炎環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

炎環』(えんかん)は、永井路子の長編歴史小説で、直木賞受賞作。

鎌倉幕府創成期の前後を、4人の人物を通して描いた作品。初版は1964年刊。

作品解説[編集]

源頼朝の伊豆挙兵を頭にして、鎌倉幕府の成立を軸に、連作の形を採っている。「悪禅師」では阿野全成(頼朝の弟)、「黒雪賦」では梶原景時、「いもうと」では北条保子北条政子の妹、全成の妻)、「覇樹」では北条義時をそれぞれ主人公としている。

作者は、本作が長編でも独立した短編でもないとしており、ひしめき合い傷つけ合う人物たちがやがて歴史を作っていく流れを、鎌倉武士の中に見出した作品である。

第52回直木賞を受賞。NHK大河ドラマ草燃える」の原作の一つにもなった。

初出・書誌[編集]

近代説話』での掲載作品に、書き下ろしを加え、光風社で初版刊行された。

初出
  • 「悪禅師」(『近代説話』9号)
  • 「黒雪賦」(『近代説話』10号)
  • 「いもうと」(『近代説話』11号)
  • 「覇樹」(書き下ろし)
書誌