齋藤優一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

齋藤 優一郎(さいとう ゆういちろう、Yuichiro Saito 1976年11月 - )は、日本映画プロデューサースタジオ地図 代表取締役プロデューサー。    

経歴[編集]

1976年11月5日生まれ。茨城県守谷市出身。アニメーション映画制作会社「スタジオ地図」代表取締役プロデューサー。

米国留学後、99年にマッドハウス入社。日本のアニメーション業界の黎明期から活躍し、マッドハウス創業者でもある丸山正雄に師事した。マッドハウス時代は主に杉井ギサブロー川尻善昭りんたろう平田敏夫小池健細田守監督作品のプロデューサーを務め、また海外との共同製作、実写映画とのコラボレート作品も数多く手がけた。2011年、細田守と共にアニメーション映画製作会社スタジオ地図を設立。以後、細田守監督作品のプロデュースに専念し、『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』を企画、製作した。『未来のミライ』は第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出、また第91回米国アカデミー賞・長編アニメーション部門、第76回ゴールデングローブ賞・アニメーション部門にノミネートされ、第46回アニー賞では長編インディペンデント作品賞を受賞した。2019年7月から米国アカデミー会員。

細田守監督作品[編集]

他・参加作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]