起終点駅 ターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

起終点駅 ターミナル』は、桜木紫乃による2012年刊行の小説短編集であり、その表題作である。釧路市ほか北海道を舞台とする。表題作は2015年に映画化された。

収録作[編集]

  • かたちないもの
  • 海鳥の行方
  • 起終点駅(ターミナル)
  • スクラップ・ロード
  • たたかいにやぶれて咲けよ
  • 潮風(かぜ)の家

書誌情報[編集]

映画[編集]

起終点駅 ターミナル
Shinohara Tetsuo, Sato Koichi, Honda Tsubasa, Robert Zemeckis & Jack Rapke at Opening Ceremony of the 28th Tokyo International Film Festival (21834328234).jpg
第28回東京国際映画祭にてキャスト・スタッフほか
監督 篠原哲雄
脚本 長谷川康夫
原作 桜木紫乃
出演者 佐藤浩市
本田翼
尾野真千子
音楽 小林武史
主題歌 My Little Loverターミナル
配給 東映
公開 日本の旗2015年11月7日
上映時間 111分
製作国 日本の旗
言語 日本語
テンプレートを表示

起終点駅 ターミナル』は、2015年11月7日公開の日本映画である。監督は篠原哲雄。映画化に伴い大幅に脚色されている。北海道釧路市を舞台とする。

第28回東京国際映画祭のクロージング作品である[1]

かつて愛した女性を死なせた罪を背負い、国選弁護のみを引き受けながらひっそりと暮らす鷲田と、弁護を通じ出会う椎名を描く作品。作中では詳細に言及されない椎名の生い立ち等を収録した「本田翼 in 『起終点駅 ターミナル』」が公開前の9月に発売されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]