三厩村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Adobe-Japan1-6 CID=13647と異なる可能性があります。
みんまやむら
三厩村
廃止日 2005年3月28日
廃止理由 新設合併
蟹田町平舘村三厩村外ヶ浜町
現在の自治体 外ヶ浜町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
東津軽郡
団体コード 02306-0
面積 65.34km2
総人口 2,364
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 小泊村市浦村今別町
町の木 ヒバ
町の花 アジサイ
町の鳥 カモメ
三厩村役場
所在地 030-1798
青森県東津軽郡三厩村字本町59番地
(現在の外ヶ浜町役場三厩支所)
座標 北緯41度11分49.3秒
東経140度25分47.6秒
三厩村の位置
特記事項 村の木・花・鳥はみな1977年12月16日に制定された
 表示 ウィキプロジェクト

三厩村(みんまやむら)は、青森県東津軽郡の北西、津軽半島の最北端に位置していたである。2005年平成17年)3月28日、同郡の蟹田町平舘村と合併し、外ヶ浜町となったため消滅した。

郷土書などによると、三厩の名称は、義経伝説に由来するとも言われ、東北へと逃れた源義経が岩窟にいた3頭の駿馬を得て北海道へ渡ったという伝説に基づく地名とされている[1]

地理[編集]

南の小泊村との境となる山地より流れる増川川と算用師川が、北上して三厩湾に流れ込む。三厩湾に面した三厩港の付近に、村役場がある。鉄道は津軽線海峡線津軽海峡線)が通り、このうち津軽線は村に入ってすぐの三厩駅が終点となり、海峡線は青函隧道が村の地下を通っているが、村域内で地上に出ることはない。村内に竜飛海底駅があり、その上に竜飛崎がある。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1888年 - 今別村外六ヶ村(大川平増川、三厩、宇鉄浜名鍋田)の組合を解き、三厩村が独立。
  • 1889年4月1日 - 町村制施行により増川村、三厩村、宇鉄村が合併し、三厩村が発足。
  • 1958年10月21日 - 津軽線、蟹田三厩間開通。
  • 2004年7月20日 - 合併の枠組みについて住民投票を求める「住民投票を実現する会」が三厩村長の解職を請求する署名簿を提出する。
  • 2004年8月6日 - 蟹田町平舘村の3町村で「東津軽3町村合併協議会」を設置する。(注:左記2町村と三厩村は隣接していない。)
  • 2004年8月27日 - 三厩村選挙管理委員会は842人分の署名簿のうち131人分の署名を無効とし、三厩村長の解職請求を退ける。
  • 2005年3月28日 - 蟹田町、平舘村との市町村合併により、外ヶ浜町が発足。

行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

漁業[編集]

  • 三厩漁港
  • 龍飛漁港
  • 宇鉄漁港

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

教育[編集]

  • 三厩村立三厩小学校
  • 三厩村立三厩中学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

バス[編集]

道路[編集]

船舶[編集]

  • 三厩港
    東日本フェリー 三厩 - 北海道福島町(ただし1998年以降運航休止、三厩村、福島町では他社の参入を募集中)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 外ヶ浜町発足後の2016年平成28年)3月26日からは、この日開業した北海道新幹線と線路を共有している。
  2. ^ 外ヶ浜町発足後の2016年3月26日、北海道新幹線の開業に伴い海峡線を通る定期旅客列車がなくなり、この愛称は廃止された。

出典[編集]

  1. ^ 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく 「龍泊ライン」『絶景ドライブ100選[新装版]』 松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日、40-41頁。ISBN 978-4-05-610907-8
  2. ^ 境界を示す標識が青函トンネル記念館に展示されている。
  3. ^ “【正論】津軽海峡を全面領海にして守れ 東海大学教授・山田吉彦”. 産経新聞. (2013年11月5日). オリジナル2017年6月20日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170620090641/http://www.sankei.com/politics/news/131105/plt1311050041-n1.html 2017年6月20日閲覧。 
  4. ^ 日本の領海等概念図”. 海上保安庁海洋情報部. 2017年6月20日閲覧。
  5. ^ 竜飛海底駅とは”. 北海道旅客鉄道. 2017年6月20日閲覧。

関連項目[編集]