青梅鉄道公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青梅鉄道公園
Ome Railway Park
OmeRailwayPark-a.jpg
青梅鉄道公園本館
分類 鉄道公園
所在地
座標 北緯35度47分32.1秒 東経139度15分48秒 / 北緯35.792250度 東経139.26333度 / 35.792250; 139.26333座標: 北緯35度47分32.1秒 東経139度15分48秒 / 北緯35.792250度 東経139.26333度 / 35.792250; 139.26333
開園 1962年10月19日
運営者 公益財団法人東日本鉄道文化財団
事務所所在地 東京都青梅市勝沼二丁目155番地
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
園長を務める三毛猫の「のら」。(ただし画像は就任3年前のもの)
園内に保存されている蒸気機関車。110(左手前)、5540(左中)、2221(右手前)、8620(右中)、9608(奥)※露天展示時代
園内に保存されている蒸気機関車。C515(左)、C111(右手前)、E102(右奥) ※露天展示時代。C515は現在鉄道博物館に移設され、移設後の空いた場所にはクモハ40054が展示されている。

青梅鉄道公園(おうめてつどうこうえん、英称Ome Railway Park)は、東京都青梅市勝沼2丁目155番地にある公園JR青梅線青梅駅が最寄駅である。

概要[編集]

鉄道開業90周年記念事業として1962年昭和37年)10月19日、青梅駅北東の永山公園の一角に開園した鉄道公園である。過去に使用された実物の鉄道車両11両を屋外に展示しているほか、鉄道模型運転や企画展示が実施される記念館も設けられている。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営を継承し、1997年平成9年)4月からは関連組織の財団法人交通文化振興財団が運営を受託していた。2009年(平成21年)4月からはJR東日本の関連組織の公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営を受託している。

施設名が示すように、「博物館」ではなく「公園」としての位置づけであり、開園当初は入場料が無料で、展示されている鉄道車両に自由に立ち入ることが可能であった。しかし長年にわたる屋外展示により保存車両の荒廃が進んだことから1997年(平成9年)にいったん休園し、展示車両の補修整備を実施し、それ以後は小学生以上一律100円の入場料を収受している。

現代の観点ではどちらかと言えば小規模ではあるが、国鉄最後の新造蒸気機関車で特異なスタイル・運用でも有名なE10形や、準鉄道記念物で最寄となる青梅線・南武線での最後の運用に注目が集まったED16形直流電気機関車などを展示しているほか、新幹線0系電車の展示があることでも知られている。廉価な入場料設定もあり、手軽な行楽スポットとして人気を博しているほか、かつては特撮番組の撮影にも使用されていた。

長らく車両はすべて露天展示であったが、2007年(平成19年)に上屋を設置する工事がおこなわれ、現在はほとんどの車両(新幹線0系電車以外)には屋根がかけられている。

2010年(平成22年)9月23日、青梅鉄道公園の園長に7年前からこの公園に住み着いている三毛猫でメスの「のら」が任命された[1]

展示車両[編集]

過去の展示車両[編集]

  • スシ28 102(国鉄スハ32系客車
    • 1935年、鉄道省鷹取工場新製の食堂車スシ37800形スシ37820、1962年品川にて廃車。公園が開業した際に保存された。食堂として使用されていたが、老朽化が進み、1980年ED16 1が搬入されるのと入れ替わりに解体撤去されたため、物議をかもした。TR73三軸ボギー台車だけは交通博物館を経て鉄道博物館に現存している[5]
荒廃したマイテ3911
  • マイテ39 11(国鉄スハ32系客車) - 1963年9月29日入園
    • 1930年、鉄道省大井工場新製の桃山式内装展望車マイテ37010形マイテ37011、経年損傷が激しくなったため、1987年製造場所のJR東日本大井工場(現・東京総合車両センター)に移送。補修され、現在は鉄道博物館で引き続き静態保存されている。
  • C51 5(国鉄C51形蒸気機関車) - 1962年1月6日入園
    • 1982年9月12日夜、台風18号に伴う大雨のため当時展示されていた場所の地盤が崩落して転覆・損傷したが修復され、展示位置を一部変更した。2007年5月、鉄道博物館へ移送され静態保存されている。なお同機が展示されていた場所に現在はクモハ40054が展示されている。
  • 開園初期、展示された数台の蒸気機関車は圧縮空気により汽笛を吹鳴することができた。

利用案内[編集]

  • 開園時間:3月〜10月 10:00〜17:30(入園は17:00まで):11月〜2月 10:00〜16:30(入園は16:00まで)
  • 休園日:月曜日(祝日・振替休日・都民の日の場合は開園し、翌日の火曜日休園となる。)
  • 入園料
小学生以上:個人 100円/団体 50円(20名以上で適用)

70歳以上・障害者手帳所持者は無料

アクセス[編集]

鉄道

バス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青梅鉄道公園に三毛猫園長読売新聞、2010年9月24日付)※ 現在はWebアーカイブサイトarchive.is」内に残存
  2. ^ 2両の電気機関車(ED40 形式 10 号および ED16 形式 1 号)が国の重要文化財指定へ (PDF)”. 東日本旅客鉄道 (2018年3月9日). 2018年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月11日閲覧。
  3. ^ JR東日本保存の電気機関車2両が,国の重要文化財に指定される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年3月10日). 2018年3月11日閲覧。
  4. ^ “官報号外第239号:文部科学省告示 第二百八号(有形文化財を重要文化財に指定する件)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国立印刷局, (2018年10月31日), https://kanpou.npb.go.jp/20181031/20181031g00239/20181031g002390018f.html 2018年11月13日閲覧。 
  5. ^ 藤田吾郎「食堂車の保存車・廃車体」 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』2005年5月号 No.761 p30より

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]