八日目の蟬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八日目の蝉から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
八日目の蟬
著者 角田光代
発行日 2007年3月25日
発行元 中央公論新社
ジャンル 長編小説
サスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 352
公式サイト www.chuko.co.jp
コード ISBN 978-4-12-003816-7
ISBN 978-4-12-205425-7文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

八日目の蟬』(ようかめのせみ)は、角田光代による日本小説読売新聞夕刊にて2005年平成17年)11月21日から2006年(平成18年)7月24日まで連載、中央公論新社より2007年(平成19年)3月25日に刊行された。「母性」をテーマに、不倫相手の女児を誘拐した女性の逃亡劇と誘拐された少女の成長後を描く。第2回中央公論文芸賞受賞作。

2010年(平成22年)にNHK総合テレビにてテレビドラマ化(後述)、2011年(平成23年)に松竹配給映画化(後述)された。

概要[編集]

「母性」をテーマにした作品。不倫相手の子供を誘拐した女・希和子の3年半の逃亡劇と、事件後、大人になった子供・恵理菜の葛藤を描く2章(プロローグである第0章を入れると3章)から構成される。サスペンス調だが、出生、愛情、家族などの日常的な要素が、独特の切り口で描かれる。

あらすじ[編集]

第0章
秋山丈博の愛人であった野々宮希和子は秋山宅に侵入していた。眠っていた赤ん坊(秋山恵理菜)を一目見るためだったが、赤ん坊が笑いかけたのを見て衝動的に誘拐する[1]
第1章
希和子は「薫」と名づけた赤ん坊とともに逃亡を始め、まず事情を知らない親友の手を借りた。その後、立ち退きを迫られている女の家での滞在や、偶然に遭遇した女性だけで共同生活を送る「エンジェルホーム」に所持金をすべて手放して入所。さらにエンジェルホームで出会った共同生活者の手助けを得て、小豆島に逃亡し、安心感を得た生活を送ったものの、1枚の写真がきっかけで希和子は逮捕された[2]
第2章
成人した恵理菜は、妻子持ちの岸田と付き合う中で希和子と同様に妊娠し、岸田は丈博同様頼りにならなかったが、「緑のきれいなころ」という言葉から、自分の判断を下した。また、恵理菜の前に、かつてエンジェルホームにいたという安藤千草が登場した。最後は瀬戸内海の場面と「仮の親子」の運命に関する描写である[3]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

野々宮 希和子(ののみや きわこ) / 宮田 京子(みやた きょうこ) / ルツ
1955年、小田原市生まれ。大手下着メーカーK社に就職。のちに不倫と知るも相手の言葉に乗り、同僚の秋山丈博と付き合いを始めた[4]。丈博の子供を堕胎した経験があり、その結果、子宮内が癒着し子供が産めない体になっている。恵津子になじられた言葉が未だに心の傷となっている。恵理菜を一目見るだけだった筈が衝動的に連れ去り[5]、「薫」と名づける。これが元で誘拐犯として追われる身となり、潜伏先を転々としながらエンジェルホームに逃げ込む。そこでも自分達の娘や妻を奪い返そうと息巻く家族団体からの抗議に巻き込まれる中、警察の介入を恐れて再び逃亡を計画。久美の協力を得て小豆島へと逃亡した[6]。久美の母・昌江の下で偽名(宮田京子)を使い働きながら[7]、愛情もって薫を育てていたが、既に指名手配犯となっており、小豆島の行事で自身の写ったアマチュアカメラマンの写真が全国版の新聞に載ったことがきっかけとなり、最終的に警察に逮捕された[8]
秋山 恵理菜(あきやま えりな) / 宮田 薫(みやた かおる) / リベカ
1984年8月19日生まれ[9]。薫としては7月30日生まれ[10]。大学生。生後6か月で希和子に連れ去られ、彼女の娘・薫として育てられたが、4歳の時に希和子は逮捕され、家族のもと(秋山家)に戻る。しかし、このことが大々的に報じられ、世間からの好奇の目にさらされてしまったため、誰ともなじめない日々を過ごしていた。実の親との関係もぎくしゃくし、親の反対を押し切って独り暮らしをしている。18年前の出来事を客観的にみているものの、実は自分が何なのかもわからないでいる。岸田と不倫関係にあり、岸田の子を妊娠。希和子と同様の道を歩んでしまっている[11]。18年ぶりに千草と再会し、次第に彼女に心を許す中で、失った自分を取り戻していく。

恵理菜の近親者[編集]

秋山 丈博(あきやま たけひろ)
1951年、長野県生まれ。恵理菜の父親。不倫中は希和子に妻との離婚をよく口にするようになり、希和子は丈博との将来を現実的に考えるようになる[4]。しかし妊娠を告げた希和子に、離婚の計画が台無しになるとして堕胎を説得する[5]。事件解決後、誘拐事件に対して無関心を装い住居や職を転々とした。原因が自分にあると指摘されるのを心底恐れていたためである[11]
秋山 恵津子(あきやま えつこ)
1953年生まれ。恵理菜の母親[4]。ヒステリックな一面を持ち、夫の不倫相手だった希和子を罵倒する。誘拐事件当時は別れた男友達がおり、事件発生直後に男友達を疑ったために誘拐事件の初動捜査が狂い、希和子が逃亡できた原因を作った[5]。戻ってきた恵理菜にどう接してよいのか分からず、不器用な愛情を与えたことが原因で、恵理菜を苦しめる存在となっている[11]
秋山 真理菜(あきやま まりな)
1985年生まれ。恵理菜の妹。今でこそ恵理菜が唯一緊張せずに話し合える仲だが、戻ってきた当初は彼女を避けていた。
岸田
恵理菜の不倫相手。恵理菜が事務のアルバイトで勤務した塾の講師[12]

逃亡生活の中で出会った人々[編集]

仁川 康枝(にがわ やすえ)
希和子学生時代の同級生。希和子の不倫関係の相談に乗っていた親友。事情も知らずに一時的に希和子を住まわせる[5]
中村 とみ子(なかむら とみこ)
康枝宅を出て、最初に逃げ込んだ家の住人。家からの立ち退きを迫られているが、周囲とのかかわりを一切絶ち、要請にも応じなかった。演歌を大音量で流している[13]
安藤 千草(あんどう ちぐさ) / マロン
1976年頃生まれ[14]。エンジェルホームではマロンと呼ばれ、リベカ(薫)とよく遊んでいた。フリーライターとしてエンジェルホームの問題や恵理菜の事件を取材し、これまでは自費出版であるが、今度は正式に出版社から本を出そうとしている[15]。エンジェルホームにいたことが原因で、いじめを受けたりして、本人いわく、現在は「母親のすねをかじって」いる[16]。男性経験がないことをコンプレックスに感じている[17]。後半、物語が大きく動くきっかけとなる存在。
沢田 久美(さわだ くみ) / エステル
1957年生まれ。夫の不倫が原因で離婚した後、裁判で子供の親権も奪われたことに絶望し、エンジェルホームにやってくる。のちにルツ(希和子)に自分の母親の住所を教え、希和子の逃亡を手助けした[7]
沢田 昌江(さわだ まさえ)
久美の母親。小豆島で素麺屋を営む。久美が離婚した後、突き放すような言い方をしてしまい、それによって久美が姿を消したと思い心配している。希和子が久美の事を知っていて、自分を頼る様に言付かっていた事から希和子を受け入れて自分の素麺屋で働かせるが、彼女が指名手配されていることを知らなかった[7]

エンジェルホーム[編集]

ボランティア団体を自称し、現世において具現化された楽園としているが、実態は家族や夫らに理不尽な仕打ちをされたり、見放されるなどの複雑な事情を抱えてやって来た女性たちで構成されている。ここではこの楽園を世間にえることを奉仕として行っており、雑誌などの持ち込みは一切禁じられている。「スタディ」という名の研修を行い、その後の面談を経てホームメンバーの可否が決められる。このとき、持っている財産をすべて手放さなければならないという誓約を交わす。メンバーは俗世で「ワーク」という名の労働を行う[18]

エンゼル / 長谷川 ナオミ(はせがわ ナオミ)
エンジェルホームの代表。希和子の正体を知ったのは受け入れ後と主張したが、犯人隠匿罪で有罪判決を受けた[19]
田辺 エレミア(たなべ エレミア) & 諸橋 サライ(もろはし サライ)
エンジェルホームの指導係(マザー)。

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

八日目の蝉
ジャンル テレビドラマ
原作 角田光代
脚本 浅野妙子
演出 佐々木章光
藤尾隆(テレパック)
出演者 檀れい
北乃きい
音楽 渡辺俊幸
エンディング 城南海童神〜私の宝物〜
製作
制作統括 大加章雅
黒沢淳(テレパック)
製作 NHK
テレパック
放送
放送チャンネルNHK総合
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2010年3月30日 - 5月4日
放送時間火曜日22:00 - 22:43
放送枠ドラマ10
放送分43分
回数6
公式サイト

特記事項:
最終回3分拡大(22:00 - 22:46)
テンプレートを表示

NHK総合の「ドラマ10」枠にて2010年3月30日から5月4日まで放送された。連続6回。

これまで火曜22時台で放送してきた『プロフェッショナル 仕事の流儀』が半年間休止されることに伴い、空いたこの時間に「ドラマ10」が新たに設けられることになった(復枠した)。本作はこの第1作となり、主演を務める檀れいの初主演作でもある[20][21]。本作以後、『ドラマ10』で放送される番組はレターボックス16:9で放送されている。

2010年(平成22年)10月29日、第27回 ATP賞テレビグランプリ2010にて、同作品はグランプリを受賞した[22]

キャスト(テレビドラマ)[編集]

主要人物
  • 野々宮希和子(宮田京子 / ルツ) - 檀れい
  • 秋山恵理菜(=薫) - 北乃きい
  • 薫(中学生時) - 勝沼美紅
  • 薫(幼少時の恵理菜) - 小林星蘭
  • 薫(2歳時) - 篠川桃音
  • 秋山恵理菜(=薫)(6ヶ月) - 奥村夏帆
  • 秋山丈博 - 津田寛治
  • 秋山恵津子(丈博の妻) - 板谷由夏
東京の人たち
小田原の人
名古屋の人たち
  • 中村とみ子(ごみ屋敷の謎の女) - 倍賞美津子
  • 島本弁護士(とみ子に立ち退きを迫る弁護士) - 松永玲子
岐阜の人たち
小豆島の人たち

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

撮影地(テレビドラマ)[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 3月30日 逃亡 佐々木章光 8.2%
第2回 4月06日 エンジェルの家 6.2%
第3回 4月13日 悲しき女たち 藤尾隆 7.4%
第4回 4月20日 8.4%
第5回 4月27日 光の島 7.2%
最終回 5月04日 奇跡 佐々木章光 9.3%
平均視聴率 7.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

関連商品[編集]

サウンドトラック
  • 渡辺俊幸『八日目の蝉 オリジナルサウンドトラック』(2010年4月21日配信、NHK出版

原作との主な相違点[編集]

  • 中村とみ子がゴミ屋敷の住人の設定(原作では立ち退きを迫られた住人ではあるがゴミ屋敷ではない)。
  • エンジェルホームでの騒動時に報道カメラに希和子が収まってしまったため、丈博に居場所がバレてしまうエピソードを追加。なお、原作での或る祭りの際に撮られた写真が佳作として新聞に載ったためという設定はそれはそれで残っている。
  • ドラマオリジナルで篠原文治が登場する(原作の役所職員・大木戸一に該当)。
  • 小豆島で久美と再会する(原作では再会できないまま希和子が逮捕される)。
  • 仁川康枝が小田原に住んでいる(原作では本八幡)。
  • 真理菜が登場しない(原作では真理菜と対面するのは、恵理菜(薫)が元の家族に戻った時)。

ソフト化(テレビドラマ)[編集]

NHK ドラマ10
前番組 番組名 次番組
枠設立前につき無し
八日目の蝉
(2010.3.30 - 2010.5.4)
離婚同居
(2010.5.18 - 2010.6.15)
NHK総合 火曜22時台
八日目の蝉
【ここから「ドラマ10」枠】
離婚同居

映画[編集]

八日目の蟬
監督 成島出
脚本 奥寺佐渡子
原作 角田光代
製作総指揮 佐藤直樹[要曖昧さ回避]
出演者 井上真央
永作博美
音楽 安川午朗
主題歌 中島美嘉Dear
撮影 藤澤順一
編集 三條知生
製作会社 「八日目の蟬」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2011年4月29日
上映時間 147分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.4億円[23]
テンプレートを表示

成島出監督、奥寺佐渡子脚本[24]で映画化され、2011年(平成23年)4月29日から全国公開。主演は井上真央

全国224スクリーンで公開され、2011年(平成23年)4月30、5月1日の土日2日間で興収1億5,557万900円、動員14万2,990人、初日3日間で興収が2億2,125万4,000円、動員が19万6,130人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった[25]第35回日本アカデミー賞では10冠を獲得した[26]

キャッチフレーズ[編集]

  • どしゃぶりの雨の中で起きた誘拐事件。犯人は父の愛人。連れ去られたのは、私。私はその人を、本当の「母」だと信じて生きてきた。

キャッチコピー[編集]

  • 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。
  • なぜ、誘拐したの?なぜ、私だったの?

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

撮影地(映画)[編集]

受賞[編集]

  • 第36回報知映画賞・作品賞 / 主演女優賞(永作博美)[27]
  • 2012年エランドール賞 プロデューサー賞 - 有重陽一(日活)[28]
  • 第85回キネマ旬報ベスト・テン・主演女優賞(永作博美) / 助演女優賞(小池栄子)
  • 第66回毎日映画コンクール・女優助演賞(永作博美)
  • 第54回ブルーリボン賞・主演女優賞(永作博美)
  • 第35回日本アカデミー賞・最優秀作品賞・最優秀監督賞(成島出)・最優秀主演女優賞(井上真央)・最優秀助演女優賞(永作博美)・最優秀脚本賞・最優秀音楽賞・最優秀撮影賞・最優秀照明賞・最優秀録音賞・最優秀編集賞
  • 第3回日本シアタースタッフ映画祭 主演女優賞(井上真央)
  • 第35回山路ふみ子映画賞 新人賞(井上真央)
  • 第3回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(井上真央)主演女優賞(永作博美)
  • 第24回日刊スポーツ映画大賞 新人賞(井上真央)
  • 第21回日本映画批評家大賞 監督賞(成島出)

原作と映画版の違い[編集]

あらすじ

逮捕され、裁判を受ける希和子。4年前に希和子が犯した誘拐事件が語られる。希和子は、不倫相手の妻が産んだ赤ん坊を衝動的に誘拐したのだ。

同時進行で語られる21歳の恵理菜の物語。恵理菜は一人暮らしの大学生だが、不倫の子を身ごもっていた。そんな恵理菜の前にルポライターと名乗り現れる千草。恵理菜は、21年前に誘拐された赤ん坊だったのだ。保護された後、実の両親に馴染めなかった恵理菜の辛い記憶と、誘拐中の逃避行が交互に語られて行く。

実は幼なじみだと打ち明ける千草。千草は、希和子が逃亡中に身を寄せた「エンジェルホーム」で、恵理菜の遊び相手だったのだ。「薫」と呼ばれていた希和子との生活を追想する恵理菜。希和子は恵理菜を誘拐した犯人だが、母としての愛に溢れていたのだ。

不倫相手に別れを告げ、千草と共に小豆島を訪れる恵理菜。そこは、恵理菜にとって幸せの記憶に満ちた場所だった。心の空白が埋められて行く恵理菜。両親や過去へのわだかまりも解け、恵理菜はお腹の子を慈しみ育てることを誓うのだった。

描かれていない話
  • 最初の逃亡先である名古屋で匿ってくれた中村とみ子との交流。
  • 一人っ子という設定。恵理菜の妹・真理菜の存在は無しにされている。
  • 誘拐時、希和子の放火未遂容疑もしくは出火過失の有無。
  • 小豆島に逃亡した当初、ラブホテルでの住み込み勤務。
  • 小豆島で、実質的にお見合いした役場の職員、大木戸一(はじめ)との交流。
  • 物語の終盤、新岡山港における希和子と恵理菜の互いの相手を認識しないすれ違い。
設定の変更
  • 恵理菜と千草が再訪した時点のエンジェルホームは運営されているが、映画では廃虚化。
  • 原作では恵理菜と千草が小豆島に渡った直後で終わるが、映画では実際に島を巡り過去を辿る。
細かな違い
  • 誘拐現場 - 日野市内のアパート → 平塚市内の一軒家
  • 逮捕現場 - 草壁港(高松ゆきフェリーのりば) → 福田港(姫路ゆきフェリーのりば)

ソフト化(映画)[編集]

2011年10月28日発売。発売・販売元はアミューズソフトエンタテインメント。

  • 八日目の蟬 通常版(DVD1枚組)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編
  • 八日目の蟬 特別版(本編ディスク+特典DVDの2枚組、ブルーレイとDVDでリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング・ドキュメンタリー 女たちが生きた「八日目の蟬」
      • イベント映像集
      • 未公開シーン集
    • 封入特典
      • 【原作】角田光代×【監督】成島出 スペシャル対談 特製ブックレット(16P)
    • 特製アウターケース付き

テレビ放送[編集]

回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率
1 日本テレビ 金曜ロードSHOW! 2012年6月22日 21:00 - 23:14 134分 12.6%
2016年2月26日 21:00 - 22:54 114分 9.0%
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文庫本(解説)374頁
  2. ^ 文庫本(解説)372頁 - 373頁
  3. ^ 文庫本(解説)374頁 - 376頁
  4. ^ a b c 文庫本237頁 - 240頁
  5. ^ a b c d 文庫本256頁 - 260頁、284頁 - 289頁
  6. ^ 文庫本148頁 - 158頁
  7. ^ a b c 文庫本190頁、326頁 - 328頁
  8. ^ 文庫本344頁 - 346頁
  9. ^ 文庫本256頁 - 260頁
  10. ^ 文庫本30頁 - 31頁、129頁
  11. ^ a b c 文庫本260頁 - 275頁
  12. ^ 文庫本231頁 - 232頁
  13. ^ 文庫本76頁 - 80頁
  14. ^ 文庫本129頁
  15. ^ 文庫本222頁 - 226頁、235頁
  16. ^ 文庫本240頁 - 242頁、235頁、281頁
  17. ^ 文庫本330頁 - 343頁
  18. ^ 文庫本113頁 - 123頁
  19. ^ 文庫本303頁 - 305頁
  20. ^ 檀れいがNHK『八日目の蝉』で連ドラ初主演!「とくに女性に見ていただきたい作品」TV LIFE WEB、2010年2月23日記事)
  21. ^ 檀れい「八日目の蝉」撮影始まる 連続ドラマ初主演西日本新聞、2010年2月19日記事)
  22. ^ 「第27回 ATP賞テレビグランプリ2010」受賞作品社団法人 全日本テレビ番組製作社連盟公式ページより)
  23. ^ 2011年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  24. ^ 井上真央、未婚の妊婦役で新境地 「八日目の蝉」に主演
  25. ^ GW突入、興行界も好調の中『コナン』が『GANTZ』から首位奪還!『八日目の蝉』『豆富小僧』もランクイン!シネマトゥデイ 2011年5月4日
  26. ^ 八日目の蟬が作品賞など10部門で最優秀賞を受賞!
  27. ^ “「八日目の蝉」に作品賞…報知映画賞”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年11月29日). オリジナルの2011年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111202153930/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111129-OYT1T00075.htm 2011年11月29日閲覧。 
  28. ^ 2012年エランドール賞 日本映画テレビプロデューサー協会、2012年1月26日参照。

関連項目[編集]

キネマの庵」館内
  • 二十四の瞳映画村 - 村内の施設キネマの庵で「映画『八日目の蝉』小豆島展」を常設する。

外部リンク[編集]