高橋望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかはし のぞむ
高橋 望
生年月日 (1960-10-04) 1960年10月4日(61歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画アニメ
活動期間 1983年 - 現在
テンプレートを表示

高橋 望(たかはし のぞむ、1960年10月4日 - )は日本アニメ映画プロデューサー[1]日本テレビ放送網映画事業部専任部次長。三鷹の森ジブリ美術館シニアアドバイザー、特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構・研究員[1][2]

来歴[編集]

東京都出身。福岡市立平尾中学校福岡県立筑紫丘高等学校を経て、一橋大学社会学部に入学。高校では文芸部に、大学ではSF研究会に所属[注 1]

1983年4月に徳間書店に入社[1]。足掛け7年でテレビランドアニメージュ4WDフリークの3誌の編集に携わる[4]

1989年10月、元アニメージュ編集長・鈴木敏夫の誘いで宮崎駿と会い、『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『火垂るの墓』『魔女の宅急便』というヒット作を連発していた子会社[注 2]スタジオジブリに出向という形で移ることにした[1][4]。ジブリでは鈴木敏夫の右腕として『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』『耳をすませば』『ホーホケキョ となりの山田くん』『千と千尋の神隠し』の6本の制作を担当、『海がきこえる』『猫の恩返し』『ギブリーズ episode2』の3本ではプロデューサー役を務めた[1][4]

1995年、徳間書店を退社。株式会社サイビズでコンピュータ雑誌『月刊CYBiZ』編集長に就任。

1998年、鈴木敏夫から誘われて徳間書店に再入社。徳間書店スタジオジブリ事業本部映像企画制作部部長、同社スタジオジブリ事業本部長代理などを歴任。スタジオジブリの生みの親ともいえる徳間書店の社長だった徳間康快の葬儀では司会進行役を引き受けた[4]

2000年に東映動画細田守がスタジオジブリで映画『ハウルの動く城』を監督することになり、そのプロデューサーを務める。最初の1年ほどは鈴木敏夫がプロデューサーとして関わっていたが、脚本、キャラクターや美術設定などの準備が進むに連れて企画は難航し、高橋が引き継ぐことになった。高橋が担当となった後には、美術や作画スタッフを連れて作品の舞台であるイギリスへのロケハンも敢行したが[注 3]、2002年の春頃、細田版『ハウル』は制作中止となった[5]

『ハウル』制作中止の後、鈴木敏夫の口利きで日本テレビへ出向し、2005年から転籍となる[1]。日本テレビに所属してからはコンテンツ事業局映画事業部プロデューサーを経て、映画事業部担当部次長[6]、同部専任部次長[7]に就任する。

2005年秋頃、『新世紀エヴァンゲリオン』を劇場作品としてリメイクするにあたり、個人事務所の設立を考えた庵野秀明が鈴木敏夫に相談を持ち掛け[8]、高橋が「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を制作したスタジオカラーの設立に協力する[9][10]

2008年1月、日本テレビ映画事業部でプロデューサーの職にあった高橋に、マッドハウス齋藤優一郎から細田守監督の映画『サマーウォーズ』の企画が持ちかけられた[11]。『ハウル』での罪滅ぼしの意味も込めて、高橋はそのオファーを引き受ける[9]。その後も日本テレビ映画事業部で『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』など細田守監督作品のプロデューサーを務めた[12]

2011年、細田守のアニメ制作会社スタジオ地図の立ち上げに関わる[9]

2017年、特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構発起人[13]

代表作[編集]

テレビ[編集]

期間 番組名 制作(放送局) 役職
1993年5月5日 海がきこえる 徳間書店
日本テレビ
スタジオジブリ
プロデューサー

映画[編集]

公開年 作品名 制作(配給) 役職
1987年 3月27日 デジタル・デビル物語 女神転生 徳間書店
ムービック
大映
プロデューサー補佐
1991年 7月20日 おもひでぽろぽろ 徳間書店
日本テレビ
博報堂
スタジオジブリ
東宝
制作担当
1992年 7月18日 紅の豚 徳間書店
日本航空
日本テレビ
スタジオジブリ
(東宝)
1994年 7月16日 平成狸合戦ぽんぽこ 徳間書店
日本テレビ
博報堂
スタジオジブリ
(東宝)
1995年 7月15日 耳をすませば 徳間書店
日本テレビ
博報堂
スタジオジブリ
(東宝)
On Your Mark〜ジブリ実験劇場
1999年 7月17日 ホーホケキョ となりの山田くん 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・カンパニー
日本テレビ
博報堂
松竹
2000年 12月7日 式日 徳間書店
スタジオカジノ
プロデューサー
2001年 3月17日 サトラレ 日本テレビ
博報堂
スタジオカジノ
東宝
ROBOT
対策実行委員
7月20日 千と千尋の神隠し 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・カンパニー
日本テレビ
電通
東北新社
三菱商事
(東宝)
制作担当
2002年 7月20日 猫の恩返し 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・カンパニー
日本テレビ
博報堂
三菱商事
(東宝)
プロデューサー
ギブリーズ episode2
2004年 11月20日 ハウルの動く城 徳間書店
スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・カンパニー
日本テレビ
電通
三菱商事
(東宝)
制作マネージメント
2005年 9月10日 タッチ 小学館
日本テレビ
東宝映画
オー・エル・エム
(東宝)
実行委員
11月5日 ALWAYS 三丁目の夕日 小学館
日本テレビ
よみうりテレビ
札幌テレビ
ミヤギテレビ
中京テレビ
広島テレビ
福岡放送
読売新聞
電通
バップ
IMAGICA
白組
ROBOT
(東宝)
プロデューサー
2007年 11月3日 ALWAYS 続・三丁目の夕日 小学館
日本テレビ
よみうりテレビ
札幌テレビ
ミヤギテレビ
静岡第一テレビ
中京テレビ
広島テレビ
福岡放送
電通
バップ
IMAGICA
白組
ROBOT
(東宝)
プロデューサー
2008年 7月19日 崖の上のポニョ スタジオジブリ
ウォルト・ディズニー・カンパニー
日本テレビ
電通
博報堂DYメディアパートナーズ
三菱商事
(東宝)
実行委員
2009年 8月1日 サマーウォーズ 角川書店
日本テレビ
よみうりテレビ
バップ
D.N.ドリームパートナーズ
ワーナー・ブラザース映画
マッドハウス
プロデューサー
2012年 1月21日 ALWAYS 三丁目の夕日'64 小学館
日本テレビ
よみうりテレビ
札幌テレビ
ミヤギテレビ
静岡第一テレビ
中京テレビ
福岡放送
読売新聞
電通
バップ
阿部秀司事務所
白組
ROBOT
(東宝)
プロデューサー
7月21日 おおかみこどもの雨と雪 角川書店
日本テレビ
よみうりテレビ
スタジオ地図
マッドハウス
バップ
D.N.ドリームパートナーズ
(東宝)
Co.エグゼクティブプロデューサー
2014年 4月19日 名探偵コナン 異次元の狙撃手 小学館
よみうりテレビ
日本テレビ
小学館集英社プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
実行委員
2015年 2月20日 花とアリス殺人事件 小学館
日本テレビ
ポニーキャニオン
東映
ロックウェルアイズ
スティーブンスティーブン
ティ・ジョイ
エグゼクティブプロデューサー
4月18日 名探偵コナン 業火の向日葵 小学館
よみうりテレビ
日本テレビ
小学館集英社プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
実行委員
7月11日 バケモノの子 日本テレビ
KADOKAWA
よみうりテレビ
スタジオ地図
マッドハウス
バップ
D.N.ドリームパートナーズ
東宝
エグゼクティブプロデューサー
2017年 3月18日 ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜 日本テレビ
Production I.G
ワーナー・ブラザース映画
博報堂DYメディアパートナーズ
ホリプロ
Hulu
バンダイ
KADOKAWA、バップ
読売テレビ放送
KDDI
ローソンHMVエンタテイメント
札幌テレビ放送
宮城テレビ放送
静岡第一テレビ
中京テレビ放送
広島テレビ放送
福岡放送
西日本放送
エグゼクティブプロデューサー
2018年 7月20日 未来のミライ D.N.ドリームパートナーズ・スタジオ地図LLP共同事業
(NTTドコモ
日本テレビ放送網
KADOKAWA
スタジオ地図)
ゼネラルプロデューサー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スタジオジブリ広報部長や三鷹の森ジブリ美術館副館長兼事務局長を務める西岡純一は高校時代の友人[3]
  2. ^ その後、徳間書店の中の事業部のひとつになったが、当時はまだ子会社という位置づけだった。
  3. ^ 細田守は同作の舞台を現代とする構想も立てていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「アニメージュとジブリ展」の監修・高橋望が語る「鈴木敏夫の編集者としてのすごさ」と「高畑勲と宮崎駿の絆」”. TOKION (2021年5月17日). 2021年10月30日閲覧。
  2. ^ 人気キャラもたくさん 東京・銀座で「アニメージュとジブリ展」”. 毎日新聞 (2021年4月15日). 2021年10月30日閲覧。
  3. ^ スタジオジブリの“門番”に聞く 西岡 純一(にしおか じゅんいち)さん”. 読売新聞 (2003年6月23日). 2003年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月30日閲覧。
  4. ^ a b c d 徳間書店 スタジオジブリ 事業本部長代理高橋望氏”. HQ vol004. 一橋大学. 2010年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月30日閲覧。
  5. ^ “『おおかみこどもの雨と雪』細田守監督は、なぜアニメを作り続けるのか? 作品から見えた「一つの答え」(2/7)”. 講談社. (2021年7月2日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/84674?page=2 2021年10月30日閲覧。 
  6. ^ 「細田守とスタジオ地図の仕事」Nikkei Business Publications
  7. ^ 「タツノコプロ4大ヒーローアニメ、一挙放送」日本テレビ2018年2月26日 05:00
  8. ^ 倉田雅弘 (2021年3月12日). “『シン・エヴァ劇場版』の高クオリティを実現した、庵野秀明の巧みな経営戦略 (2/7)”. 講談社. https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81066?page=2 2021年10月30日閲覧。 
  9. ^ a b c “『サマーウォーズ』の前と後、「チーム・細田守」に起こった「決定的な変化」(4/5)”. 講談社. (2021年7月16日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/85234?page=4 2021年10月30日閲覧。 
  10. ^ 倉田雅弘 (2021年3月12日). “『シン・エヴァ劇場版』の高クオリティを実現した、庵野秀明の巧みな経営戦略 (3/7)”. 講談社. https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81066?page=3 2021年10月30日閲覧。 
  11. ^ “『サマーウォーズ』の前と後、「チーム・細田守」に起こった「決定的な変化」(3/5)”. 講談社. (2021年7月16日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/85234?page=3 2021年10月30日閲覧。 
  12. ^ “『おおかみこどもの雨と雪』細田守監督は、なぜアニメを作り続けるのか? 作品から見えた「一つの答え」(1/7)”. 講談社. (2021年7月2日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/84674 2021年10月30日閲覧。 
  13. ^ 「法人概要」特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構

参考文献[編集]

外部リンク[編集]