浜頓別町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はまとんべつちょう
浜頓別町
クッチャロ湖
Emblem of Hamatonbetsu, Hokkaido.svg

浜頓別町章
1952年昭和27年)1月12日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 宗谷総合振興局
枝幸郡
市町村コード 01512-1
法人番号 6000020015121
面積 401.64km2
(境界未定部分あり)
総人口 3,602[編集]
住民基本台帳人口、2019年5月31日)
人口密度 8.97人/km2
隣接自治体 宗谷総合振興局
枝幸郡:枝幸町中頓別町
宗谷郡猿払村
天塩郡幌延町
町の木 アカエゾマツ
町の花 エゾノリュウキンカ
町の鳥 コハクチョウ
浜頓別町役場
町長 菅原信男
所在地 098-5792
北海道枝幸郡浜頓別町中央南1番
Hamatonbetsu town hall.JPG
外部リンク 浜頓別町

日本地域区画地図補助 01510.svg

浜頓別町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
浜頓別町中心部周辺の空中写真。画像左はクッチャロ湖。1977年撮影の2枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
浜頓別町市民風車「はまかぜちゃん」。浜頓別町頓別

浜頓別町(はまとんべつちょう)は、北海道最北の宗谷地方東部に位置する町である。町内にあるクッチャロ湖は、野鳥がたくさん集まりラムサール条約の保護区に指定されている。

町名の由来はアイヌ語「トー・ウン・ペッ」(湖から出る川)から。

地理[編集]

宗谷総合振興局の東部に位置する。 東岸はオホーツク海に面し、湿原が広がる。町西部・南部は山岳が広がる。

  • 山: 珠文岳(761m)
  • 河川: 頓別川、豊寒別川
  • 湖沼: クッチャロ湖(大沼、小沼)

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

行政機関[編集]

財政[編集]

平成29年度決算による財政状況[編集]

[2]

  • 住基人口 3,727人(平成30年初時点)
  • 標準財政規模 29億5,990万7千円
  • 財政力指数 0.18 (類似団体平均0.24)- 類似団体を下回っている
  • 経常収支比率 81.9% (類似団体平均83.4%)- 類似団体平均とほぼ同じ状況となっている。
  • 実質収支比率 8.7%(類似団体平均9.8%[平成28年度][3]
  • 実質単年度収支 -1,604万4千円 - 標準財政規模の-0.54%の赤字額
  • 地方債現在高 49億2,234万1千円 (人口1人当たり132万725円)
  • 普通会計歳入合計 49億6,428万4千円
    • 地方税 4億74,01万6千円(構成比 9.5%)
    • 地方交付税 24億4,259万7千円(構成比 49.2%)- 歳入の50%近くを交付税に依存
    • 地方債 4億86,50万円(構成比 9.8%)
  • 普通会計歳出合計 46億7,662万2千円
    • 人件費 7億66万4千円(構成比 15.0%)
      • うち職員給 4億6,020万1千円(構成比 9.8%)
    • 扶助費 1億8,663万1千円(構成比 4.0%)
    • 公債費 5億6,919万9千円 (構成比 12.2%)

基金の状況

  • 1財政調整基金 12億4,849万5千円
  • 2減債基金 3億1,104万5千円
  • 3その他特定目的基金 12億5,636万円
    合計 28億1,590万円(人口1人当たり75万5,541円)

定員管理の適正度(平成29年度)

  • 人口1,000人当たり職員数 24.15人(類似団体平均18.74人)- 平均以上の職員数の定員である。:類似団体平均を約1.29倍上回っている。
  • 一般職員90人 (うち技能系労務職0人)、教育公務員4人、消防職員0人、臨時職員3人 一般職員等合計 83人
  • ラスパイレス指数 96.6 (類似団体平均94.6)- 類似団体平均及び全国町村平均を上回っています。
  • 参考
    • 一般職員等(83人)一人当たり平均給料月額 27万5,600円(職員手当を含まない)
    • 職員給(給料+手当)÷一般職員等(83人)=554万5千円 - 給料月額の20.1か月分

健全化判断比率・資金不足比率(平成29年度決算 - 確報値)[編集]

[2]

健全化判断比率

資金不足比率

  • (全公営企業会計で資金不足額がなく、比率が算定されず)

※ 平成21年度に実質公債費比率が24.5%となり、財政健全化団体となった。[4]

経済[編集]

産業[編集]

酪農漁業が盛ん。

金融機関[編集]

立地企業[編集]

農協・漁協[編集]

  • 東宗谷農業協同組合(JA東宗谷)
  • 頓別漁業協同組合

郵便局[編集]

  • 浜頓別郵便局(集配局)
  • 頓別郵便局
  • 下頓別郵便局

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography01512.svg
浜頓別町と全国の年齢別人口分布(2005年) 浜頓別町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 浜頓別町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

浜頓別町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 高等学校
  • 中学校
    • 浜頓別町立浜頓別中学校
  • 小学校
    • 浜頓別町立頓別小学校
    • 浜頓別町立浜頓別小学校
  • かつて存在した学校
    • 中学校
      • 浜頓別町立下頓別中学校(2011年浜頓別町立浜頓別中学校へ統合)
    • 小学校
      • 浜頓別町立下頓別小学校上茂宇津内分校(1961年廃校)
      • 浜頓別町立山軽小学校(1966年廃校)
      • 浜頓別町立仁達内小学校(1971年廃校)
      • 浜頓別町立清和小学校(清和小から改称、1972年廃校)
      • 浜頓別町立宇津内小学校(1973年廃校)
      • 浜頓別町立開明小学校(1980年廃校)
      • 浜頓別町立富丘小学校(1980年廃校)
      • 浜頓別町立豊寒別小学校(2010年浜頓別町立浜頓別小学校へ統合)
      • 浜頓別町立斜内小学校(同上)
      • 浜頓別町立宇曽丹小学校(2011年浜頓別町立浜頓別小学校へ統合)
      • 浜頓別町立下頓別小学校(2014年浜頓別町立浜頓別小学校へ統合)

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

高速道路バイパス[編集]

  • なし

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

一般道道[編集]

道の駅[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

  • ピㇼカノカ
  • 浜頓別クッチャロ湖畔竪穴群 - 道指定史跡
  • 山軽台地遺跡出土の遺物「細石刃核と細石刃」 - 町の文化財
  • ポン仁達内遺跡の石刃核 - 町の文化財
  • ウソタンナイ砂金遺跡 - 町の文化財
  • コモチカナヘビ - 町の文化財、ベニヤ原生花園およびクッチャロ湖一帯

観光[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]