石原隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原 隆(いしはら たかし、1960年10月14日 - )は、フジテレビジョン取締役編成統括局長、フジ・メディア・テクノロジー取締役。元・株式会社FILM代表取締役。愛知県名古屋市出身。東京外国語大学ドイツ語学科卒業。

来歴・人物[編集]

1984年フジテレビ入社後、編成部所属。テレビドラマの企画、バラエティ番組の編成に携わる。1987年、『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』から編成部のプロデューサーになるが、石原が担当になった途端に視聴率が3%落ち、シリーズ自体が打ち切りになるなど、当初はなかなか高視聴率番組に恵まれなかった。

しかし、1990年の『世にも奇妙な物語』のヒットを機に、ジャンルを問わずにヒット作を出し始め、三谷幸喜作品、草彅剛出演のテレビドラマには欠かせない存在。『踊る大捜査線』の陰の立役者としても有名で、映画のヒットパーティの際、織田裕二から感謝の意を伝えられている。石原のプロデュースしたドラマや映画は、エンターテイメント性に優れフジテレビの局イメージと連動して広く認知されている。ガンダムおたくとしても知られている。フジテレビの映画においては、三谷作品とホイチョイ映画においてプロデュースを行う。これは、三谷幸喜、ホイチョイプロダクションとの強い信頼関係による。ちなみに映画『ラヂオの時間』で布施明が演じたプロデューサー役は石原をモデルにしたという逸話がある。

編成局編成副部長→編成次長→ドラマ制作センター企画担当部長→編成制作局局次長兼ドラマ制作センター室長→映画事業局局次長兼映画制作部長→映画事業局制作担当局長→編成制作局ドラマ制作担当局長→映画事業局長→執行役員編成局長を経て2017年6月より現職。

編成制作局が編成局・制作局へと再分割されるのに伴い、2016年6月28日付で新設される執行役員編成局長に就任(制作局長は金田耕司、後任の映画事業局長および株式会社FILM代表取締役は1年先輩の小川晋一が就任)[1]

2017年6月28日付でフジテレビ取締役に昇進し、編成局・制作局・映画事業局・広報局を統合した新しい編成局の総責任者である編成統括局長[2]に就任。

テレビドラマ[編集]

企画[編集]

制作統括[編集]

制作[編集]

協力プロデューサー[編集]

アソシエイトプロデューサー[編集]

編成[編集]

特撮[編集]

いずれも企画担当。

時代劇[編集]

いずれも企画担当。

バラエティ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

企画[編集]

企画協力[編集]

スーパーバイザー[編集]

アソシエイトプロデューサー[編集]

プロデューサー[編集]

協力プロデューサー[編集]

統括プロデューサー[編集]

  • HERO(2007年、東宝)

エグゼクティブプロデューサー[編集]

製作[編集]

製作統括[編集]

関連人物[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フジ局長人事内示、編制局二分し新局長決定文化通信.com(2016年05月28日付)
  2. ^ 日刊文化通信速報(文化通信社)2017年6月16日号。

外部リンク[編集]