馳星周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馳 星周
(はせ せいしゅう)
誕生 坂東 齢人(ばんどう としひと)
1965年2月18日(50歳)
北海道浦河町
職業 小説家ゲーム評論家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1996年 -
ジャンル ノワール小説
主な受賞歴 吉川英治文学新人賞(1997年)
日本推理作家協会賞(1997年)
大藪春彦賞(1999年)
処女作 不夜城
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

馳 星周(はせ せいしゅう、1965年2月18日 - )は、日本小説家。本名坂東齢人(ばんどう としひと)。ペンネームの馳星周は本人がファンであるスター周星馳の名前を逆にしたものである。

略歴[編集]

北海道苫小牧東高等学校横浜市立大学文理学部卒業。大学時代は内藤陳が経営する新宿ゴールデン街のバー深夜プラス1でバーテンのアルバイトをする。勁文社の編集者・ライターを勤めた後、1996年8月、『不夜城』にて一般小説作家としてデビュー。この作品は日中混血の男女二人が新宿歌舞伎町に暗躍する中国人マフィアの抗争に巻き込まれるという内容で、当時のベストセラーであった。第116回の直木賞候補となった。以後、第120回に『夜光虫』、第122回に『M』、第130回に『生誕祭』、第138回に『約束の地で』が度々直木賞候補となる。

また、本名の坂東齢人(読み方は「としひと」「れいにん」両方あり)名義で『本の雑誌』等で推理小説冒険小説を中心に文芸評論家として活動していたことがあった。なお、馳はプロレス評論やゲーム評論も手掛けておりゲーム雑誌古神陸佐山アキラレーニンの名義で編集者、執筆者としてノベライズを出版している。

人物[編集]

作品はノワール小説であり、謀略戦、騙し合いがストーリーの軸となっている。デビュー当初は外国人マフィアやくざ不良少年といった暗黒社会の住人が登場人物のメインだったが、近年では閉塞感に満ちた日々を送る普通の人々を題材とした作品や、テロリズム戦争を題材とした作品が多い。

尊敬する作家に山田風太郎大藪春彦を挙げる。愛読書はジェイムズ・エルロイの『ホワイト・ジャズ』。

PLAYBOY』誌[いつ?]にて葉巻のコーナーを連載していた際に葉巻好きであることを告白し、自らを「葉巻馬鹿」と称す。飼い犬のマージ(バーニーズ・マウンテン・ドッグ)のために、長野県軽井沢町に別荘を購入し、マージの死後は、軽井沢へ転居し、ブログで近況を紹介する。サッカーが好きで、好きな国はスペイン。写真撮影も趣味で、ペンネームでウェブ上に投稿もしている。パンク・ロックのファンで、BLANKEY JET CITYを高く評価する。

文学賞受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

作品[編集]

  • ウィザードリィ小説アンソロジー(1991年8月 JICC出版局)- 佐山アキラ名義で短編『酔いどれの墓標』を執筆
  • ブルー・アイズ・ブルー(1991年3月 - 1992年9月 勁文社)シリーズ 古神陸名義。1「我が愛しの天使」、2「戦士たちの絆」、3「愚か者の墓標」、4「約束の時」
  • アストラル・シティ(1993年8月 勁文社)シリーズ。古神陸名義。『月刊POPCOM』誌に連載。1「猛き神の紋章」、2「禍つ神の哄笑」 
  • 双竜伝(1994年8月 小学館スーパークエスト文庫)シリーズ。 古神陸名義。「VOL.1」、「VOL.2」
  • アルティメット・ブレイド(1995年9月 小学館スーパークエスト文庫) - 古神陸名義で執筆した同名PCゲームのノベライズ。原作ゲーム制作にも携わった。
  • Ribbon(1996年9月 KKベストセラーズ) - 古神陸名義で執筆した、同名アダルトPCゲームのノベライズ。
  • バンドーに聞け!(1997年8月 本の雑誌社 / 2002年6月 文春文庫) - 坂東齢人名義。
  • CD-ROM BOOK「電影銀盤“不夜城”」(1998年6月 角川書店
  • 作家の読書道2(2007年8月 本の雑誌社) - 読書遍歴インタビュー集
  • リアル・シガー・ガイド(2008年8月 集英社) - 実践的シガー論

小説[編集]

  • 不夜城』(1996年 角川書店 / 1998年 角川文庫
  • 『鎮魂歌(レクイエム)不夜城II』(1997年 角川書店 / 2000年1 角川文庫)
  • 『夜光虫』(1998年 角川書店 / 2001年 角川文庫)
  • 『漂流街』(1998年 徳間書店 / 2000年 徳間文庫
  • 『M』(1999年 文藝春秋 / 2002年 文春文庫)
  • 『虚の王』(2000年 光文社カッパ・ノベルス / 2003年 光文社文庫 / 2008年 角川文庫)
  • 『古惑仔(チンピラ)』(2000年 徳間書店 / 2003年 トクマ・ノベルス / 2005年 徳間文庫 / 2009年 角川文庫)
  • 『雪月夜』(2000年 双葉社 / 2003年 双葉文庫 / 2006年 角川文庫)
  • 『ダーク・ムーン』(2001年 集英社 / 2004年 集英社文庫【上・下】)
  • 『マンゴー・レイン』(2002年 角川書店 / 2005年 角川文庫)
  • 『生誕祭』(2003年 文藝春秋【上・下】 / 2006年 文春文庫【上・下】)
  • 『クラッシュ』(2003年 徳間書店 / 2007年 徳間文庫)
  • 『長恨歌(ちょうごんか) 不夜城 完結編』(2004年 角川書店 / 2008年 角川文庫)
  • 『楽園の眠り』(2005年 徳間書店 / 2009年 徳間文庫)
  • 『トーキョー・バビロン』(2006年 双葉社 / 2009年 双葉文庫【上・下】)
  • 『ブルー・ローズ』(2006年 中央公論新社【上・下】 / 2009年 中公文庫【上・下】)
  • 『約束の地で』(2007年 集英社 / 2010年 集英社文庫)
  • 『弥勒世』(2008年 小学館【上・下】 / 2012年 角川文庫【上・下】)
  • 『やつらを高く吊せ』(2008年 講談社 / 2011年 講談社文庫
  • 『9・11倶楽部』(2008年 文藝春秋 / 2011年 文春文庫)
  • 『煉獄の使徒』(2009年 新潮社【上・下】 / 2011年 新潮文庫【上・下】)
  • 『沈黙の森』(2009年 徳間書店 / 2012年 徳間文庫)
  • 『エウスカディ』(2010年 角川書店【上・下】)
    • 【改題】『殉狂者』(2014年 角川文庫【上・下】)
  • 『淡雪記』(2011年 集英社 / 2014年 集英社文庫)
  • 『光あれ』(2011年 文藝春秋 / 2014年 文春文庫)
  • 『暗闇で踊れ』(2011年 双葉社 / 2015年 双葉文庫)
  • 『美ら海、血の海』(2013年 集英社文庫)
  • 『ソウルメイト』(2013年 集英社)
  • 『ラフ・アンド・タフ』(2014年 講談社)
  • 『帰らずの海』(2014年 徳間書店)
  • 『復活祭』(2014年 文藝春秋)
  • 『雪炎』(2015年 集英社)
  • 『アンタッチャブル』(2015年 毎日新聞出版)

対談[編集]

  • 蹴球中毒(サッカー・ジャンキー)金子達仁(1998年9月 文藝春秋 / 2001年6月 文春文庫) 
  • 蘇える野獣―大藪春彦の世界(1999年2月 徳間書店)
  • VS.馳星周 トップアスリート対談集(2009年10月 アスペクト

エッセイ[編集]

  • ミステリを書く!(1998年10月 ビレッジセンター出版局)
  • 文壇バー(2001年6月 角川書店)
    • 【改題】作家ってどうよ?(2004年9月 角川文庫)
  • 馳星周の喰人魂(2013年5月 中央公論新社)
犬系
  • うちの秘蔵っ子(2001年6月 実業之日本社
  • マイフレンドBOOK(2001年9月 PHP研究所
  • 愛の記憶―Crea due (CREA due)(2001年12月 文藝春秋)
  • 走ろうぜ、マージ(2006年6月 角川書店 / 2014年7月 角川文庫)
  • 犬からの素敵な贈りもの(2007年12月 インフォレスト
  • 約束―最愛の犬たちへ(2008年1月 文藝春秋)
サッカー系
  • 欧州征服紀行(2002年6月 角川書店)
  • The Road to World Cup2002―ワールドカップへの道1998から2002までの軌跡 金子達仁共著(2002年6月 角川書店)
  • 蹴球戦争(フットボール・ウォー)―馳星周的W杯観戦記(2002年7月 文藝春秋 / 2004年7月 文春文庫)

作品提供・監修[編集]

映画化
漫画化
  • 不夜城(作画:山本貴嗣、1998年6月、角川コミックス・エース) 
テレビゲーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]