中央公論文芸賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中央公論文芸賞
受賞対象 第一線で活躍する作家の優れたエンターテインメント文学
会場 パレスホテル東京
日本の旗 日本
授与者 中央公論新社
報酬 正賞として記念品、副賞100万円
初回 2006年
最新回 2017年
最新受賞者 森絵都
公式サイト http://www.chuko.co.jp/aword/chukou/

中央公論文芸賞(ちゅうおうこうろんぶんげいしょう)は、中央公論新社が創業120周年を記念して2006年に創設した文学賞である。受賞者には正賞として記念品、副賞100万円が授与される[1]

2001年に創設された婦人公論文芸賞を発展させた形の賞で、第一線で活躍する中堅以上の作家のエンターテインメント作品を対象としている[1][2]。また、選考各年度に各出版社から上梓された作品を対象としており、対象期間は前年7月から当年6月までとなっている。

第1回の選考会が東京都内で開かれ、2006年8月28日浅田次郎の短編集『お腹召しませ』が第1回受賞作品に決定したと発表された。第1回以来、8月下旬に選考結果が発表され、約2か月後の10月20日頃に東京都千代田区丸の内パレスホテル東京で贈呈式が行われている[注 1]。第1回から第5回までの選考委員は渡辺淳一林真理子鹿島茂の3名で、第6回から浅田次郎が加わり4名となった[3]。受賞作の選評は『婦人公論』10月22日発行号に掲載される。

受賞作一覧[編集]

回(年) 受賞・候補作 著者 初刊
第1回(2006年) 受賞 お腹召しませ 浅田次郎 2006年2月 中央公論新社
第2回(2007年) 受賞 八日目の蝉 角田光代 2007年3月 中央公論新社
第3回(2008年) 受賞 荒地の恋 ねじめ正一 2007年9月 文藝春秋
第4回(2009年) 受賞 ダブル・ファンタジー 村山由佳 2009年1月 文藝春秋
第5回(2010年) 受賞 『真昼なのに昏い部屋』 江國香織 2010年3月 講談社
第6回(2011年) 受賞 『そこへ行くな』 井上荒野 2011年6月 集英社
地のはてから』【上・下】 乃南アサ 2010年11月 講談社
第7回(2012年) 受賞 ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾 2012年3月 角川書店
第8回(2013年) 受賞 北斗 ある殺人者の回心 石田衣良 2012年10月 集英社
第9回(2014年) 受賞 『櫛挽道守』[4] 木内昇 2013年12月 集英社
第10回(2015年) 受賞 『インドクリスタル』[5] 篠田節子 2014年12月 KADOKAWA
長いお別れ[6] 中島京子 2015年5月 文藝春秋
第11回(2016年) 受賞 『罪の終わり』[7] 東山彰良 2016年5月 新潮社
第12回(2017年) 受賞 みかづき[8] 森絵都 2016年9月 集英社
第13回(2018年) 受賞 『雲上雲下』[9] 朝井まかて 2018年2月 徳間書店
第14回(2019年) 受賞 『国宝』[10] 吉田修一 2018年9月 朝日新聞出版

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第4回から第6回までの贈呈式はパレスホテル改築工事のため、丸の内の東京會舘で開かれた。

出典[編集]

  1. ^ a b “中央公論文芸賞に浅田次郎作「お腹召しませ」”. asahi.com (朝日新聞社). (2006年8月28日). オリジナルの2006年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060902092612/http://book.asahi.com/news/TKY200608280272.html 2019年8月28日閲覧。 
  2. ^ “第1回中央公論文芸賞に浅田次郎さん「お腹召しませ」”. ZAKZAK (産経デジタル). (2006年8月29日). オリジナルの2006年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060901012633/http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_08/g2006082909.html 2019年8月28日閲覧。 
  3. ^ 第6回「中央公論文芸賞」は井上荒野さんと乃南アサさんがW受賞”. 中央公論新社 (2011年8月26日). 2013年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月28日閲覧。
  4. ^ “中公文芸賞に木内昇さんの「櫛挽道守」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2014年8月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG2503Z_V20C14A8CR8000/ 2019年8月28日閲覧。 
  5. ^ “「谷崎潤一郎賞」に江國香織! 「中央公論文芸賞」は篠田節子・中島京子が受賞”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2015年8月28日). https://ddnavi.com/news/256025/a/ 2019年8月28日閲覧。 
  6. ^ “「長いお別れ」 中島京子さん : ライフ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年10月14日). オリジナルの2015年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151118231206/http://www.yomiuri.co.jp/life/book/feature/CO019411/20151006-OYT8T50207.html 2019年8月28日閲覧。 
  7. ^ “中央公論文芸賞に東山彰良さん「罪の終わり」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年8月25日). https://www.sankei.com/life/news/160825/lif1608250029-n1.html 2019年8月28日閲覧。 
  8. ^ “中公文芸賞に森絵都さん”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年8月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25HBO_V20C17A8000000/ 2019年8月28日閲覧。 
  9. ^ 第13回「中央公論文芸賞」は、朝井まかてさんの『雲上雲下 (うんじょううんげ)』”. 中央公論新社 (2018年8月29日). 2019年8月28日閲覧。
  10. ^ “中公文芸賞に吉田さん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年8月23日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14149237.html 2019年8月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]