万城目学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
万城目 学
(まきめ まなぶ)
誕生 1976年2月27日(40歳)
日本大阪府
職業 小説家
言語 日本語
最終学歴 京都大学法学部卒業
活動期間 2006年 -
ジャンル ファンタジー小説、エッセイ
代表作 鴨川ホルモー
鹿男あをによし
主な受賞歴 第4回ボイルドエッグズ新人賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

万城目 学(まきめ まなぶ、本名同じ、1976年2月27日 - )は日本小説家大阪府出身、東京都在住。京都大学法学部[1]。『鴨川ホルモー』『プリンセス・トヨトミ』などの、実在の事物や日常の中に奇想天外な非日常性を持ち込むファンタジー小説で知られ、作風は「万城目ワールド」と呼ばれる[2][3]

略歴・人物[編集]

清風南海高等学校卒業後、1浪ののち京都大学法学部に入学。お笑い芸人のロザン宇治原史規は大学の同級生にあたり、万城目は一方的に宇治原のことを知っていたそうである。また面識は無いものの法学部の1学年上に作家の平野啓一郎がいた。

卒業後は化学繊維会社へ就職[1]、静岡の工場に配属され経理マンをしながら小説を書いていたが、26歳の時東京本社への転勤を言い渡され、残業続きで書く時間がなくなることを危惧し、辞令が出る前に退社し東京へ移る。このころの出来事を後のバベル九朔に活かす。2年で芽が出なければ社会復帰を決め投稿生活を送るも成果が出ず、資格の学校に通い再就職の準備をし始めた矢先、第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し2006年鴨川ホルモー』でデビュー。同書は『本の雑誌』で2006年エンターテインメント1位になり、2007年本屋大賞にもノミネートされた[1]。続く第2作『鹿男あをによし』は第137回直木三十五賞候補となる。2009年、『プリンセス・トヨトミ』で第141回直木賞候補。2009年度咲くやこの花賞受賞。2010年、『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』で第143回直木賞候補。2013年、『とっぴんぱらりの風太郎』で第150回直木賞候補。2014年、『悟浄出立』で第5回山田風太郎賞候補、第152回直木賞候補。

フジテレビ系列の『世にも奇妙な物語』のファンで2010年の「20周年スペシャル・秋 〜人気作家競演編〜」では原作を書き下ろし、自身もエキストラ出演をした。一番好きな話は1991年に放映した「大蒜」(主演:榊原郁恵 演出:星護)とインタビューで語っている。

デビュー以来、新人賞の主催者でもあるボイルドエッグスと作家としてのエージェント契約をしていたが[4]、2011年をもって円満独立した[2]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

小説[編集]

エッセイ(単著のみ)[編集]

  • ザ・万歩計(2008年3月 産業編集センター / 2010年7月 文春文庫)
  • ザ・万遊記(2010年4月 集英社 / 2012年5月 集英社文庫
  • ザ・万字固め(2013年2月 ミシマ社 / 2016年2月 文春文庫 30%増量版)

共著[編集]

  • ぼくらの近代建築デラックス!(2012年11月 文藝春秋 / 2015年5月 文春文庫) - 門井慶喜との共著

アンソロジー参加(単行本未収録)[編集]

「」内が万城目学の作品

  • 児玉清の「あの作家に会いたい」 児玉清著(2009年7月 PHP研究所)- 著者と対談
  • 言葉ふる森 (2010年1月 山と渓谷社)「馬上少年過」
  • スタートライン ― 始まりをめぐる19の物語 (2010年4月 幻冬舎文庫)「魔コごろし」
  • 冬の本(2012年12月 夏葉社)「どんぐり」
  • 僕が愛したMEME(ミーム)たち 小島秀夫著(2013年2月 メディアファクトリー)- 著者と対談
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2014(2014年6月 徳間文庫)「インタヴュー」
  • 時の罠(2014年7月 文春文庫)「トシ&シュン」
  • みんなの少年探偵団(2014年11月 ポプラ社)「永遠」

その他の未書籍化作品[編集]

  • 城崎裁判(2014年9月 NPO法人 本と温泉) タオル地の表紙と撥水ペーパーで作られている/兵庫県 城崎温泉でのみ限定発売

連載[編集]

  • カタコト語る、万華鏡(『ル・プチメック 公式Webサイト[5]』2016年5月 - 連載中)- エッセイ

短編・読み切り[編集]

  • 「バベル九朔」(『野性時代』2009年5月号 角川書店)
  • 「はじめの一歩」(『yom yom』vol.17 新潮社)
  • 「スーパー千代子」(『すばる』2014年1月号 集英社)
  • 「メダリストの肖像」(読売新聞関西版 2014年3月25日朝刊)
  • 「手遊び、目遊び、耳遊び」(『CREA』2016年6月号 文藝春秋) - エッセイ
  • 「当たり屋」(『yom yom』vol.41 新潮社)

メディア・ミックス[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオドラマ[編集]

コミックス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]