神吉拓郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

神吉 拓郎(かんき たくろう、1928年(昭和3年)9月11日 - 1994年(平成6年)6月28日)は、日本の放送作家、小説家俳人随筆家。日本文芸家協会、日本放送作家協会、各会員[1]

東京府(現:東京都)麻布出身[2]。父は英文学者神吉三郎麻布中学成城高等学校文科卒業。

1949年NHKに入り、トリローグループの一人として「日曜娯楽版」などの放送台本を執筆[3]。傍ら、雑誌のコラム、雑文、短篇小説などを手がける[4]。1968年放送の世界から引退、以後小説、エッセイに転じ、都会生活の哀愁を見事に描いた作品「私生活」によって、1984年第90回直木賞受賞[5]

東京やなぎ句会にも参加し、俳号は「拓郎」、「尊鬼」。

経歴[編集]

著作[編集]

  • 『男性諸君』(三一書房、1971年)のち文春文庫
  • 『東京気侭地図』(文藝春秋、1981年)
  • 『ブラックバス』(文藝春秋、1981年) - 直木賞最終候補作 のち文春文庫 のち『二ノ橋柳亭』として光文社文庫
  • 無着成恭の詩の授業』(太郎次郎社、1982年)
  • 『ラグビーにトライ/ラグビー音痴に捧げる本』(野坂昭如と共編)(新星出版社、1983年)
  • 『私生活』(文藝春秋、1983年) - 直木賞受賞作 のち文春文庫
  • 『たべもの芳名録』(新潮社、1984年)のち文春文庫 のちちくま文庫
  • 『タマに別れの接吻を』(自由書館、1984年)のち文春文庫
  • 『笑う魚』(旺文社文庫、1984年)
  • 『芝の上のライオンたち』(旺文社文庫、1984年)
  • 『曲がり角』(文藝春秋、1985年)のち文春文庫
  • 『明日という日』(文藝春秋、1986年)のち文春文庫
  • 『私流 アゲイン』(日本経済新聞社、1986年)のち『たたずまいの研究』として中公文庫
  • 『洋食セーヌ軒』(新潮社、1987年) のち光文社文庫
  • 『ベルトの穴』(毎日新聞社、1988年)
  • 『夢のつづき』(文藝春秋、1988年)のち文春文庫
  • 『食・味事典 : 漢字百話 食・甘・辛・鹵・香・皿の部』(大修館書店、1989年)
  • 『フツーの家族』(文藝春秋、1989年)のち文春文庫
  • 『おらんだ恋歌』(読売新聞社、1989年6月)
  • 『みんな野球が好きだった』(PHP研究所、1994年)
  • 『或る日のエノケン』(新しい芸能研究室、1994年)
  • 『花の頃には』(ネスコ、1995年)
  • 『友あり駄句あり三十年―恥多き男づきあい春重ね』(共著)(日本経済新聞社1999年3月)
  • 『神吉拓郎傑作選 1,2』大竹聡編 国書刊行会 2016

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報