礼文町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
れぶんちょう
礼文町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 宗谷総合振興局
礼文郡
団体コード 01517-2
面積 81.64 km²
総人口 2,673
住民基本台帳人口、2016年6月30日)
人口密度 32.7人/km²
隣接自治体 なし
町の木 シンパク
町の花 エゾウスユキソウ
町の鳥 コマドリ
礼文町役場
町長 小野徹
所在地 097-1201
北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ558番地の5
GazouBoshu.png
外部リンク 礼文町

日本地域区画地図補助 01510.svg

礼文町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

礼文町(れぶんちょう)は、北海道北部、稚内市沿岸の西方約60km[1]礼文島にある町。宗谷地方に属し、礼文島1島で1郡(礼文郡)・1町(礼文町)を構成する。 町名はアイヌ語レプン・シㇼ(沖の・島)に由来する[1][2]

地理[編集]

宗谷地方西部の日本海上にある礼文島の全域を占める。稚内市沿岸から西方60kmに位置し[1]、周囲72km、面積82平方km。北緯45度30分14秒・東経141度4分16秒に位置し日本最北端のとして知られる。宗谷岬は市であり、択捉島は村なので、町としては最北端となる。

島は南北29km・東西8kmと南北に長く[3]、ほぼ逆三角形の形状。北部を船泊(ふなどまり)、南部を香深(かふか)と呼ぶ。島西部は断崖絶壁が続き、自動車、バイクでは島一周できない。島東部海岸には北海道道40号礼文島線が南北に走る。

気候[編集]

気候は宗谷暖流偏西風の影響により緯度の割には比較的穏やかで、は涼しく冬は氷点下10℃前後までしか下がらない(夏期平均気温 6月12℃位 7月17℃位 8月18℃位 9月15℃位)。

隣接している自治体[編集]

島のため、隣接する自治体はなし。ただし、航路により以下の市町村と関係が深い。

歴史[編集]

行政[編集]

礼文町議会[編集]

  • 議長:柳谷正武
  • 副議長:二田順一
  • 議員定数:9
  • 無会派:9

衆議院[編集]

歴代町長[編集]

  • 初代~5代 向瀬貫三郎
  • 6代~9代 関和夫
  • 10代 安達謙三
  • 11代~13代 中島忠明
  • 14代~15代 小野徹

町組織[編集]

総務課、町民課、産業課、建設課

警察[編集]

消防[編集]

経済[編集]

産業[編集]

漁業観光を基幹産業とする[5][6]。漁業では年間を通して海の幸に恵まれ、夏はエゾバフンウニ利尻昆布ホッケの産地として有名である。また礼文島ウニ丼の発祥地としても知られている。

「最北の離島」(北方領土を除く)として観光も盛んである。高緯度や冷涼な気候から、海抜ゼロメートル地帯より300種類以上[7]高山植物が咲き乱れ「花の浮島」としても知られる[7]。礼文島西海岸の気候は東海岸が晴天の時でも西海岸に近づくにつれて次第にが濃くなり、立つことすらできないほどの強風が吹くこともある。このような気候条件が気温を低下させるため、そこに適応した種類だけが育ち、春の訪れとともに次々と花を咲かせる。夏季(6月頃~)にはレブンソウレブンアツモリソウレブンウスユキソウなど多くの礼文島固有の稀少な高山植物が咲き乱れ、咲く花の種類は2~3週間ごとに変化する。特にレブンアツモリソウはかつては全域に見られたが、盗掘により大きく数を減らし現在では「レブンアツモリソウ群生地」(保護区。北鉄府地区)以外ではほとんど見られない[8]

漁協[編集]

  • 香深漁業協同組合
  • 船泊漁業協同組合

金融機関[編集]

  • 稚内信用金庫
    • 礼文支店
    • 礼文町役場船泊支所出張所(ATMコーナー)

郵便局[編集]

  • 礼文香深郵便局(集配局)
  • 香深井郵便局
  • 内路郵便局
  • 船泊郵便局

コンビニ[編集]

  • セイコーマート 香深店

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography01517.svg
礼文町と全国の年齢別人口分布(2005年) 礼文町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 礼文町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
礼文町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 7,535人
1975年 6,525人
1980年 5,990人
1985年 5,724人
1990年 5,121人
1995年 4,375人
2000年 3,856人
2005年 3,410人
2010年 3,078人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 高等学校
  • 中学校
    • 香深中学校
    • 船泊中学校
  • 小学校
    • 礼文小学校
    • 香深井小学校
    • 船泊小学校

交通[編集]

香深港フェリーターミナル(2012/06)

空港[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

船舶[編集]

タクシー[編集]

  • 礼文ハイヤー
  • イシドウハイヤー

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

  • 礼文町船泊遺跡出土品 - 国の重要文化財、礼文町町民活動総合センター保管
  • 礼文島出土の歯牙製女性像及び動物像 - 道指定有形文化財、長昌寺蔵、複製品は礼文町郷土資料館蔵[9]
  • 礼文島桃岩付近一帯の野生植物 - 道指定天然記念物[9]
  • レブンアツモリソウ群生地 - 道指定天然記念物[9]

祭事[編集]

  • 花まつり(6月)
  • 厳島神社祭(7月)
  • 湖畔まつり(8月)
  • 海峡まつり(8月)

観光[編集]

  • 高山植物園(大人300円、小人150円)
  • 高山植物群落(レブンアツモリソウ他)
  • 礼文林道
  • 桃岩展望台
  • 地蔵岩
  • 猫岩
  • 金環日食観測記念碑(昭和23年5月9日当時新しい日本の歴史的大事業として、日米共同の科学者1500名により観測され、広く世界の歴史に記され、以来天体科学の地となった場所)
  • 銭屋五兵衛記念碑(江戸の豪商)
  • 上村占魚句碑
  • スコトン岬(礼文島最北端の地、日本最北限のトイレ)
  • 澄海岬
  • 礼文岳(標高490m、頂上まで約2時間)
  • 久種湖(日本最北の湖、ミズバショウ群生地)
  • 利尻礼文サロベツ国立公園
  • 礼文島温泉
  • 愛とロマンの8時間コース(礼文島の西海岸を歩くトレッキングコース)
  • 国の重要文化財明治38年(1905年)建設のニシン漁の番屋跡[10]
  • 久種湖畔スキー場(日本最北端のスキー場)
  • 富士見ヶ丘

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 礼文町の概要|北海道礼文町”. 礼文町. 2016年7月11日閲覧。
  2. ^ 北海道 環境政策部 アイヌ政策推進室. “アイヌ語地名リスト ル~ワ (pdf)”. p. 142. 2016年7月2日閲覧。
  3. ^ a b 「包括交流連携」に向けての市町村情報 礼文町 (pdf)”. 北海道. 2016年7月11日閲覧。
  4. ^ a b c 礼文町誕生60周年記念事業|礼文島観光協会”. 礼文島観光協会. 2016年7月11日閲覧。
  5. ^ 地域再生プロジェクトの実施結果調書 (pdf)”. 礼文町. 2016年7月11日閲覧。
  6. ^ 北海道礼文町”. 国土交通省 都市・地域整備局 下水道部. 2016年7月11日閲覧。
  7. ^ a b 日本最北端の離島 礼文島へようこそ!~花の浮島|礼文島観光協会”. 礼文島観光協会. 2016年7月11日閲覧。
  8. ^ レブンアツモリソウ(礼文敦盛草) | 建設部まちづくり局都市環境課”. 北海道 建設部 まちづくり局 都市観光課 (2015年6月29日). 2016年7月11日閲覧。
  9. ^ a b c 北海道指定の文化財一覧 | 教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課”. 北海道教育委員会 (2016年7月5日). 2016年7月11日閲覧。
  10. ^ 旧花田家番屋北海道教育委員会

関連項目[編集]

植物[編集]

礼文町に自生する植物300種以上(固有種、稀少種が含まれ学術的価値が高い)

など他多数

外部リンク[編集]