村上元三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村上 元三
誕生 (1910-03-14) 1910年3月14日
日本の旗 朝鮮 江原道元山
死没 (2006-04-03) 2006年4月3日(96歳没)
日本の旗 日本 東京都世田谷区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 青山学院中等部
活動期間 1934年 - 2006年
ジャンル 大衆文学
代表作 源義経
主な受賞歴 直木賞(1941年)
デビュー作 『利根の川霧』
テンプレートを表示

村上 元三 (むらかみ げんぞう、1910年3月14日 - 2006年4月3日) は、日本小説家

経歴・人物[編集]

朝鮮半島江原道元山生まれ。青山学院中等部卒。

1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー。浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書いているうち、梅沢の紹介で小説家・劇作家の長谷川伸を知り、師事する。

1941年には長谷川主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、『上総風土記』で直木賞受賞。

戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。大衆文学復興の旗手となる。北方もの、人物評伝もの、伝奇もの、海洋冒険もの、芸道もの、股旅もの、お家騒動ものと、多彩な作品を執筆した。代表作に『水戸黄門』『勝海舟』『次郎長三国志』などがある。

1954年下半期から1989年下半期まで、30年以上の長きにわたり直木賞の選考委員を務めた。2015年現在、最長在任記録となっている。

1966年NHK大河ドラマとして放映された『源義経』では自ら脚本も担当している[1]

2006年4月3日、心不全のため東京都世田谷区病院で死去[2]。96歳没。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

著作[編集]

  • 『先駆者の旗』春陽堂 1940
  • 『上総風土記』新小説社 1941 のち春陽文庫 
  • 『緋鹿乃子捕物草紙』杉山書店 1941 
  • 『北海に叫ぶ』博文館 1941 
  • 『人情江戸八景』八紘社杉山書店 1942 
  • 『花火』湯川弘文社 1942 
  • 『抜刀隊の歌』東光堂 1942 
  • 『高下駄兵法』六芸社 1943 
  • 『日月帖』輝文堂書房 1944
  • 『南蛮屏風』東亜文化書房 1944
  • 『でんでこ拳』静書房 1946 
  • 『花の絵便り』凡人社・小説文庫 1946
  • 『恋猫直次郎』土佐書房 1948
  • 『神変妖奇白馬の小夜姫』偕成社 1948 
  • 『ひぶんえぞにしき』鷺ノ宮書房 1949
  • 『北海伝奇城』矢貴書店 1949
  • 『愛憎変化雛』矢貴書店 1950 新作時代長篇名作選集
  • 『佐々木小次郎』朝日新聞社 1950-51 のち新潮文庫、講談社文庫  
  • 『神変稲妻童子』ポプラ社 1950
  • 『夜叉頭巾 お吟捕物秘帖』文芸図書出版社 1950
  • 『阿片浪人』湊書房 1951
  • 『お祭伊太郎』新小説社 1951
  • 『加賀騒動』毎日新聞社 1951 のち光文社文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『河童将軍』新小説社 1951
  • 『颶風の門』春陽文庫 1951
  • 『新選組』湊書房 1951-52 のち春陽文庫、新潮文庫、富士見書房時代小説文庫、学陽書房人物文庫    
  • 『捕物そばや』春陽文庫 1951 「加田三七捕物そば屋」徳間文庫
  • 『鼠小僧恋八景』新小説社 1951
  • 『緋鹿子捕物草紙』新小説社 1951
  • 『風流あじろ笠』文芸図書出版社 1951 のち春陽文庫、徳間文庫  
  • 『北斗の鐘』東方社 1951
  • 『明治水滸伝』東方社 1951
  • 『江戸いろは祭』文芸図書出版社 1952 時代小説新作全集
  • 『疾風からす隊』偕成社 1952 
  • 『随筆・佐々木小次郎』朝日新聞社 1952
  • 『月夜囃子』彩光社 1952
  • 『天馬往来』毎日新聞社 1952 『高杉晋作』桃源社 『天馬往来 高杉晋作』徳間文庫、「維新回天高杉晋作」学陽書房人物文庫 
  • 道元禅師』啓明社 1952
  • 『風雲隼隊』偕成社 1952 
  • 『風雪おんな草』文芸図書出版社 1952
  • 『源義経』朝日新聞社 1952-55 のち講談社文庫、学陽書房人物文庫  
  • 岩見重太郎』豊文社 1953
  • 『喧嘩笠』文芸図書 1953
  • 『次郎長三国志』文芸春秋新社 1953 のち春陽文庫、文春文庫、角川文庫   
  • 『千姫』主婦之友社 1953 のち徳間文庫 
  • 『伝奇めおと雛』東京文芸社 1953
  • 『南海まぼろし船』偕成社 1953 
  • 『白面公子』文芸図書出版社 1953-54 (松平長七郎) 
  • 『慶安水滸伝』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『春風数え唄』同光社 1954 時代小説名作全集
  • 『日月新たなり』桃源社 1954
  • 『忠治祭』東京文芸社 1954
  • 『鎮西八郎』産業経済新聞社 1954 「鎮西八郎為朝」徳間文庫 
  • 『白馬の密使』偕成社 1954 
  • 『北溟まぼろし城』偕成社 1954 
  • 『村上元三文庫』全9 大日本雄弁会講談社 1954
  • 『八州遊侠伝』東京文芸社 1955 人気作家小説全集
  • 『戦国まぼろし城』ます美書房・あり文庫 1955
  • 『天保六道銭』文芸春秋新社 1955 のち春陽文庫、徳間文庫  
  • 『雛の盃』宝文館 ラジオ・ドラマ新書 1955
  • 『猿と放下師』同光社 1956 大衆小説名作選
  • 『千両鯉』東京文芸社 1956 のち徳間文庫 
  • 『花頭巾』桃源社 1956
  • 『花火の港』同光社 1956 長篇時代小説全集
  • 『松平長七郎旅日記』同光社 1956 のち光文社文庫 
  • 『浪人無双』東京文芸社 1956
  • 『東男京女』東方社 1957
  • 『江戸の小鼠たち』大日本雄弁会講談社 1957
  • 『平賀源内』東京文芸社 1957 のち光文社文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『水戸黄門』毎日新聞社 1957-62 のち講談社文庫    
  • 『浪人囃子』桃源社 1957
  • 『加藤清正』東京文芸社 1958-61 のち学陽書房人物文庫 
  • 『三界飛脚』新潮社 1958-59 のち徳間文庫 
  • 『雑兵物語』春陽堂書店 1958
  • 『八幡船』東京文芸社 1958
  • 『風流剣士』桃源社 1958 
  • 『大坂城物語』光文社 1959 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『真田十勇士』桃源社 1959 のち徳間文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『風流さんど笠』桃源社 1960-61 
  • 『野狐笛』東京文芸社 1960
  • 『大久保彦左衛門』中央公論社 1961 のち文庫 
  • 『遊侠そろばん縞』桃源社 1961
  • 『十二支館』新潮社 1963
  • 『南総里見八犬伝』滝沢馬琴原作 小学館・少年少女世界名作文学全集 1963
  • 『岩崎弥太郎』朝日新聞社 1964 のち学陽書房人物文庫 
  • 『からす天狗』桃源社 1964 のち徳間文庫 
  • 『戦国一切経』中央公論社 1964 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『修羅太鼓』桃源社 1965
  • 『天の火柱』講談社 1965
  • 『四百字三十年』番町書房 1966
  • 『阿呆丸伝八』読売新聞社 1966
  • 『顔のない侍』東京文芸社 1966 のち徳間文庫 
  • 『花雪の曲』東京文芸社 1966
  • 『長太郎合羽』東京文芸社 1966
  • 『村上元三選集』全6 徳間書店 1966
  • 『落椿抄 忠臣蔵表裏』人物往来社 1967 『新本忠臣蔵』文春文庫
  • 『海を飛ぶ鷹』東京文芸社 1968 のち徳間文庫 
  • 『水滸伝 中国古典』ポプラ社世界の名作 1968
  • 『足利尊氏』学習研究社 1969 のち徳間文庫 
  • 『勝海舟』学習研究社 1969 のち徳間文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『陣幕つむじ風』東京文芸社 1969
  • 『平清盛』学習研究社 1970 のち徳間文庫 
  • 『八丁堀同心加田三七』東京文芸社 1970 のち徳間文庫、学陽書房人物文庫「加田三七捕物帳」 
  • 『水戸光圀』学習研究所 1970-71 のち学陽書房人物文庫 
  • 『江戸の遊女』東京文芸社 1971
  • 『白い風の道』講談社 1971
  • 『平家物語 歴史対談』中村直勝共著 講談社 1971
  • 『鮎の長太郎』東京文芸社 1973
  • 『薄墨の中納言』東京文芸社 1973
  • 『歴史の旅』東京美術 1973
  • 『江戸雑記帳』中央公論社 1974 のち文庫 
  • 『五彩の図絵』朝日新聞社 1974 のち中公文庫 
  • 『虹の女』おりじん書房 1974 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『流雲の賦』中央公論社 1975
  • 『歴史は生きている』ゆまにて 1976
  • 『史実と巷談』東京書籍・東書選書 1977
  • 『戦国風流』PHP研究所 1978 「戦国風流 乱世の異端児・前田慶次郎の生涯」文庫、学陽書房人物文庫 
  • 『起き上り小法師』東京文芸社 1979
  • 『六本木随筆』中公文庫 1980 
  • 『切られお富』中央公論社 1981 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『日本の祭り 歴史探訪』あずさ書房 1981
  • 『歴史つれづれ草 炉辺物語』あずさ書房 1981
  • 『仙石騒動』東京文芸社 1982 のち光文社文庫 
  • 『随想 歴史の裏ばなし』あずさ書房 1982
  • 『元三雑記帳』青蛙房 1984
  • 『田沼意次』毎日新聞社 1985 のち講談社文庫 
  • 『牡丹亭お遊』毎日新聞社 1986
  • 『松平長七郎旅日記』光文社文庫 1987 富士見書房時代小説文庫、学陽書房人物文庫 
  • 『ある侍の生涯』毎日新聞社 1988
  • 『江戸と東京 いろはにほへと』毎日新聞社 1988
  • 『浜田騒動』光文社文庫 1988
  • 上杉謙信とその一族』世界文化社 1989
  • 『まぼろし御殿』毎日新聞社 1990
  • 『紙の降る城』毎日新聞社 1992
  • 『藤堂高虎』徳間文庫 1992 のち学陽書房人物文庫 
  • 『奥州争乱』広済堂文庫 1993 
  • 『思い出の時代作家たち』文芸春秋 1995
  • 『村上元三短篇館』全4巻 毎日新聞社 1995 

脚注[編集]

  1. ^ 源義経(1)「鞍馬の火祭」 NHKアーカイブス
  2. ^ “村上元三氏死去…「次郎長三国志」「佐々木小次郎」”. 夕刊フジ. 株式会社 産経デジタル(産業経済新聞社). (2006年4月4日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_04/g2006040415.html 2016年10月28日閲覧。 

関連項目[編集]