日曜娯楽版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日曜娯楽版
ジャンル 音楽バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1947年10月12日 - 1952年6月8日
放送時間 19:30 - 20:00
放送局 NHKラジオ
制作 日本放送協会
ネットワーク NHKラジオ
パーソナリティ 三木鶏郎
出演 楠トシエ
三木のり平
丹下キヨ子
有島一郎
太宰久雄
テーマ曲 『日曜娯楽版のテーマ』
(作詞作曲:三木鶏郎)
企画 丸山鉄雄
テンプレートを表示

日曜娯楽版』(にちようごらくばん、1947年昭和22年〉10月12日 - 1952年〈昭和27年〉6月8日)は、かつて存在した連合国軍占領下の日本ラジオ番組である。NHKラジオで毎週日曜日、19時30分 - 20時00分に放送された。

概要[編集]

1947年(昭和22年)10月12日三木鶏郎が手がけていた『歌の新聞』に代わって放送を開始した。丸山鉄雄プロデュース、三木が出演のほか楽曲提供等で番組をリードした。

出演者は、歌手楠トシエ中村メイ子喜劇俳優三木のり平丹下キヨ子有島一郎太宰久雄小野田勇、千葉信男、河井坊茶、逗子とんぼ、なべおさみ左とん平ら。番組を構成する放送作家は、三木のほか、後にトリローグループ(冗談工房、1956年)を結成するキノトール能見正比古永六輔神吉拓郎野坂昭如飯沢匡伊藤アキラら。作曲家は、神津善行いずみたく桜井順越部信義嵐野英彦ら。

番組から、ジャズミュージシャンジョージ川口小野満鈴木章治らと「三木鶏郎楽団」を結成した。投稿番組でもあったので、当時中学生だった永六輔は同番組の常連投稿者となり、高校時代には投稿者から構成作家になった。

前番組で三木が創始した「冗談音楽」という、歌と歌との間に風刺も含めたコントをひきつづき盛り込み、人気コーナーとなった。番組からのヒット曲に『僕は特急の機関士で』(1950年〈昭和25年〉10月)などがあった。

1952年(昭和27年)6月8日、番組内で次第に過激化する世相風刺、政治批判が社会問題も起こし、人気を集めていたが日本の独立回復直後に打ち切りとなった[1]。翌週の6月15日から、番組名も『ユーモア劇場』と改称した。

永六輔は、学生時代に当番組へのコントを投稿し、それが切っ掛けとなり、プロの放送作家としての活動を始めた。

おもな楽曲[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 武田徹『NHK問題』(筑摩書房2006年12月、108-122頁)

外部リンク[編集]

NHKラジオ 日曜日 19:30 - 20:00
前番組 番組名 次番組
日曜娯楽版
(1947年10月12日 - 1952年6月8日
ユーモア劇場
(1952年6月15日 - 1954年6月13日