椋尾篁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むくお たかむら
椋尾篁
生年月日 (1938-01-01) 1938年1月1日
没年月日 (1992-06-09) 1992年6月9日(54歳没)
出生地 日本の旗日本長崎県佐世保市
職業 アニメーション美術監督

椋尾 篁(むくお たかむら、1938年1月1日 - 1992年6月9日)は、長崎県佐世保市出身のアニメーション美術監督武蔵野美術学校洋画科卒。元ムクオスタジオ主宰。“光と影と質感の詩人”の異名を持つ。

来歴[編集]

銀河鉄道999』・『幻魔大戦』など劇場作品の他、『母をたずねて三千里』・『悪魔くん』・『美少女戦士セーラームーン』など多くのテレビシリーズの美術監督・美術デザイン・美術設定を手がける。また『きよしこのよる』など短編アニメーション作品の監督もある。

1976年放映の『母をたずねて三千里』の現地ロケ(イタリアアルゼンチン)に高畑勲宮崎駿らと同行し、光と影を背景美術に織り込む。1981年公開の『セロ弾きのゴーシュ』では水墨画的な世界に陰影をつけて質感を表現。『銀河鉄道999』など一連のりんたろう監督作品でSF美術の大家としての地位を確立した。徳間書店アニメージュ主催のアニメグランプリにおいて美術部門の人気投票第1位を5年連続で獲得。1970 - 80年代の日本のアニメーション美術のクオリティを飛躍的に高めることに大きく貢献した。

近年、若くして亡くなった椋尾の功績を後世に伝える取り組みがなされている。2004年にはなみきたかしによる『椋尾篁アニメーション美術画集』が10年の歳月を経て完成。またアニドウが中心となって設立準備が進んでいる博物館「アニメーションミュージアム」には椋尾の背景画コレクションが常設展示される予定であったが、2010年杉並区の方針により頓挫した。

略歴[編集]

主な作品[編集]

受賞[編集]

  • 1979年 第1回アニメグランプリ(徳間書店アニメージュ主催)美術部門人気投票第1位
  • 1980年 第2回アニメグランプリ(徳間書店アニメージュ主催)美術部門人気投票第1位
  • 1981年 第3回アニメグランプリ(徳間書店アニメージュ主催)美術部門人気投票第1位
  • 1982年 第4回アニメグランプリ(徳間書店アニメージュ主催)美術部門人気投票第1位
  • 1983年 第5回アニメグランプリ(徳間書店アニメージュ主催)美術部門人気投票第1位 (なお、第6回以降のアニメグランプリでは、美術部門が廃止になった。)

ムクオスタジオ[編集]

初代である椋尾が設立したアニメーション背景美術プロダクション。1971年会社登記(ただし、1968年頃から既にムクオスタジオの名称で活動している)。東京都杉並区荻窪にある。杉並アニメ振興協議会会員。現在の代表取締役は3代目である田尻健一。

椋尾・2代目の窪田の活躍もあり、かつては東映動画(現:東映アニメーション)制作のテレビシリーズのうち、テレビ朝日系列の毎週土曜日19時枠は当社が全てのシーンの背景美術を描いた。

現在ないし過去に在籍した主なデザイナーは

  • 浅井和久
  • 石田勝則
  • 大池優紀
  • 大河内稔
  • 鹿野良行
  • 窪田忠雄
  • 田尻健一
  • 駒田寛
  • 中西英和
  • 橋本和幸
  • 峯村るみ子
  • 山村浩二

ほか多数。

脚注[編集]

  1. ^ 宇宙海賊キャプテンハーロック”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]