68
VIVL-283
6th 2004年5月19日 VIDEO CLIPS Vol.4 ぼくらのルール DVD VIBL-166
7th 2005年3月16日 弾き語り 十二月 in武道館 〜青春ブルース完結編〜 VIBL-275
8th 2005年6月29日 VIDEO CLIPS '93〜'98 BVBH-41004
9th 2008年9月17日 CLIPS BEST 1993〜2007 BVBR-11110/1
10th 2009年3月25日 LIVE TOUR 2008 歌うたい15<16 Live at ZEPP TOKYO 2008.12.11 DVD
DVD
VIZL-331(初回限定盤)
VIBL-576/7(通常盤)
11th 2010年3月24日 斉藤“弾き語り”和義 ライブツアー2009≫2010 十二月 in 大阪城ホール 〜月が昇れば 弾き語る〜 VIBL-590/1(初回限定盤)
VIBL-592/3(通常盤)
12th 2010年5月26日 斉藤和義 ライブツアー2009≫2010 "月が昇れば" at 日本武道館 2010.3.5 VIBL-595/6(初回限定盤)
VIBL-597/8(通常盤)
13th 2011年4月20日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2010 STUPID SPIRIT Live at ZEPP TOKYO 2010.12.12 DVD VIBL-603
14th 2012年6月27日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011〜2012 at 武道館 2012.2.11 DVD
DVD
VIBL-650/1(初回限定盤)
VIBL-652/3(通常盤)
15th 2013年12月25日 Kazuyoshi Saito 20th Anniversary Live1993-2013“20< 21”~これからもヨロチクビ~at 神戸ワールド記念ホール2013.8.25 Blu-ray
DVD
DVD
VIXL-220(Blu-ray)
VIBL-720/1(初回盤 DVD)
VIBL-722/3(通常盤 DVD)
16th 2014年6月18日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2013-2014 斉藤&和義 at NIPPON BUDOKAN 2014.2.16 Blu-ray+CD
Blu-ray
DVD2枚+CD
DVD2枚
VIZL-713(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-213(通常盤 Blu-ray)
VIZL-714(初回限定盤 DVD)
VIBL-713/4(通常盤 DVD)
17th 2015年3月18日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2014"RUMBLE HORSES" Live at ZEPP TOKYO 2014.12.12 Blu-ray+DVD
Blu-ray
DVD2枚+DVD
DVD2枚
VIZL-980(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-280(通常盤 Blu-ray)
VIZL-981(初回限定盤 DVD)
VIBL-780/1(通常盤 DVD)
18th 2016年9月21日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 “風の果てまで” Live at 日本武道館 2016.5.22 VIZL-1150(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-250(通常盤 Blu-ray)
VIZL-1250(初回限定盤 DVD)
VIBL-850/1(通常盤 DVD)
4位
19th 2017年10月25日 斉藤和義 弾き語りツアー 2017“雨に歌えば” Live at 中野サンプラザ 2017.06.21 Blu-ray+DVD
Blu-ray
DVD+DVD
DVD
VIZL-1210(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-210(通常盤 Blu-ray)
VIZL-1220(初回限定盤 DVD)
VIBL-920(通常盤 DVD)
3位
20th 2018年11月28日 Kazuyoshi Saito LIVE TOUR 2018 Toys Blood Music Live at 山梨コラニー文化ホール2018.06.02 Blu-ray
DVD
VIXL-260(初回限定盤)
VIBL-930(初回限定盤)
5位
21st 2019年3月20日 KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 25< 26~これからもヨロチクビーチク~Live at 日本武道館 2018.09.07 Blu-ray+DVD
Blu-ray
DVD2枚+DVD
DVD2枚
VIZL-1560(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-270(通常盤 Blu-ray)
VIZL-1561(初回限定盤 DVD)
VIBL-940/1(通常盤 DVD)
6位
22nd 2019年11月20日 斉藤和義 弾き語りツアー2019 “Time in the Garage” Live at 中野サンプラザ 2019.06.13 Blu-ray+DVD
Blu-ray
DVD+DVD
DVD
VIZL-1630(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-290(通常盤 Blu-ray)
VIZL-1631(初回限定盤 DVD)
VIBL-950(通常盤 DVD)
7位
23rd 2021年10月27日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2020 "202020" 幻のセットリストで2日間開催!~万事休すも起死回生~ Live at 中野サンプラザホール 2021.4.28 Blu-ray+CD+バッグ
Blu-ray
DVD+CD+バッグ
DVD
VIZL-1930(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-350(通常盤 Blu-ray)
VIZL-1931(初回限定盤 DVD)
VIBL-1040(通常盤 DVD)
6位
24th 2022年10月5日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2021 “202020 & 55 STONES” Live at 東京国際フォーラム 2021.10.31 Blu-ray+写真集+フィギュア2体
Blu-ray+写真集
Blu-ray
DVD2枚+写真集+フィギュア2体
DVD2枚+写真集
DVD2枚
VOSF-11390(VICTOR ONLINE STORE限定セット Blu-ray)
VIZL-1790(初回限定盤)
VIXL-320(通常盤 Blu-ray)
VOSF-11391(VICTOR ONLINE STORE限定セット DVD)
VIZL-1791(初回限定盤 DVD)
VIBL-1080/1(通常盤 DVD)
5位
25th 2023年8月30日 斉藤和義 弾き語りツアー「十二月〜2022」Live at 日本武道館 2022.12.21 Blu-ray+写真集+ボストンバッグ
Blu-ray+写真集
Blu-ray
DVD2枚+写真集+ボストンバッグ
DVD2枚+写真集
DVD2枚
VOSF-12306(VICTOR ONLINE STORE限定セット Blu-ray)
VIZL-2031(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-370(通常盤 Blu-ray)
VOSF-12307(VICTOR ONLINE STORE限定セット DVD)
VIZL-2032(初回限定盤 DVD)
VIBL-1140/1(通常盤 DVD)
7位
26th 2023年12月20日 KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2023 PINEAPPLE EXPRESS ~明日大好きなロックンロールバンドがこの街にやってくるんだ~ Live at 川口総合文化センターリリア メインホール 2023.07.22 Blu-ray+写真集+ビーチタオル+ポスター
Blu-ray+写真集+Tシャツ+ポスター
Blu-ray+写真集
Blu-ray
DVD2枚+写真集+ビーチタオル+ポスター
DVD2枚+写真集+Tシャツ+ポスター
DVD2枚+写真集
DVD2枚
VOSF-12473(VICTOR ONLINE STORE限定セットA Blu-ray)
VOSF-12474(VICTOR ONLINE STORE限定セットB Blu-ray)
VIZL-2220(初回限定盤 Blu-ray)
VIXL-420(通常盤 Blu-ray)
VOSF-12476(VICTOR ONLINE STORE限定セットA DVD)
VOSF-12475(VICTOR ONLINE STORE限定セットB DVD)
VIZL-2221(初回限定盤 DVD)
VIBL1120/1(通常盤 DVD)
15位

参加作品[編集]

タイアップ一覧[編集]

使用年 曲名 タイアップ
1994年 君の顔が好きだ テレビ東京『モグラネグラ』オープニングテーマ
歩いて帰ろう フジテレビ系『ポンキッキーズ』オープニングテーマ[30]
1995年 大丈夫 マツダ新方向ファミリアCMソング[31]
1996年 空に星が綺麗 明星食品チャルメラ」CFソング[32]
進め なまけもの ベネッセコーポレーション「'96進研ゼミ中学講座」CMソング
1997年 郷愁 TBS系『COUNT DOWN TV』1997年1月度オープニングテーマ[33]
歌うたいのバラッド TBS系『COUNT DOWN TV』1997年11・12月度エンディングテーマ[34]
1998年 Hey! Mr.Angryman TBS系『さんまのSUPERからくりTV』エンディングテーマ[35]
2000年 アゲハ テレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』エンディングテーマ[36]
2002年 五秒の再会[注 4] 日本テレビ系『AX MUSIC-TV』AX POWER PLAY#022テーマソング
2003年 透明の翼 WOWOW ドラマW『俺は鰯-IWASHI-』主題歌[37]
2004年 ぼくらのルール 日本テレビ系『汐留スタイル!』Stylish Play#039[38]
はぐれ雲 NTTマーケティングアクト北陸 CMソング
真夜中のプール 日本テレビ系『@サプリッ!』エンディングテーマ[39]
誰かの冬の歌 ツーカーホン関西「ツーカーV3」CMソング[40]
世界を白くぬれ! スキージャム勝山 CMソング(2004年 - 2005年)[41]
2005年 ため息の理由 Web動画ショート・シネマ min.Jam『ため息の理由』主題歌[42]
2006年 グッドモーニング サニーデイ NTTドコモ関西 CMソング
ウエディング・ソング リクルートゼクシィ」CMソング[43]
2007年 ベリー ベリー ストロング〜アイネクライネ〜(シングルバージョン) KBCテレビ『KBC AUGUSTA GOLF TOURNAMENT 2007』テーマソング
TBS『ママアナのデジ@缶』エンディングテーマ[44]
愛に来て UHA味覚糖「e-ma のど飴」CMソング[45]
かすみ草 ユニクロ「ユニクロ フリース」TVCMソング[46]
2008年 やぁ 無情 武田薬品工業アリナミン」CMソング(商品篇)[47]
MSN We舞台『夢をかなえるゾウ』メインテーマ[48]
おつかれさまの国 武田薬品工業「アリナミン」CMソング(ブランド篇)[49][50]
MSN We舞台『夢をかなえるゾウ』エンディングテーマ[48]
2009年 Summer Days 映画『フィッシュストーリー』エンディングテーマ[51]
ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー フジテレビ系『めざにゅ〜』テーマソング[52]
歩いて帰ろう 奈良テレビ気ままに歩こーく!』オープニングテーマ(2009年4月 - 2015年3月)
愛の灯 NHK総合 土曜ドラマリミット-刑事の現場2-』主題歌[53]
ランナウェイ 〜こんな雨じゃ〜 LISMOオリジナルドラマ『映画ゴールデンスランバービハインドストーリー 首相暗殺事件、その視聴者』主題歌
2010年 Golden Slumbers 映画『ゴールデンスランバー』主題歌[54]
幸福な朝食 退屈な夕食[注 5] 映画『ゴールデンスランバー』エンディングテーマ[54]
ずっと好きだった 資生堂「IN&ON」CMソング[55]
レコチョク TV-CMソング[56]
Small Stone リコー「CX4」CMソング[57]
Stick to fun! Tonight! 江崎グリコポッキースペースシャワーTVバージョンCFソング[58]
表参道 商店街振興組合原宿表参道欅会「表参道イルミネーション」公式テーマソング[59]
2011年 満男、飛ぶ 映画『FLY!~平凡なキセキ~』主題歌[60]
ウサギとカメ 朝日放送・テレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』10月〜12月エンディングテーマ[61]
おとな テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2011年10月度オープニングテーマ[62]
やさしくなりたい 日本テレビ系 水曜ドラマ家政婦のミタ』主題歌[63]
あいされたいやつらのひとりごと 読売テレビ・日本テレビ系『にけつッ!!』オープニングテーマ[64]
歩いて帰ろう 朝日放送『東西芸人いきなり!2人旅』挿入歌(2011年 - 2013年)
COME ON! JR東日本「行くぜ、東北。」キャンペーンCMソング[65]
空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~ 映画『吉祥寺の朝日奈くん』エンディングテーマ[66]
2012年 メトロに乗って 東京メトロ「We are the Tokyo Navigator」CMソング[67]
月光 フジテレビ系ドラマチック・サンデー家族のうた』主題歌[68]
今夜、リンゴの木の下で 映画『ポテチ』主題歌[69]
ひまわりの夢 サッポロビール「北海道プレミアム」CMソング(2012年 - 2013年)[70]
幸せハッピー 北海道テレビ HTBスペシャルドラマ『幸せハッピー』エンディングテーマ[71]
2013年 ワンモアタイム 東宝配給アニメ映画『名探偵コナン 絶海の探偵』主題歌[72]
Hello! Everybody! 吉野家「登場」篇 CMソング[73]
カーラジオ JAPAN FM LEAGUE 20th ANNIVERSARY SONG[74]
Always リコーイメージング「PENTAX K-50」CMソング[75]
かげろう 映画『潔く柔く』主題歌[76]
歩いて帰ろう niko and... TVCMソング(2013年 - 2014年)[77][78]
大丈夫 北海道テレビ HTBスペシャルドラマ『別に普通の恋』エンディングテーマ[79]
2014年 Endless 三井不動産レジデンシャル WEBドラマ『タイムスリップ!堀部安兵衛』主題歌[80]
ワンダーランド NHK宇都宮放送局開局70周年 栃木発地域ドラマ『ライド ライド ライド』主題歌[81]
2015年 ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー 大塚製薬ポカリスエット」CMソング(「洗たくもの篇」/「加湿器篇」)[82]
攻めていこーぜ! ハウスウェルネスフーズウコンの力」TVCMソング(「お会計篇」)[83]
歩いて帰ろう スズキラパン」CMソング[84]
フジテレビ系『FNS27時間テレビ めちゃ²ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!』メインテーマ
傷口 読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマ婚活刑事』主題歌[85]
シンデレラ Huluオリジナル連続ドラマ『フジコ』主題歌[86]
2016年 マディウォーター テレビ朝日金曜ナイトドラマ不機嫌な果実』主題歌[87]
空に星が綺麗 Netflixドラマ『火花』挿入歌
ひまわりに積もる雪 資生堂 MAQuillAGEWebムービー「スノービューティー2016『逆さに降る雪』」主題歌[88]
行き先は未来 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』主題歌[89]
2017年 遺伝 TBS系 金曜ドラマ下剋上受験』主題歌[90]
ずっと好きだった 伊藤園お〜いお茶」TV-CMソング(『春、まろやか』篇)[91]
はるかぜ サントリー「ふんわり鏡月クリア<ライム>」TV-CMソング[92]
歌うたいのバラッド アニメ映画『夜明け告げるルーのうた』主題歌[93]
I'm a Dreamer テレビ東京系 土曜ドラマ24居酒屋ふじ』主題歌[94]
始まりのサンセット 中外製薬 スペシャル・ムービー『ある、かかりつけ薬剤師の一日篇』テーマソング[95]
2018年 青空ばかり マイナビ「マイナビ2019 キミのすべて篇」CMソング[96][97]
問題ない 三井不動産三井アウトレットパーク2018スプリングフェア篇」TVCMソング[98]
カラー 映画『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』主題歌[99]
2019年 アレ 日本テレビ系 水曜ドラマ家売るオンナの逆襲』主題歌[100]
一緒なふたり[注 6] ACジャパン日本盲導犬協会2019年度支援キャンペーンCMソング[101]
小さな夜 映画『アイネクライネナハトムジーク』主題歌[102]
いつもの風景 フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』エンディング主題歌[103]
オートリバース〜最後の恋〜 小説「オートリバース」コラボソング[104]
歩いて帰ろう NHK Eテレ俳句王国がゆく』テーマ曲
2020年 猫の毛 TBS系『COUNT DOWN TV』2020年2・3月度オープニングテーマ[105]
純風 テレビ朝日『じゅん散歩』テーマソング[106]
歌うたいのバラッド 野村不動産プラウド」ブランドムービー「僕は、父が苦手だった。」主題歌[107][108]
2021年 上を向いて歩こう 映画『半径1メートルの君〜上を向いて歩こう〜』主題歌[109]
寝ぼけた街に UTグループ企業理念ムービー「Upward Together」テーマソング[110]
朝焼け アニメ映画『リクはよわくない』主題歌[111]
Over the Season 東洋水産マルちゃん 赤いきつね緑のたぬき」CMソング[112]
2022年 俺たちのサーカス ENEOS「EneKey×俺たちのサーカス」キャンペーンWebCMソング[113]
明日大好きなロックンロールバンドがこの街にやってくるんだ - From THE FIRST TAKE アサヒスーパードライ×THE FIRST TAKE」WEB CMタイアップソング[114]
100年サンシャイン オタフクソース100周年記念Webムービー『笑顔の理由』テーマソング[115]
2023年 底無しビューティー 雪印メグミルク「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」CMソング[116]

提供曲・プロデュース[編集]

  • 三宅伸治プロジェクト 1stオリジナル・アルバム「Music Planet〜いいことがあるといいね〜」(2000年5月5日発売)
    収録曲「何もなかった日」「世界は日の出を待ってる」
  • つじあやの 3rdオリジナル・アルバム「BALANÇO」(2002年4月17日発売)
    収録曲「君に会いに行きましょう」
  • ICE 5thシングル「LIFE (ICEのシングル)」(1995年7月5日発売)/5thオリジナル・アルバム「SOUL DIMNSION」(1996年11月27日発売)
    収録曲「See The Music On The TV」
  • ICE 2ndミニ・アルバム「SPIRIT vol.2」(2002年8月28日発売)
    収録曲「(Going To The)LIGHT OF THE WORLD」
  • BLACK BOTTOM BRASS BAND 7thオリジナル・アルバム「ワッショイ★スター」(2004年6月23日発売)
    収録曲「涙のパレード」(作詞: 斉藤和義、作曲: KOO)
  • 平川地一丁目 1stオリジナル・アルバム「えんぴつで作る歌」(2004年7月28日発売)
  • ムーンライダーズ(アルバム: 月面讃歌
    収録曲「恋人が眠った後に唄う歌」
  • 逆鱗×斉藤和義 アルバム「フィッシュストーリー」(2009年2月25日)
    収録曲「FISH STORY」(作詞: 伊坂幸太郎・斉藤和義 作曲・編曲: 斉藤和義)
  • 関ジャニ∞ 3rdオリジナル・アルバム「PUZZLE」(2009年4月15日発売)
    収録曲「パズル」(作詞・作曲・編曲: 斉藤和義)
  • PUFFY 9thオリジナル・アルバム「Splurge」(2006年6月28日発売)
    収録曲「らくだの国」(作詞・作曲・編曲: 斉藤和義)
  • PUFFY 11thオリジナル・アルバム「Bring it!」(2009年6月17日発売)
    収録曲「晴れ女」(作詞・作曲・編曲: 斉藤和義)
  • 藤井フミヤ 18thオリジナル・アルバム「F's シネマ」(2009年9月30日発売)
    収録曲「罪滅星」(作詞・作曲: 斉藤和義)
  • 小泉今日子コラボレーキョン」(2011年2月16日)
    収録曲「虹が消えるまで」(作曲: 斉藤和義) 映画「ホノカアボーイ」(2009年3月14日公開)の主題歌
  • SMAP 46thシングル「僕の半分」(2011年12月21日)
    収録曲「僕の半分」(作詞・作曲・編曲: 斉藤和義)
  • 鈴木雅之ALL TIME BEST 〜Martini Dictionary〜」(2015年3月4日)
    収録曲「純愛」(作詞・作曲・編曲: 斉藤和義)
  • 夏木マリ ミニアルバム「朝はりんごを食べなさい」(2016年4月13日)
    収録曲「Player」(作詞・作曲)[117]
  • 南佳孝 オリジナル・アルバム『Dear My Generation』(2018年9月26日)
    収録曲「Mystery Train feat.斉藤和義」(作詞)
    収録曲「はないちもんめ feat.斉藤和義&Char」(作詞)
  • 伊藤ふみお(Kemuri)ソロアルバム『FRIENDSHIP』(2019年3月27日)
    収録曲「Beautiful Dreams」(作曲)

映画音楽[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル「ロカビリー☆ジャック」(2019年) - テーマソング作曲・作曲[120]

書籍[編集]

受賞歴[編集]

日本レコード大賞

日本ゴールドディスク大賞

  • 『第27回(2013年)日本ゴールドディスク大賞』ベスト5ソング・バイ・ダウンロード「やさしくなりたい」[126]

SPACE SHOWER MUSIC AWARDS

iTunes Rewind

ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 『第71回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』ドラマソング賞「やさしくなりたい」[129]

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • ドキュメントドラマ『トーキョー#REMIX 〜僕達はここにいる〜』(1999年、テレビ神奈川ほか)[131]

テレビ番組[編集]

 他多数。

CM[編集]

MV[編集]

主なライブ[編集]

  • 「LIVE TOUR'97『歌え なまけもの』」
  • 「LIVE TOUR'99 〜Golden Delicious Hour〜」(1999年)
  • 「LIVE HOUSE SPECIAL ONE PLUS THREE」(1999年)
  • 「LIVE TOUR 2000 『COLD TUBE』」(2000年)
  • 「MAKE SONG TOUR『SEVEN'S SENSE』」(2001年)
  • 「十二月 〜Wnter Caravan Strings〜」(2001年)
  • 「弾き語り『残暑』」(2003年)
  • 「弾き語り十二月 in 武道館 〜青春ブルース完結編〜」(2004年)
  • 「LIVE TOUR 2005 "FLY ~ボンジュール夫人の秋~"」《10/20 - 12/8 全国12ヶ所13公演》
  • 「LIVE TOUR 2006 〜俺たちのロックンロール〜」《10/20 - 12/2 全国7ヶ所8公演に加えて仙台と広島で追加公演》
  • 「LIVE TOUR 2007 〜紅 ベリー ストロング〜」《5/12 - 7/5 全国13ヶ所14公演》
  • 「LIVE TOUR 2008 〜I LOVE ME〜」《1/22 - 4/4 全国22公演に加えて大阪と東京で追加公演》
  • 「デビュー15周年ライブツアー “歌うたい 15<16”」《2008.12/4 - 12/27 全国8ヶ所10公演》
  • 「ライブツアー2009≫2010 “月が昇れば”」《2009.10/3 - 2010.3/22 全国41公演》
  • 「斉藤“弾き語り”和義 ライブツアー2009≫2010 十二月 in 大阪城ホール 〜月が昇れば 弾き語る〜」《2009.12/26 大阪城ホール》
  • 「ライブツアー2010 “STUPID SPIRIT”」《11/5 - 12/19 全国9ヶ所14公演》
  • 斉藤和義 on USTREAM 『空に星が綺麗』」(2011年)
  • 「LIVE TOUR 2011-2012 “45STONES”」《2011.11/5 - 2012.3/31 全国40ヶ所40公演》
  • 「斉藤和義 弾き語りツアー十二月〜2012」(2012年)《11/11 - 12/29 全国14都市17公演》
  • デビュー20周年アニバーサリーアリーナツアー「KAZUYOSHI SAITO 20th Anniversary Live 1993-2013 "20<21" ~これからもヨロチクビ~」《2013.8.24/25 神戸ワールド記念ホール - 9.1 さいたまスーパーアリーナ》
  • 「ライブツアー2013〜2014 “斉藤&和義”」《2013.10/26 - 2014.4/29 全国55都市62公演》
  • 3ピース ライブハウスツアー「LIVE TOUR 2014 "RUMBLE HORSES"」《11/25 - 12/27 全国7都市13公演》
  • 「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016“風の果てまで”」《2015.11/21〜2016.6/5 全国47都道府県67公演》
  • 弾き語りツアー 2017 “雨に歌えば”《5/11 - 7/3 全国21都市23公演》
  • 「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 "Toys Blood Music"」《3/31 - 7/31 全国41都市47公演》
  • デビュー25周年アニバーサリーツアー「KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 "25<26" ~これからもヨロチクビーチク~」《2018.8/24 - 9/19 全国6ヶ所9公演に加えて札幌で追加公演》
  • 弾き語りツアー 2019 “Time in the Garage” 《4/13 - 6/22 全国27都市29公演》
  • 「LIVE TOUR 2021 “202020 & 55 STONES”」《5/2 - 10/31 全国42ヶ所47公演》
  • 弾き語りツアー「十二月〜2022」《2022.10/10〜2023.2/9 全国25ヶ所28公演》
  • 「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2023 “PINEAPPLE EXPRESS”~明日大好きなロックンロールバンドがこの街にやってくるんだ~」《4/29 - 7/30 全国33ヶ所35公演》
  • デビュー30周年アニバーサリーツアー「KAZUYOSHI SAITO 30th Anniversary Live 1993-2023 30<31 ~これからもヨロチクビーム~」《2023.8/24 - 9/22 全国7ヶ所10公演》

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 浜崎との共作曲『オリオン通り』には「駅前のスタンドカレーは最高のごちそう」とあるが、オリオン通りは駅前になく(東武宇都宮駅はオリオン通りの西端にあり、また駅は百貨店内にあるためいわゆる「駅前」が形成されていない)、またオリオン通り内のカレーショップもスタンド形式ではない。一方、JR宇都宮駅前には1980年代中盤から1990年代後半(電話帳には2000年に掲載がある)に「東京どん丼」(宇都宮市駅前通り1-5-9)という、カレーと牛丼をメインとしたカウンター形式の店舗が存在していた。
  2. ^ ビートルズの日本公演を再現した際にバンド名を「THE BEACHIKS」(ザ・ビーチクス)とした[25]
  3. ^ スキージャム勝山で限定発売。
  4. ^ 「斉藤和義と玲葉奈」名義
  5. ^ セルフリメイクバージョン
  6. ^ CMでは斉藤のソロ弾き語りバージョンが使用された。

出典[編集]

  1. ^ a b c Kazuyoshi Saito - Overview”. JaME. Japanese Music Entertainment. 2021年6月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 「モテる40代」の代表格・斉藤和義を支えるルーツ、 そしてふたつの輪とは?”. OKmusic (2015年2月20日). 2018年9月8日閲覧。
  3. ^ 兼田達矢 (2018年7月5日). “渋谷公会堂物語 第7回 語り手:斉藤和義「学生時代から馴染みのある、空間的にもやりやすい、やっぱり特別な会場」”. 株式会社ディスクガレージ. 2018年9月8日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ “長いのか短いのかよくわからない15年 斉藤和義”. Yahooミュージック. (2010年6月7日). オリジナルの2012年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120719004328/http://smash.music.yahoo.co.jp/pow_dtl/itv/powyjm00251/1/ 2013年2月19日閲覧。 
  6. ^ a b “斉藤和義がパパに…結婚15年待望の第1子”. スポーツ報知. (2010年6月7日). オリジナルの2010年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100608180111/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100607-OHT1T00162.htm 2011年6月20日閲覧。 
  7. ^ “斉藤和義がパパに…HPで男児誕生報告「下ネタは封印」”. 日テレNEWS24. (2010年6月7日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1612290.html 2011年7月26日閲覧。 
  8. ^ a b “15周年にして再ブレイク! 斉藤和義の人気が遂にラジオにも飛び火!?”. ホットエキスプレス・ミュージックマガジン. (2008年9月26日). http://www.hotexpress.co.jp/news/jumpup_080926/ 2011年6月27日閲覧。 
  9. ^ “Power Push 斉藤和義 孤高の“歌うたい”が明かした楽曲制作・レコーディングの裏側”. ナタリー. (2009年). https://natalie.mu/music/pp/saitokazuyoshi 2011年6月27日閲覧。 
  10. ^ a b “デビュー15年目で超ブレイク? 斉藤和義が今熱い”. BARKS. (2008年8月13日). https://www.barks.jp/news/?id=1000042539 2011年6月27日閲覧。 
  11. ^ 男の履歴書 斉藤和義|インライフ
  12. ^ 斉藤和義 (2010年6月7日). “ご報告”. KAZUYOSHI SAITO OFFICIAL WEB SITE. 2011年6月20日閲覧。
  13. ^ “〈FUJI ROCK FES〉第8弾でJIMMY EAT WORLD、8ottoら31組追加”. TOWER RECORDS. (2011年6月16日). https://tower.jp/article/news/2011/06/16/79101 2011年9月2日閲覧。 
  14. ^ “フジロックで歌う斉藤和義”. 時事通信. (2011年7月31日). オリジナルの2015年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150406052340/http://www.jiji.com/jc/p_archives?rel=j7&id=20110731205353-1184317 2011年9月2日閲覧。 
  15. ^ 兵庫慎司 (2011年7月31日). “ホワイト6 番目、斉藤和義”. ロッキング・オン RO69が行く「フジロックブログ'11」. 2011年9月2日閲覧。
  16. ^ http://www.ustream.tv/channel/speedstarch - SPEEDSTAR RECORDS公式Ustreamチャンネル
  17. ^ “斉藤和義 紅白出場は誤算!?「“ガキ使”が見れないなと…」”. スポーツニッポン. (2012年11月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/11/26/kiji/K20121126004645650.html 
  18. ^ “LOUDNESS、斉藤和義とコラボ”. スポーツ報知. (2013年2月23日). オリジナルの2013年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130226013945/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130223-OHT1T00032.htm 2023年11月25日閲覧。 
  19. ^ 【写真レポート】【写真特集】メトロック2014に斉藤和義が登場!= WWSチャンネル”. 2014年5月25日閲覧。
  20. ^ “NO NUKES 2014(1日目)@Zepp DiverCity”. Ro69. (2014年9月30日). https://rockinon.com/live/detail/110612 2014年10月1日閲覧。 
  21. ^ 【写真レポート】【ビクターロック祭り2015】斉藤和義登場!『やさしくなりたい』『ずっと好きだった』などを披露! = WWSチャンネル”. 2015年3月19日閲覧。
  22. ^ 斉藤和義デビュー25周年記念シングル集発売、本人選曲の“裏ベスト”付き 音楽ナタリー 2018年5月22日
  23. ^ 秀美が、つかさが、荻野目が、その子が… 資生堂cmで「同窓会」”. 朝日新聞社 (2010年3月30日). 2010年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月2日閲覧。
  24. ^ 斉藤和義、歌声で魅了するも、下ネタ好きを自ら暴露”. スポーツ報知 (2019年9月21日). 2022年5月2日閲覧。
  25. ^ 斉藤和義、新曲MVでビートルズ完コピ 45年前の日本武道館公演再現”. ORICON NEWS (2011年11月1日). 2022年5月2日閲覧。
  26. ^ 斉藤和義、3/8放送『SONGS』に登場。下ネタ好きの斉藤にリリー・フランキーが「念押し」”. ロッキング・オン・ドットコム (2018年3月1日). 2022年5月2日閲覧。
  27. ^ a b “斉藤和義、作家・伊坂幸太郎/漫画家・佐藤秀峰とのWコラボレーションシングル6/20リリース!”. Musicman. (2007年6月19日). http://www.musicman-net.com/cgi-bin/public/n-view.cgi?hid=07-33-0109 2011年4月8日閲覧。 
  28. ^ a b “斉藤和義、伊坂幸太郎原作の映画『ポテチ』の音楽を担当”. ロッキング・オン RO69 邦楽ニュース. (2011年8月18日). https://rockinon.com/news/detail/56538 2011年9月2日閲覧。 
  29. ^ “浦沢直樹が自らの手でアニメ制作、斉藤和義のアルバム曲「Boy」MVの全作画を担当”. コミックナタリー. (2021年3月9日). https://natalie.mu/comic/news/419428 2021年11月4日閲覧。 
  30. ^ 歩いて帰ろう”. ORICON NEWS. 2023年10月5日閲覧。
  31. ^ 大丈夫”. ORICON NEWS. 2023年10月5日閲覧。
  32. ^ 空に星が奇麗”. ORICON NEWS. 2023年10月5日閲覧。
  33. ^ 郷愁”. TOWER RECORDS ONLINE. 2023年10月5日閲覧。
  34. ^ 歌うたいのバラッド”. ORICON NEWS. 2023年10月5日閲覧。
  35. ^ Hey!Mr.Angryman”. ORICON NEWS. 2023年10月5日閲覧。
  36. ^ アゲハ”. ORICON NEWS. 2023年10月5日閲覧。
  37. ^ 俺は鰯-IWASHI-”. テレビドラマデータベース. 2023年10月7日閲覧。
  38. ^ 番組テーマリスト”. 日本テレビ放送網. 2023年10月7日閲覧。
  39. ^ 真夜中のプール<通常盤>”. TOWER RECORDS ONLINE. 2023年10月5日閲覧。
  40. ^ “斉藤 和義「誰かの冬の歌」”. 【Music Store】powered by レコチョク. https://musicstore.auone.jp/s/song/S21816724 2023年10月6日閲覧。 
  41. ^ “斉藤 和義「世界を白くぬれ!」”. 【Music Store】powered by レコチョク. https://musicstore.auone.jp/s/song/S14220310 2023年10月6日閲覧。 
  42. ^ FLY~愛の続きはボンジュール!~<通常盤>”. TOWER RECORDS ONLINE. 2023年10月6日閲覧。
  43. ^ 斉藤和義、話題のゼクシィCMソングを緊急リリース!”. BARKS (2006年12月1日). 2023年10月5日閲覧。
  44. ^ ”. ORICON NEWS. 2023年10月5日閲覧。
  45. ^ 斉藤和義、UHA味覚糖のテレビCMに出演”. BARKS (2007年9月17日). 2023年10月6日閲覧。
  46. ^ 斉藤和義、アルバム収録曲がユニクロCMソングに”. BARKS (2007年10月21日). 2023年10月6日閲覧。
  47. ^ 斉藤和義が話題の「アリナミン」CMソングを発売”. 音楽ナタリー (2008年7月14日). 2023年10月5日閲覧。
  48. ^ a b 斉藤和義 「夢をかなえるゾウ」の舞台版メインテーマ&EDテーマに決定!”. rockinon.com (2008年11月12日). 2023年10月6日閲覧。
  49. ^ 斉藤和義がアリナミンCMで「おつかれさま」を歌う”. 音楽ナタリー (2008年4月14日). 2023年10月6日閲覧。
  50. ^ 斉藤和義、アリナミンCMソング「やぁ 無情」の続編を緊急リリース”. BARKS (2008年10月15日). 2023年10月6日閲覧。
  51. ^ 斉藤和義 映画『フィッシュストーリー』のテーマソングの全貌が明らかに!”. rockinon.com (2009年1月22日). 2023年10月6日閲覧。
  52. ^ 斉藤和義の声で早起き「めざにゅ~」新テーマソング”. 音楽ナタリー (2009年2月18日). 2023年10月6日閲覧。
  53. ^ 斉藤和義新曲は「救いを感じさせる」刑事ドラマ主題歌”. 音楽ナタリー (2009年5月18日). 2023年10月6日閲覧。
  54. ^ a b 斉藤和義、伊坂幸太郎原作映画で音楽監督に本格挑戦”. 音楽ナタリー (2009年11月11日). 2023年10月6日閲覧。
  55. ^ 斉藤和義、「ずっと好きだった」は資生堂「IN & ON」の書き下ろし”. BARKS (2010年3月30日). 2023年10月6日閲覧。
  56. ^ “斉藤 和義「ずっと好きだった」”. 【Music Store】powered by レコチョク. https://musicstore.auone.jp/s/song/S20310995 2023年10月6日閲覧。 
  57. ^ リコー、新デジタルカメラCMを制作・放映 イメージキャラクターに向井理、CMソングに斉藤和義を起用”. リコー (2010年10月8日). 2023年10月6日閲覧。
  58. ^ 斉藤和義×川島海荷「ポッキー」コラボCMが全国オンエア”. 音楽ナタリー (2010年11月8日). 2023年10月6日閲覧。
  59. ^ イルミとエアタグが表参道を彩る――「表参道イルミネーション2010」でARイベント”. ITmedia Mobile (2010年12月6日). 2023年10月6日閲覧。
  60. ^ 斉藤和義、小籔千豊主演映画にテーマ曲「満男、飛ぶ」提供”. 音楽ナタリー (2011年3月23日). 2023年10月6日閲覧。
  61. ^ “斉藤 和義「ウサギとカメ」”. 【Music Store】powered by レコチョク. https://musicstore.auone.jp/s/song/S21136473 2023年10月6日閲覧。 
  62. ^ 10・2のテレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」、バンプのインタヴュー&ミスチルのライヴ映像&ワンオクの新曲PVなどをオンエア!”. rockinon.com (2011年10月1日). 2023年10月6日閲覧。
  63. ^ 斉藤和義、松嶋菜々子主演の家政婦ドラマに主題歌提供”. 音楽ナタリー (2011年9月29日). 2023年10月6日閲覧。
  64. ^ ジュニア&ケンコバ歓喜「にけつッ!!」テーマ曲を斉藤和義が制作”. お笑いナタリー (2011年10月9日). 2023年10月6日閲覧。
  65. ^ 斉藤和義の“COME ON!”、JR東日本「行くぜ、東北。」キャンペーンのCMソングに”. rockinon.com (2011年11月10日). 2023年10月6日閲覧。
  66. ^ 斉藤和義の名曲が吉祥寺舞台の映画テーマに”. ORICON NEWS (2011年10月19日). 2023年10月5日閲覧。
  67. ^ 斉藤和義、東京メトロ新CMに新曲「メトロに乗って」提供”. 音楽ナタリー (2012年3月28日). 2023年10月6日閲覧。
  68. ^ 斉藤和義、オダギリジョー主演ドラマに主題歌書き下ろし”. 音楽ナタリー (2012年3月19日). 2023年10月6日閲覧。
  69. ^ 斉藤和義、劇伴も担当の映画「ポテチ」主題歌書き下ろし”. 音楽ナタリー (2012年2月3日). 2023年10月6日閲覧。
  70. ^ 新商品「サッポロ 北海道PREMIUM」CMイメージキャラクターに松嶋菜々子さんを起用! 〜音楽は、斉藤和義さんの書き下ろしオリジナル楽曲〜”. サッポロビール (2012年6月29日). 2023年10月6日閲覧。
  71. ^ 幸せハッピー”. テレビドラマデータベース. 2023年10月6日閲覧。
  72. ^ 「子供に自慢できる」斉藤和義が劇場版コナン主題歌”. 音楽ナタリー (2013年3月1日). 2023年10月6日閲覧。
  73. ^ 斉藤和義と吉野家がコラボ! CMソング書き下ろし&どんぶりプレゼント”. TOWER RECORDS ONLINE (2013年4月11日). 2023年10月6日閲覧。
  74. ^ 斉藤和義、JAPAN FM LEAGUEの20周年に新曲「カーラジオ」を書き下ろし”. rockinon.com (2013年7月1日). 2023年10月6日閲覧。
  75. ^ 斉藤和義、「PENTAX K-50」新CMで向井理と共演”. BARKS (2013年8月23日). 2023年10月6日閲覧。
  76. ^ 実写映画「潔く柔く」主題歌は斉藤和義のスローバラード”. コミックナタリー (2013年8月1日). 2023年10月6日閲覧。
  77. ^ 「niko and... (ニコアンド)」 CM 第3弾”. PR TIMES (2013年9月27日). 2023年10月6日閲覧。
  78. ^ 「niko and...(ニコアンド)」CM 第4弾 2014年3月7日(金)から全国で放映開始”. 株式会社アダストリア (2014年2月28日). 2023年10月6日閲覧。
  79. ^ HTBスペシャルドラマ「別に普通の恋」”. 北海道テレビ. 2023年10月5日閲覧。
  80. ^ 斉藤和義、WEBドラマ『タイムスリップ!堀部安兵衛』の主題歌を書き下ろし”. rockinon.com (2014年9月11日). 2023年10月6日閲覧。
  81. ^ 斉藤和義、NHKドラマ『ライド ライド ライド』の主題歌を書き下ろし”. rockinon.com (2014年7月28日). 2023年10月6日閲覧。
  82. ^ 斉藤和義、“ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー”がポカリスエットのCM曲に”. rockinon.com (2015年1月8日). 2023年10月6日閲覧。
  83. ^ 斉藤和義「ウコンの力」CMに“攻める”新曲書き下ろし”. 音楽ナタリー (2015年5月8日). 2023年10月6日閲覧。
  84. ^ SUZUKI「ラパン」のCMで使われているのは…?”. TOWER RECORDS ONLINE (2015年6月26日). 2023年10月6日閲覧。
  85. ^ 斉藤和義、新曲“傷口”がドラマ『婚活刑事』主題歌に”. rockinon.com (2015年6月25日). 2023年10月6日閲覧。
  86. ^ 斉藤和義、新曲が殺人鬼ドラマ主題歌に”. 音楽ナタリー (2015年10月8日). 2023年10月6日閲覧。
  87. ^ 斉藤和義 栗山千明・市原隼人出演ドラマ『不機嫌な果実』の主題歌を書き下ろし”. Billboard JAPAN (2016年4月19日). 2023年10月6日閲覧。
  88. ^ 斉藤和義、二階堂ふみ&窪田正孝の幻想的な恋描くショートムービーに新曲”. 音楽ナタリー (2016年7月7日). 2023年10月6日閲覧。
  89. ^ 斉藤和義、「超高速!参勤交代 リターンズ」主題歌を配信リリース”. 音楽ナタリー (2016年8月31日). 2023年10月6日閲覧。
  90. ^ 斉藤和義、阿部サダヲ主演の受験ホームコメディに書き下ろし主題歌「遺伝」”. 音楽ナタリー (2016年12月6日). 2023年10月6日閲覧。
  91. ^ 「お~いお茶 」新作TV-CM『春、まろやか』篇 2月3日(金)より放映開始”. 伊藤園 企業情報サイト (2017年1月26日). 2023年10月6日閲覧。
  92. ^ 斉藤和義、新曲「はるかぜ」をサントリー「鏡月」新TVCMに書き下ろし”. BARKS (2017年4月1日). 2023年10月6日閲覧。
  93. ^ 湯浅政明「ルーのうた」主題歌歌う斉藤和義、「不思議な気持ちになった」と述懐”. 音楽ナタリー (2017年5月11日). 2023年10月5日閲覧。
  94. ^ 斉藤和義が「居酒屋ふじ」に新曲書き下ろし”. 音楽ナタリー (2017年6月10日). 2023年10月5日閲覧。
  95. ^ 斉藤和義、新曲「始まりのサンセット」を書き下ろした"中外製薬スペシャル・ムービー"が先行公開”. Skream! (2017年11月24日). 2023年10月6日閲覧。
  96. ^ 斉藤和義、“就活生”三吉彩花が奮闘するマイナビCMに新曲提供”. 音楽ナタリー (2018年2月8日). 2023年10月6日閲覧。
  97. ^ 就職情報サイト『マイナビ2019』 ドラえもんと三吉彩花さんが出演&斉藤和義さんの新曲を起用!”. 株式会社マイナビ (2018年2月8日). 2023年10月6日閲覧。
  98. ^ 斉藤和義、3月14日リリースの19thアルバム『Toys Blood Music』収録曲“問題ない”が多部未華子出演の三井アウトレットパーク新TVCMに起用決定”. TOWER RECORDS ONLINE (2018年2月28日). 2023年10月6日閲覧。
  99. ^ 斉藤和義、映画『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』主題歌書きおろし”. BARKS (2018年8月17日). 2023年10月6日閲覧。
  100. ^ 斉藤和義、北川景子主演ドラマ「家売るオンナの逆襲」に主題歌「アレ」書き下ろし”. 音楽ナタリー (2018年12月19日). 2023年10月6日閲覧。
  101. ^ 斉藤和義、ACジャパン盲導犬CMキャンペーン・ソング「一緒なふたり」MV公開”. Skream! (2020年8月12日). 2023年10月6日閲覧。
  102. ^ 「アイネクライネナハトムジーク」斉藤和義による主題歌「小さな夜」特別MVが到着”. 映画ナタリー (2019年8月8日). 2023年10月6日閲覧。
  103. ^ 新エンディング主題歌決定!さくらももこ作詞、斉藤和義作曲・編曲「いつもの風景」”. NIPPON ANIMATION (2019年10月1日). 2023年10月6日閲覧。
  104. ^ 小説『オートリバース』が、楽曲に ラジオ番組に そしてラジオCMに!”. PR TIMES (2019年11月27日). 2023年10月6日閲覧。
  105. ^ 斉藤和義、20枚目のオリジナルアルバム『202020』のトレーラー映像公開”. BARKS (2020年1月29日). 2023年10月6日閲覧。
  106. ^ 斉藤和義、テレビ朝日「じゅん散歩」テーマ・ソング“純風”MV公開。マンスリー・ラジオ・プログラムOA決定も”. TOWER RECORDS ONLINE (2020年7月2日). 2023年10月6日閲覧。
  107. ^ King Gnu井口理が野村不動産ブランドムービーで主演、主題歌は斉藤和義「歌うたいのバラッド」”. 音楽ナタリー (2020年10月15日). 2023年10月6日閲覧。
  108. ^ 斉藤和義 、『歌うたいのバラッド』が 野村不動産「プラウド」ブランドムービー「僕は、父が苦手だった。」 の主題歌に起用。King Gnu・井口理が主演で物語を熱演。”. USENの音楽情報サイト「encore(アンコール)」 (2020年10月15日). 2023年10月6日閲覧。
  109. ^ 斉藤和義、映画"半径1メートルの君~上を向いて歩こう~"主題歌「上を向いて歩こう」明日2/26配信リリース決定”. Skream! (2021年2月25日). 2023年10月6日閲覧。
  110. ^ 斉藤和義が楽曲提供 はたらく人に想いを込めた、UTグループ企業理念ムービー”. AdverTimes.(アドタイ) by 宣伝会議 (2021年7月2日). 2023年10月6日閲覧。
  111. ^ 斉藤和義、映画"リクはよわくない"主題歌の新曲「朝焼け」本日10/1配信リリース。リリック・ビデオも公開”. Skream! (2021年10月1日). 2023年10月6日閲覧。
  112. ^ 斉藤和義、"マルちゃん 赤いきつね緑のたぬき"新CMに新曲「Over the Season」を書き下ろし”. Skream! (2021年9月30日). 2023年10月5日閲覧。
  113. ^ 斉藤和義がENEOSとコラボ、キャンペーンCMソング提供「ドライブ中に口ずさんで楽しんで」”. 音楽ナタリー (2022年4月22日). 2023年10月5日閲覧。
  114. ^ 斉藤和義、アサヒスーパードライ×"THE FIRST TAKE"のWEB CMソング「明日大好きなロックンロールバンドがこの街にやってくるんだ」7/22配信リリース決定”. Skream! (2022年7月15日). 2023年10月5日閲覧。
  115. ^ 創業100周年記念 斉藤和義さんと楽曲制作コラボ”. オタフクソース (2022年11月14日). 2023年10月6日閲覧。
  116. ^ 斉藤和義 、ニューアルバム収録曲「底無しビューティー」が雪印メグミルクの新CMソングに決定【コメントあり】”. SPICE (2023年3月27日). 2023年10月5日閲覧。
  117. ^ 夏木マリ新作にゆず岩沢、フラカン鈴木、石野卓球、清志郎、斉藤和義”. 音楽ナタリー (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  118. ^ 斉藤和義が「半径1メートルの君」主題歌担当、全キャスト・脚本家のコメント到着”. 映画ナタリー (2020年12月25日). 2021年11月4日閲覧。
  119. ^ “斉藤和義、坂上忍が愛犬との日々を描いた優しい物語に驚き?「ギャップにやられました」”. アニメハック. (2021年10月6日). https://anime.eiga.com/news/114422/ 2021年11月4日閲覧。 
  120. ^ 「ロカビリー☆ジャック」開幕に屋良朝幸「確実に皆さんの期待を上回る」”. ステージナタリー (2019年12月5日). 2023年10月12日閲覧。
  121. ^ ワンダフル “ワンダー” フィッシュ”. 国立情報学研究所 Webcat Plus. 2011年9月2日閲覧。
  122. ^ “斉藤和義×伊坂幸太郎 対談本を発売!”. ロッキング・オン RO69 邦楽ニュース. (2007年10月13日). https://rockinon.com/news/detail/1197 2011年9月2日閲覧。 
  123. ^ 第50回日本レコード大賞”. 公益社団法人 日本作曲家協会. 2023年10月9日閲覧。
  124. ^ 第52回日本レコード大賞”. 公益社団法人 日本作曲家協会. 2023年10月9日閲覧。
  125. ^ 第54回日本レコード大賞”. 公益社団法人 日本作曲家協会. 2023年10月9日閲覧。
  126. ^ 第27回日本ゴールドディスク大賞”. THE GOLD DISC. 2023年10月9日閲覧。
  127. ^ 「SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS」 年間最優秀アーティストは木村カエラ、年間最優秀ミュージックビデオはサカナクションに決定!”. PR TIMES (2011年4月10日). 2023年10月9日閲覧。
  128. ^ iTunes年間ランキング「iTunes Rewind 2010」発表”. Musicman (2010年12月10日). 2023年10月9日閲覧。
  129. ^ ドラマソング賞 受賞結果 1位:やさしくなりたい、斉藤和義”. ザテレビジョンドラマアカデミー賞. 2023年10月9日閲覧。
  130. ^ 斉藤和義、つじあやの出演舞台がフジNEXTで5夜連続OA”. 音楽ナタリー (2009年10月7日). 2023年10月12日閲覧。
  131. ^ トーキョーREMIX -俺達はここにいる-”. テレビドラマデータベース. 2023年10月9日閲覧。
  132. ^ アピア40
  133. ^ 斉藤和義と星野源が「タモリ倶楽部」お尻オーディションの審査員に”. 音楽ナタリー (2016年8月9日). 2016年12月21日閲覧。
  134. ^ “斉藤和義 のど飴のCMに登場!!”. ホットエキスプレス・ミュージックマガジン. (2007年9月19日). http://www.hotexpress.co.jp/news/070919_saito/ 2011年9月2日閲覧。 
  135. ^ ビクターエンタテインメント (2010年10月1日). “斉藤和義 / Stick to fun! Tonight! 【SHORT Ver.】”. ビクターエンタテインメント公式YouTubeチャンネル. 2011年9月2日閲覧。
  136. ^ “ポッキー : 川島海荷×斉藤和義 1日だけ全国放送のCMが大反響 特製ポッキーギターも話題に”. MANTANWEB 毎日新聞デジタル. (2010年11月19日). https://mantan-web.jp/article/20101118dog00m200062000c.html 2011年9月2日閲覧。 
  137. ^ “グリコ新CMで和義、泉谷、スチャ、EGOらが豪華共演”. ナタリー. (2011年7月20日). https://natalie.mu/music/news/53332 2011年7月28日閲覧。 

外部リンク[編集]