この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

桜木紫乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桜木 紫乃
(さくらぎ しの)
ペンネーム 金澤 伊代
誕生 (1965-04-19) 1965年4月19日(52歳)
日本の旗 北海道釧路市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 北海道釧路東高等学校卒業
活動期間 2007年 -
ジャンル 小説
代表作 『ラブレス』
『ホテルローヤル』
主な受賞歴 オール讀物新人賞(2002年)
島清恋愛文学賞(2013年)
直木三十五賞(2013年)
デビュー作 『氷平線』
配偶者 あり
子供 2人
テンプレートを表示

桜木 紫乃(さくらぎ しの、1965年4月19日[1] - )は、日本小説家詩人北海道釧路市生まれ[2]江別市在住[2]

経歴・人物

釧路市立北中学校卒業[3]北海道釧路東高等学校卒業[3]。中学生の時に原田康子の『挽歌』に出会い文学に目覚める。高校時代は文芸クラブに所属。高校卒業後、裁判所タイピストとして勤めたが、24歳で結婚して退職し、専業主婦となる[4]。夫の転勤に従って釧路市、網走市留萌市などに住む。27歳で男児を出産[4]。2人目の子供(女児)を出産直後に小説を書き始め[4]、原田康子も所属した文芸誌「北海文学」の同人として活動。2007年に『氷平線』で単行本デビュー。

金澤 伊代名義で詩人としても活動しており、詩集も刊行している。

ゴールデンボンバーのファンとしても知られており、直木三十五賞受賞の記者会見では鬼龍院翔が愛用しているタミヤロゴ入りTシャツを着用したほど[5]。のちにラジオ「鬼龍院翔のオールナイトニッポン」で鬼龍院翔とは初対面も果たした[5]ストリップのファンでもあり、札幌道頓堀劇場に通っていた[6]

2013年9月25日、釧路市観光大使に任命される[2]

作風

作品のほとんどは北海道、特に釧路市近辺を舞台としている。「新官能派」のキャッチコピーでデビューした性愛文学の代表的作家であるが、人間の本能的な行為としての悲哀という描き方であり、過激さは低い。実家は理容室であったが、15歳のときに父親が釧路町に「ホテルローヤル」というラブホテルを開業し、部屋の掃除などで家業を手伝っていたという経験が性愛への冷めた視点を形成したという[7]。代表作『ホテルローヤル』をはじめ、いくつかの作品に同名のラブホテルが登場する。

文学賞受賞・候補歴

作品

  • 氷平線(2007年11月 文藝春秋 / 2012年4月 文春文庫
    • 収録作品:雪虫 / 霧繭 / 夏の稜線 / 海に帰る / 氷の棺 / 氷平線
  • 風葬(2008年10月 文藝春秋)
  • 凍原(2009年10月 小学館 / 2012年6月 小学館文庫)
  • 恋肌(2009年12月 角川書店
    • 収録作品:恋肌 / 海へ / プリズム / フィナーレ / 絹日和 / 根無草
  • 硝子の葦(2010年9月 新潮社
  • ラブレス(2011年8月 新潮社 / 2013年12月 新潮文庫)
  • ワン・モア(2011年11月 角川書店)
  • 起終点駅(ターミナル)(2012年4月 小学館)
    • 収録作品:かたちのないもの / 海鳥の行方 / 起終点駅 / スクラップ・ロード / たたかいにやぶれて咲けよ / 潮風の家
  • ホテルローヤル(2013年1月 集英社
  • 誰もいない夜に咲く(2013年1月 角川文庫
    • 収録作品:波に咲く / 海へ / プリズム / フィナーレ / 風の女 / 絹日和 / 根無草
  • 無垢の領域(2013年7月 新潮社)
  • 蛇行する月(2013年10月 双葉社
  • 星々たち(2014年6月 実業之日本社
    • 収録作品:ひとりワルツ / 渚のひと / 隠れ家 / 月見坂 / トリコロール / 逃げてきました / 冬向日葵 / 案山子 / やや子
  • ブルース(2014年12月 文藝春秋)
  • それを愛とは呼ばず(2015年3月 幻冬舎
  • 氷の轍(2016年9月 小学館

金澤伊代名義

  • 海のかたち(1998年8月 緑鯨社)
  • 雨の檻(2000年2月 私家版)
  • 午後の天気図(2000年7月 IYO・ROOM)

映像化作品

テレビドラマ

映画

出演

テレビ番組

ラジオ番組

脚注

外部リンク