江刺勝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江刺 勝雄(えさし かつお、1952年8月6日 - )は、日本の元プロボクサー北海道礼文郡礼文町出身。元日本ミドル級チャンピオン。協栄河合ジム所属。

経歴[編集]

右ストレートが主武器のボクサー・タイプ。1976年と遅いデビューだったが、全日本ミドル級新人王となった。その直後、後の世界王者工藤政志と対戦したが3回TKO負け。

1978年12月13日、工藤が返上した日本ミドル級王座を鈴木利明と争って8回KO負けしたが、鈴木が体重超過だったためタイトルは無効となり、1979年3月6日、改めて江刺とネッシー堀口との間で王座決定戦が行なわれ、江刺が1回KO勝ち、同王座に就いた。

しかし、同年10月13日の初防衛戦で強打者ダイナマイト松尾に3回終了TKO負けを喫し、王座を失った。

通算戦績[編集]

11戦5勝(3KO)6敗

関連項目[編集]