りんたろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

りん たろう(本名・林 重行、1941年1月22日-)は、日本アニメーション監督である。東京都出身。マッドハウス所属。日本映画監督協会会員。京都精華大学マンガ学部客員教授。「りん・たろう」と中点付きでクレジットされることもある。

日本アニメ黎明期から関わりアニメ界の重鎮である。代表作は『銀河鉄道999』『メトロポリス』など数多い。長弟はアニメーター、アニメーション演出家の林政行(はやし まさゆき)。次弟はヴィレッジ・シンガーズのドラマー、元俳優林ゆたか[1]

概要[編集]

もともと映画少年で、一度は普通の会社に就職するも、映像の仕事に関わりたくなり、普通ではない会社(コマーシャルアニメの制作会社)へ転職し、セル画の彩色の仕事をするようになる。その会社が倒産したため、CMアニメ大手のTCJ(現エイケン)を経て、1958年東映動画に入社。念願の映画の世界に入り、同年の第1回長編作品『白蛇伝』では仕上げ、1960年の『西遊記』からはアニメーターに転向して動画を務める。しかし、年に1~2作の長編を制作する東映動画では、いつまで経っても志望する演出家の仕事ができないと判断して、1963年手塚治虫が創立した虫プロダクションへ移籍する。テレビアニメ『鉄腕アトム』の作画をしながら、手塚に演出をやりたいと持ちかけ、1963年に念願の演出家デビュー。『鉄腕アトム』では演出の中心となり、1965年の『ジャングル大帝』でチーフディレクターに昇格した。以後、虫プロダクションでは、『佐武と市捕物控』『わんぱく探偵団』『ムーミン』などのチーフディレクターを務めた。

1972年、虫プロダクションを退社して、フリーの演出家としてテレビアニメ星の子チョビン』『わんぱく大昔クムクム』などを監督。1年ほどアニメの世界から離れ、1977年、『鉄腕アトム』のリメイク企画から発展した『ジェッターマルス』から古巣の東映動画で監督を任せられるようになる。続けて、『アローエンブレム グランプリの鷹』『宇宙海賊キャプテンハーロック』の監督を歴任し、特にハーロックの第1話の試写では、今田智憲東映動画社長が感動のあまり涙を流し、『銀河鉄道999』を映画化する際、社長がりんを直々に監督に指名することになった[2][3]。東映動画の長編作品で社外から監督を起用するのは異例中の異例だとされる。そして、東映動画の仕事を通じて、美術監督の椋尾篁アニメーター小松原一男というよきパートナーを得る。

そして、1979年に初の劇場長編の監督作『銀河鉄道999』が公開され、折からのアニメブーム、松本零士ブームも手伝い、映画は大ヒット。未だにりんたろうの代表作として挙げられている。1980年の劇場長編作品『サイボーグ009 超銀河伝説』を担当する予定だったが諸事情により途中で降りた。1981年に続編『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』を公開。

『銀河鉄道999』をヒットさせたりんたろうに目をつけたのが、角川映画でブームを巻き起こしていた角川書店社長角川春樹だった。角川映画のアニメ第1弾の『幻魔大戦』(1983年公開)の監督に抜擢され、りんは1982年には椋尾篁、マッドハウスの丸山正雄らとプロジェクトチーム・アルゴスを結成する。オムニバスアニメーション作品、「迷宮物語」において映像界にピラミッドを打ち立てる。これ以降、りんは角川書店関係の仕事を多くこなし、制作の拠点を東映動画からマッドハウスとした。2001年には大作映画『メトロポリス』を発表。

虫プロ時代に元々プロのベーシストだった音響監督の田代敦巳らとモダンジャズのバンドを作っており、当時の話を『メトロポリス』音楽担当の本多俊之にしたところ、「じゃ、監督やりましょう」 と言われ同作のBGMのバスクラリネットを吹く事になった[4]

東映動画からマッドハウスへの移行期である1982年頃には東京ムービー新社フランスとの合作作品『ルパン8世』の監督も務めていたが、諸事情で数本製作したところで中断した。

2009年12月に公開された総製作費14億円を超える日仏合作の3Dアニメーション大作『よなよなペンギン』の監督を務めた。

作品リスト[編集]

テレビシリーズ[編集]

劇場作品[編集]

OVA[編集]

その他[編集]

  • TVCM 明治 果汁グミ Tweet Love Story 「メグミとタイヨウ」(2011年、アニメーション監督、マッドハウス)

書籍[編集]

出典[編集]

  1. ^ アニメーター・樋口雅一公式ブログ「『萬雅堂』便り」2006年1月18日付記事より。http://d.hatena.ne.jp/manga-do/20060118
  2. ^ 小出正志『アニメクリエータになるには』ぺりかん社、2003年、pp.17-18。りんたろうインタビュー
  3. ^ 社長はあまり詳しく名前を覚えていなかったため『ひらがなの監督』と指名した
  4. ^ CD-ROMfan2001年11月号(毎日コミュニケーションズ)P74-77りんたろうインタビュー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]