未来のミライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
未来のミライ
Mirai no Mirai
監督 細田守
脚本 細田守
原作 細田守
製作 齋藤優一郎
伊藤卓哉
足立雄一
川村元気
製作総指揮 高橋望
出演者 上白石萌歌
黒木華
星野源
麻生久美子
吉原光夫
宮崎美子
役所広司
福山雅治
音楽 高木正勝
主題歌 山下達郎
オープニングテーマ「ミライのテーマ」
主題歌「うたのきしゃ」
編集 西山茂
制作会社 スタジオ地図
配給 東宝
公開 日本の旗2018年7月20日
香港の旗2018年8月22日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

未来のミライ』(みらいのミライ)は、スタジオ地図制作による日本アニメーション映画 [1]

キャッチコピーは「ボクは未来に出会った。」。

概要[編集]

バケモノの子』に続く細田守監督による長編オリジナル作品第5作である[2]横浜の「兄妹」をテーマに、甘えん坊の4歳の男児・くんちゃんと未来からやってきた彼の妹・ミライちゃんの冒険が描かれる[2]

第71回カンヌ国際映画祭(2018年5月8日 - 19日)の「監督週間」に選出される[3]。上映後、ル・モンドは本作を「繊細な観察が出来ている」と評し、フランス・アンフォは『未来のミライ』を「美しく感覚的」と述べ、「細田守が本作で取り組んだ建築や都市装飾における描写は驚嘆するべきものである」と評した[4]

アヌシー国際アニメーション映画祭2018(6月11日 - 16日)の長編部門コンペティションに選出される[5]

製作[編集]

スタジオ地図のプロデューサーである齋藤優一郎は、「2017年5月のカンヌ国際映画祭で、映画は未完成だというのに世界57ヵ国から配給させてもらえることが決まっている。日本国内では、前作『バケモノの子』の458スクリーンと同等、もしくはそれ以上のスクリーンで公開する見込みだ」と述べた[6]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

くんちゃん
声 - 上白石萌歌
主人公。甘えん坊な4歳の男の子。生まれてきた妹に両親の愛情を奪われ戸惑う。
ある日飼い犬のゆっこと庭にいた時ミライと言う少女と出会い、時空を超えた冒険の旅に出る。
ミライちゃん
声 - 黒木華
庭に現れ、くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来から来たくんちゃんの妹。
おとうさん
声 - 星野源
在宅の建築家。仕事と育児の両立を目指すも失敗ばかり。抱っこが苦手。
おかあさん
声 - 麻生久美子
家事や育児で大忙しだが、ベストを尽くそうとする。片付けが苦手。
謎の男
声 - 吉原光夫
くんちゃん達が旅先で出会った、奇妙ないでたちをした男。愛情に飢えているらしく、「自分はかつてこの家の王子だった」と話す。
ばあば
声 - 宮崎美子
くんちゃんの祖母。二人目を出産するおかあさんの代わりにくんちゃんとゆっこの面倒をみる。
じいじ
声 - 役所広司
くんちゃんの祖父。ひなまつりの日に孫に会いに来る。
青年
声 - 福山雅治
くんちゃん達が旅先で出会った若者。くんちゃんに大きな影響を与える。

スタッフ[編集]

タイアップ[編集]

SCRAP主催の体感型謎解きイベントであるリアル脱出ゲームとのコラボで『ミライからの手紙』が東京歌舞伎町にある常設アミューズメントスポット東京ミステリーサーカスにて約1ヶ月のロングランで開催されることが決定した。参加者は各々のペースで手紙に書かれている様々な謎を頼りに、新宿近辺を散策しながらくんちゃんを保護することがクリア条件。

脚注[編集]

外部リンク[編集]