ALWAYS 三丁目の夕日'64

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ALWAYS 三丁目の夕日'64
監督 山崎貴
脚本 古沢良太
山崎貴
原作 西岸良平
三丁目の夕日
製作総指揮 阿部秀司
奥田誠治
出演者 吉岡秀隆
堤真一
薬師丸ひろ子
小雪
堀北真希
須賀健太
小清水一輝
もたいまさこ
三浦友和
音楽 佐藤直紀
主題歌 BUMP OF CHICKEN
グッドラック
撮影 柴崎幸三
編集 宮島竜治
製作会社 ROBOT
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年1月21日
上映時間 142分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 34.4億円[1]
前作 ALWAYS 続・三丁目の夕日
テンプレートを表示

ALWAYS 三丁目の夕日'64』(オールウェイズ さんちょうめのゆうひ ろくじゅうよん)は、漫画三丁目の夕日』(西岸良平作)を題材にした2012年1月21日公開の日本映画。主演は吉岡秀隆3D/2D同時上映。

概要[編集]

高度経済成長期の東京を舞台に心温まる人情模様を描く、山崎貴監督の『ALWAYS』シリーズの映画第3弾。本作では3D仕様となっている。シリーズを継続し、吉岡秀隆ほかが出演する。前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から約5年後の1964年昭和39年)、東京オリンピック開催の年を舞台としている。

キャッチコピーは「どんなに時代が変わっても、夢があるから、前を向ける。」。

全国473スクリーンで公開され、2012年1月21、22日の初日2日間で興収5億5,566万3,750円、動員42万1,274人(3D内訳は興収が2億3,913万4,800円、動員が15万5,665人)になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[2]。続く公開第2週も9日間の累計興収が14億3,076万5,600円、累計動員は110万9,225人[3]、公開第3週で興収20億円、動員150万人を突破し3週連続第1位を記録している[4]

本作は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで初めて(唯一)の3D映画となった。

2013年2月15日日本テレビの『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送(45分拡大)され、視聴率は13.8%を記録した。

受賞記録[編集]

ストーリー[編集]

前作から5年経った1964年(昭和39年)、日本は1964年の東京オリンピックの開催を前に国全体が活気付き、東京においても近代的なビルや首都高速道路などの建設ラッシュで土地開発が進んでいた。そんな急激な時代の流れの中でも、夕日町三丁目とその住民たちはいつも変わらない雰囲気を残していた。

晴れて夫婦となった茶川とヒロミ。そして高校1年生になった淳之介は仲良く3人で暮らしていた。茶川は『冒険少年ブック』で連載を続けるも、新人作家に人気を奪われ大ピンチ。そんな茶川を陰で支えるヒロミは身重だが、生活のため居酒屋を切り盛りする。淳之介は東京大学を目指して猛勉強するも、内心は夢である小説家になることを忘れられない。

一方で、向かいの「鈴木オート」では将来は海外へ展開したいと野望を持っている則文と内助の功で夫を支える妻・トモエ。そんな両親を持つ一人息子・一平は思春期に入り、鈴木オートを継ぐことを嫌がり、リードギターに明け暮れる毎日。住み込みで働く六子には、あるふとしたきっかけで出会った医師・菊池との出会いで、いよいよ春がやって来る。

そんなある日、茶川のもとに、20年前に勘当された父・林太郎の危篤を知らせる電報が届く。

キャスト[編集]

撮影で使用された衣装(トヨタ オートサロン アムラックス東京にて2011年12月13日から2012年1月15日まで展示)
茶川竜之介:吉岡秀隆
主人公。一流小説家を目指す東大卒の青年。前作にて芥川賞の最終選考まで一度残っている(他、過去に初期選考を通ったのが一度ある)が、あと一歩のところで落選している。やむなく文芸雑誌ではなく児童向けの娯楽雑誌『冒険少年ブック』で看板作品「銀河少年ミノル」を掲載中だが収入はほとんどなく、さらには彗星のごとく現れた新人作家の作品に人気を奪われ連載打ち切りのピンチを迎えている。副業駄菓子屋だがこちらの収入ではまともな生活ができないため、今は身重である妻・ヒロミの居酒屋の収入で養ってもらっている、いわば「ヒモ」状態である。
茶川(旧姓:石崎)ヒロミ:小雪
竜之介の妻。茶川と紆余曲折ありながらもついに夫婦になった。茶川の仕事を陰で支えているが、茶川の収入ではとても生活できないため駄菓子屋の店舗の一部を改装した居酒屋「やまふじ」を経営している。
古行淳之介:須賀健太
前作で実父とみられる実業家に連れ戻されそうになるも茶川の元に留まることを選んだ。直接の血の繋がりはないものの、茶川夫婦に実の息子のように可愛がられている。本作では高校一年生までに成長し、将来の安定した収入を得るために東大を目指し勉強に勤しんでいるが、夢であった小説家になることを忘れられないでいる。
鈴木則文:堤真一
茶川の家の向かいにある自動車修理店「鈴木オート」の社長。自分の仕事に誇りと情熱を持っていて、いつかは鈴木オートの世界進出をしたいという野望を持っている。トモエとの夫婦仲も良い。相変わらず幸せな家庭だが、反抗期の一平が会社を継がないことや六子の恋愛など悩み事もある。
鈴木トモエ:薬師丸ひろ子
則文の妻。働き者で、夫をいかなる面でも支える良き妻でもある。やんちゃな一平、住み込みで働く六子、新たに鈴木オートに入ったケンジに対して隔たりなく愛情をふりまき、温かく見守っている。
鈴木一平:小清水一揮
淳之介の親友。高校一年生。思春期に入って、両親に事あるごとに反抗する。鈴木オートを継ぐことを嫌がっている。若大将シリーズ加山雄三に憧れ、同級生とバンドを組んでいる。リードギターをやっているが腕前は今一つ。
星野六子:堀北真希
鈴木オートに東北から住み込みで働く。鈴木家の娘同然に可愛がられている。修理の腕はめきめき上達し、彼女抜きでは成り立たないほどに成長している。ヒロミは良き相談相手になっている。本作ではひょんなことで知り合った菊池にほのかな恋心を抱いている。
大田キン:もたいまさこ
たばこ屋を経営している。おせっかいな性格からか六子と菊池の恋を応援するが、病院で菊池のとある噂を聞いてしまい騒動を起こしてしまう。
宅間史郎:三浦友和特別出演
宅間小児科医院を経営している。空襲で家族を失って以来一人暮らしをしている。三丁目の住人からは頼りにされている。菊池とは医師仲間で顔見知りらしい。
菊池孝太郎:森山未來
凡天堂病院の医師。勤務態度はまじめだが白衣を脱げば流行に敏感な若者である。しかし勤めている病院内では、悪いうわさが流れている。
富岡裕一:大森南朋
茶川の連載担当部員。一番人気の新人作家も担当している。漫画のみでの掲載を決めた編集部に対してなんとか茶川の連載存続のために奔走するが…。
茶川林太郎:米倉斉加年
竜之介の父親。明治生まれで頑固。20年前に小説家を目指す竜之介を勘当する。うまく自分の気持ちを表現できない不器用な性格でもある。
奈津子:高畑淳子
茶川家の分家の叔母。甲斐甲斐しく林太郎の世話をしている。

その他[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

青梅鉄道公園
保存車両の新幹線0系電車 22-75号
尼崎市立文化財収蔵庫
玄関ホールに展示されているロケ小道具

ソフト化[編集]

発売元は小学館、販売元はバップ。

  • 映画 ALWAYS 三丁目の夕日'64 ナビゲートDVD 帰ってきた、夕日町のひとびと(DVD1枚組、2011年12月21日発売)
    • 映画公開に先駆けて発売されたナビゲートDVD。
  • ALWAYS 三丁目の夕日'64 ブルーレイ豪華版(3枚組、2012年7月20日発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray
      • 本編:2D版本編を収録
      • 映像特典
        • 特報・劇場予告編・TVスポット集
        • キャスト・スタッフプロフィール
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(監督:山崎貴インタビューバージョン)
    • ディスク2:本編Blu-ray 3D
      • 本編:3D版本編を収録
    • ディスク3:特典DVD
      • 「三丁目の夕日'64」の舞台裏
      • プロモーション映像
      • 未公開映像
      • 新・VFXの秘密
      • 3Dへの挑戦
      • 新・BEFORE AFTER
      • 「グッドラック」〜巣立ちゆく人へのエール〜
      • イベント映像
    • 封入特典
      • ブックレット「記録 ALWAYS 三丁目の夕日'64〜お帰りなさい、三丁目の町角へ〜」
      • 新・昭和玉手箱
        • 「ダイハツ ミゼット」ペーパークラフト
        • 懐かしの赤×青3D眼鏡
        • 立体写真4枚セット
        • 「冒険少年ブック」表紙シール集
        • 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」ポスター原画レプリカ3D版
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様
  • ALWAYS 三丁目の夕日'64 DVD豪華版(2枚組、2012年7月20日発売)
    • ディスク1:本編DVD
      • 本編:2D版本編を収録
      • 映像特典:ブルーレイ豪華版・本編Blu-ray(2D版)と同様
      • 音声特典:ブルーレイ豪華版・本編Blu-ray(2D版)と同様
    • ディスク2:特典DVD(ブルーレイ豪華版・ディスク3と同様)
    • 封入特典:ブルーレイ豪華版と同様
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様
  • ALWAYS 三丁目の夕日'64 通常版(1枚組、ブルーレイとDVDでリリース、2012年7月20日発売)
    • 本編:2D版本編を収録
      • 映像特典:豪華版本編ディスク(2D版)と同様
      • 音声特典:豪華版本編ディスク(2D版)と同様
  • ALWAYS 三丁目の夕日 / 続・三丁目の夕日 / 三丁目の夕日'64 三作品収納版(ブルーレイ3枚組、2012年7月20日発売)
    • ディスク1:「ALWAYS 三丁目の夕日」本編BD(単品版と同様)
    • ディスク2:「ALWAYS 続・三丁目の夕日」本編BD(単品版と同様)
    • ディスク3:「ALWAYS 三丁目の夕日'64」本編BD(通常版と同様)
    • 特製アウターケース付き3枚組ブルーレイケース仕様

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]