杉本章子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉本 章子
(すぎもと あきこ)
誕生 (1953-05-28) 1953年5月28日
日本の旗 福岡県八女市
死没 (2015-12-04) 2015年12月4日(満62歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 金城学院大学大学院修士課程修了
活動期間 1979年 - 2015年
ジャンル 時代小説
デビュー作 「男の軌跡」(1979年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

杉本 章子(すぎもと あきこ、1953年5月28日[1] - 2015年12月4日)は、日本小説家

経歴・人物[編集]

福岡県八女市生まれ。ノートルダム清心女子大学国文科卒業。金城学院大学大学院修士課程修了[2]1980年、『男の軌跡』で歴史文学賞佳作入選、作家デビューを果たす[3]

1983年、第14回福岡市文学賞を受賞。1989年、『東京新大橋雨中図』で第100回直木三十五賞を受賞。1995年、第2回福岡県文化賞を受賞。2002年、『おすず―信太郎人情始末帖』で平成14年度中山義秀文学賞を受賞。時代小説を中心に執筆していた。

晩年はガンで余命宣告を受け、ホスピスで執筆を続けた[4]。2015年12月4日、乳がんで死去[4][5]。62歳没。

著作[編集]

  • 『写楽まぼろし』新人物往来社 1983 のち文春文庫
  • 『東京新大橋雨中図』新人物往来社、1988 のち文春文庫
  • 『名主の裔』文藝春秋 1989 のち文庫
  • 『妖花』新人物往来社 1990 のち文春文庫
  • 『爆弾可楽』文藝春秋 1990 のち文庫
  • 『間諜 洋妾おむら』中央公論社 1994 のち文庫、文春文庫
  • 『残映』文藝春秋 1995 のち文庫
  • 信太郎人情始末帖シリーズ 文藝春秋
『おすず』(2001)のち文庫
『狐釣り』2002 のち文庫
『水雷屯』2002 のち文庫
『きずな』2004 のち文庫
『火喰鳥』2006 のち文庫 
『その日』2007 のち文庫 
『銀河祭りの二人』2008 のち文庫
  • お狂言師歌吉うきよ暦シリーズ 講談社
『お狂言師歌吉うきよ暦』2005 のち文庫 
『大奥二人道成寺』2008 のち文庫 
『精姫様一条』2011 のち文庫
『カナリア恋唄』2016 
  • 『春告鳥 女占い十二カ月』文藝春秋、2010 のち文庫 
  • 『東京影同心』講談社 2010 のち文庫
  • 『起き姫 口入れ屋のおんな』文藝春秋 2015
共著

脚注[編集]