神崎武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神崎 武雄(かんざき たきお、1906年6月18日 - 1944年9月17日)は、日本の小説家。孫は漫画家押切蓮介(神崎良太)[1]

人物[編集]

福岡県門司市(現・北九州市門司区)出身。早稲田大学中退後、1940年新鷹会に入会し、『オール讀物1942年11月号に掲載された「寛容」は第16回直木賞を受賞した。

1944年に海軍報道班員として南方従軍中に戦死した。国柱会の信者であった[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 田岡典夫(第16回直木賞を同時受賞した作家)