行きずりの街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

行きずりの街』(ゆきずりのまち)は、志水辰夫小説である。新潮文庫刊。

2000年テレビドラマ化され、2010年には映画化された。

概要[編集]

1990年日本冒険小説協会大賞を受賞し、1992年度の「このミステリーがすごい!」で第1位に選出された。2006年からの2年間で発行部数を66万部まで伸ばした。

内容[編集]

主人公・波多野和郎が教えるの元教え子・広瀬ゆかりが東京で失踪したため、波多野はゆかりを探しに東京に向かう。その過程で、別れた・手塚雅子との運命的な再会を果たし、さらに自分を追放した学園の黒い謎にたった1人で闘いを挑む。自らの道を切り開いていく主人公の姿をドラマチックに描いたラブ・ミステリー。

テレビドラマ[編集]

2000年9月23日テレビ朝日土曜ワイド劇場で放送された。

出演[編集]

ほか

スタッフ[編集]

映画[編集]

行きずりの街
Strangers in the City
監督 阪本順治
脚本 丸山昇一
出演者 仲村トオル
音楽 安川午朗
主題歌 meg「再愛 〜Love you again〜」
撮影 仙元誠三
編集 普嶋信一
製作会社 セントラル・アーツ東映木下工務店東映ビデオカートプロモーション
配給 東映
公開 日本の旗 2010年11月20日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2010年のミステリーサスペンス映画。第15回釜山国際映画祭公式上映作品。監督は阪本順治。主演は仲村トオル。DVDは2011年5月21日発売。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

主題歌(映画)[編集]

外部リンク[編集]