吉原手引草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉原手引草』(よしわらてびきぐさ)は、松井今朝子による日本小説。第137回直木賞受賞作。

2007年3月、幻冬舎より刊行された。2009年4月、幻冬舎文庫として文庫化された。2011年4月15日、電子書籍版が幻冬舎より発売[1]

あらすじ[編集]

名妓と謳われた遊女葛城身請けも決まり、幸福の絶頂にいたはずの葛城が突然失踪する。

彼女の失踪の謎を突き止めるために、一人の男が当時の関係者たちに話を聞いて回る。

  • 引手茶屋 桔梗屋内儀 お延の弁
  • 舞鶴屋見世番 虎吉の弁
  • 舞鶴屋番頭 源六の弁
  • 舞鶴屋抱え番頭新造 袖菊の弁
  • 伊丹屋繁斎の弁
  • 信濃屋茂兵衛の弁
  • 舞鶴屋遣手 お辰の弁
  • 仙禽楼 舞鶴屋庄右衛門の弁
  • 舞鶴屋床廻し 定七の弁
  • 幇間 桜川阿善の弁
  • 女芸者 大黒屋鶴次の弁
  • 柳橋船宿 鶴清抱え船頭 富五郎の弁
  • 指切り屋 お種の弁
  • 女衒 地蔵の伝蔵の弁
  • 小千谷縮問屋 西之屋甚四郎の弁
  • 蔵前札差 田之倉屋平十郎の弁
  • 詭弁 弄弁 嘘も方便

この男は最後に、『東海道中膝栗毛』が売れつつある十返舎一九であることが最後に明らかになるため、1802年頃の時代設定である。

脚注[編集]

関連項目[編集]