時代屋の女房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

時代屋の女房』(じだいやのにょうぼう)は、村松友視が書いた小説。1982年、第87回直木賞受賞。1983年1985年に映画化、2006年にドラマ化された。また、後述の2編の続編が発表されている。

内容[編集]

東京大井骨董屋「時代屋」を営む安さんと呼ばれている35歳で独身の男性と、そこへやってきた真弓という女性の恋物語。舞台となった骨董店「時代屋」は実在の骨董店で、当時は大井町駅近くの大井三ツ又交差点の一角にあった。1990年代末、都道拡幅予定地のために渋谷区、広尾商店街に移転した。

シリーズ[編集]

2編が発表されている。なお、上記正編についても、文庫化の際に『時代屋の女房・泪橋』に改題されている。

  • 続・時代屋の女房(1983年) 文庫化の際に『時代屋の女房2』に改題
  • 時代屋の女房 怪談篇(1986年)

映画[編集]

時代屋の女房[編集]

1983年3月19日公開。配給は松竹

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

時代屋の女房2[編集]

1985年4月27日公開。配給は松竹。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ドラマ[編集]

2006年2月14日の21:00 - 22:54に日本テレビ系の『ドラマコンプレックス』で放送。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本テレビ DRAMA COMPLEX2006年2月14日
前番組 番組名 次番組
時代屋の女房