ロボジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロボジー
ROBO-G
監督 矢口史靖
脚本 矢口史靖
製作 亀山千広
新坂純一
寺田篤
製作総指揮 桝井省志
出演者 五十嵐信次郎
吉高由里子
音楽 ミッキー吉野
主題歌 五十嵐信次郎とシルバー人材センター「MR.ROBOTO
撮影 柳島克己
編集 宮島竜治
製作会社 フジテレビジョン
東宝
電通
アルタミラピクチャーズ
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年1月14日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11.6億円
テンプレートを表示

ロボジー』(ROBO-G)は、2012年1月14日に公開された日本の映画作品。電器メーカーの技術者が老人にロボットを演じさせてしまうという痛快ドタバタ・コメディ。監督は『ハッピーフライト』の矢口史靖。『日輪の遺産』のミッキー・カーチスが、念願の「五十嵐信次郎」名義での俳優デビューを果たした作品でもある。

キャッチコピーは「変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに 日本中が恋をした--。」。

全国278スクリーンで公開され、2012年1月14、15日の初日2日間で興収2億234万100円、動員16万4,694人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[1]。また幅広い層から支持を受け、ぴあ初日満足度ランキング(映画生活調べ)でも第1位となっている。最終興行収入は11.6億円[2]

ストーリー[編集]

会社の宣伝のため、わずか3ヶ月の開発期間で二足歩行型ロボット「ニュー潮風」を作るよう社長から命じられた、木村電器社員の小林、太田、長井の3人。発表の場であるロボット博覧会開催の1週間前、不慮の事故によりロボットが暴走し、窓からコンピューターもろとも地上へと落下。骨組みは木端微塵に大破し、ソフトも全損してしまう。

解雇を恐れた3人は、残されたニュー潮風の外装に人を入れてロボット博を乗り切る事を計画する・・・

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ロボット協力[編集]

音楽[編集]

ロケ地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]