朝井まかて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝井 まかて
(あさい まかて)
誕生 (1959-08-15) 1959年8月15日(58歳)
日本の旗 日本大阪府羽曳野市
職業 小説家
教育 学士(文学)
最終学歴 甲南女子大学文学部国文学科卒業
活動期間 2008年 -
ジャンル 時代小説
主な受賞歴 小説現代長編新人賞奨励賞(2008年)
本屋が選ぶ時代小説大賞2013
直木三十五賞(2014年)
織田作之助賞(2014年)
中山義秀文学賞(2016年)
デビュー作 『実さえ花さえ』(2008年)
テンプレートを表示

朝井 まかて(あさい まかて、1959年8月15日[1] - )は、日本の小説家。女性。大阪府羽曳野市生まれ。甲南女子大学文学部国文学科卒業[2]。ペンネームは沖縄県出身の祖母・新里マカテの名に由来する[3]

略歴[編集]

広告制作会社でコピーライターとして勤務した後に独立[4]2006年より大阪文学学校で学ぶ。2008年、『実さえ花さえ』(応募時のタイトルは「実さえ花さえ、その葉さえ」)で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞し小説家デビューする。

2013年歌人中島歌子の生涯を描いた『恋歌(れんか)』(講談社)で、本屋が選ぶ時代小説大賞2013を受賞。2014年、同作で第150回直木三十五賞を受賞。同年、井原西鶴を主人公とした『阿蘭陀西鶴』(講談社)で第31回織田作之助賞受賞。2016年、『』(新潮社)で第22回中山義秀文学賞を受賞。

作品リスト[編集]

  • 実さえ花さえ(2008年10月 講談社
    • 【改題】花競べ 向嶋なずな屋繁盛記(2011年 講談社文庫
  • ちゃんちゃら(2010年9月 講談社 / 2012年 講談社文庫)
  • すかたん(2012年1月 講談社 / 2014年 講談社文庫)
  • 先生のお庭番(2012年8月 徳間書店 / 2014年6月 徳間文庫
  • ぬけまいる(2012年10月 講談社 / 2014年12月 講談社文庫) 
  • 恋歌(2013年8月 講談社 / 2015年10月 講談社文庫)
  • 阿蘭陀西鶴(2014年9月 講談社 / 2016年11月 講談社文庫)
  • 御松茸(おまったけ)騒動(2014年12月 徳間書店)
  • 藪医ふらここ堂(2015年8月 講談社)
  • (くらら)(2016年3月 新潮社) - 葛飾応為を描く
  • 最悪の将軍(2016年9月 集英社) - 徳川綱吉を描く
  • 残り者(2016年5月 双葉社
  • 落陽(2016年7月 祥伝社) - 明治神宮を描く
  • 銀の猫(2017年1月 文藝春秋)
  • 福袋(2017年6月 講談社)

アンソロジー[編集]

  • 決戦!忠臣蔵(2017年3月 講談社)

備考[編集]

  • 「人跡を変えた一冊」として、『生物から見た世界』(岩波文庫)を挙げている。人間や動物のものの味方、つかみ取り方を相対化する点が、小説執筆に通じることがある、という。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.440
  2. ^ 2014年4月号掲載 著者との60分 『恋歌』の朝井まかてさん
  3. ^ 直木賞作家・朝井まかてさん - 琉球新報
  4. ^ CREATOR FILE / 朝井まかて