北のカナリアたち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北のカナリアたち
監督 阪本順治
脚本 那須真知子
原案 湊かなえ
(「二十年後の宿題」より)
製作 國松達也
服部紹男
出演者 吉永小百合
森山未來
満島ひかり
勝地涼
宮﨑あおい
小池栄子
松田龍平
柴田恭兵
仲村トオル
里見浩太朗
音楽 川井郁子
撮影 木村大作
編集 普嶋信一
製作会社 「北のカナリアたち」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2012年11月3日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14.0億円[1]
テンプレートを表示

北のカナリアたち』(きたのカナリアたち)は、2012年制作の日本映画

概要[編集]

東映創立60周年記念作品。湊かなえ原作の短編集『往復書簡』に所収された「二十年後の宿題」を原案としている。監督は阪本順治吉永小百合の116本目の出演作品である。

撮影は2011年12月1日にクランクイン、札幌稚内サロベツ利尻島礼文島において約2カ月にわたり冬パートの撮影が行われ、利尻島、礼文島での撮影は記録的な吹雪に遭遇するなど自然の猛威にさらされた[2]。2012年7月1日より利尻島、礼文島で夏パートの撮影を再開[2]、7月18日の礼文島での撮影を最後にクランクアップした[3]。小学校の撮影には既存の分校を撮影に使う案もあったが、平屋の木造校舎というイメージに合う建物が見つからなかった。木村大作は島の自然を捉えることにこだわり、利尻富士の見える候補地にセットを作ることを進言した。このセットは撮影後も保存され、2013年7月27日に「北のカナリアパーク」として一般公開された[4]

2012年11月3日に全国330スクリーンで公開され、11月3、4日の初日2日間で興収1億8,039万1,800円、動員16万4,924人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[5]

第36回日本アカデミー賞 では、最多タイとなる12部門で優秀賞を受賞、うち3部門で最優秀賞を受賞した。その他の受賞については受賞歴を参照。

2013年12月15日、テレビ朝日系列の『日曜洋画劇場』枠において、地上波初放送された。

あらすじ[編集]

北海道の最北端の離島で分校小学校教師を務める川島はるは、鈴木信人、酒井真奈美、生島直樹、安藤結花、藤本七重、松田勇の6人の教え子に歌の才能を見出し、合唱を指導する事によって交流を深めていった。

しかし、ある夏の日、はるが生徒たちと行ったバーベキューで悲しい事故が起き、はるは夫の行夫を失い、子供たちは心に深い傷を負ってしまう。はるは6人の教え子を残し、後ろ髪を引かれる思いで島を去った。

20年後、東京で働くはるのもとに思わぬ知らせが飛び込んで来る。6人の教え子の1人、鈴木信人がある事件を起こしたというのだ。

はるはその真偽を確かめるべく、そして空白の20年間の思いを6人に伝えるため、島に再び足を踏み入れる事を決意する。

登場人物[編集]

6人の小学生時代を演じる子役は、約3100名の中からオーディションで選ばれた[6]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

第36回日本アカデミー賞では、最多タイとなる12部門で優秀賞を受賞、うち3部門で最優秀賞を受賞した。

作品賞
  • 第36回日本アカデミー賞 優秀作品賞
阪本順治
  • 第36回日本アカデミー賞 優秀監督賞
吉永小百合
森山未來
  • 第36回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞
  • 第37回報知映画賞 助演男優賞(『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を含む)
  • 第25回日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞
  • 2013年度エランドール賞 新人賞(『苦役列車』『贖罪』『ALWAYS 三丁目の夕日'64』他を含む)
  • 2012年全国映連賞 男優賞(『苦役列車』を含む)
  • 第67回日本放送映画藝術大賞 映画部門 優秀助演男優賞
満島ひかり
  • 第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞
宮崎あおい
  • 第67回日本放送映画藝術大賞 優秀助演女優賞(『わが母の記』を含む)
スタッフ
  • 第36回日本アカデミー賞
    • 最優秀賞
      • 最優秀音楽賞 - 川井郁子
      • 最優秀撮影賞 - 木村大作
      • 最優秀照明賞 - 杉本崇
    • 優秀賞
      • 優秀脚本賞 - 那須真知子
      • 優秀美術賞 - 原田満生
      • 優秀録音賞 - 志満順一
      • 優秀編集賞 - 普嶋信一
  • 第67回日本放送映画藝術大賞 映画部門
    • 優秀撮影賞 - 木村大作
    • 優秀照明賞 - 杉本崇
    • 優秀美術賞 - 原田満生
    • 優秀録音賞 - 志満順一
    • 優秀編集賞 - 普嶋信一
  • 第67回毎日映画コンクール 録音賞 - 志満順一[7]

漫画[編集]

映画のコミカライズ版として単行本化された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]