澤田瞳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
澤田 瞳子
(さわだ とうこ)
誕生 (1977-09-14) 1977年9月14日(44歳)
日本の旗 京都府京都市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 同志社大学大学院文学研究科博士課程前期修了
活動期間 2010年 -
ジャンル 歴史小説
主な受賞歴 中山義秀文学賞(2011年)
本屋が選ぶ時代小説大賞(2012年)
新田次郎文学賞(2013年)
歴史時代作家クラブ賞(2016年)
親鸞賞(2016年)
舟橋聖一文学賞(2020年)
直木三十五賞(2021年)
デビュー作 『孤鷹の天』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

澤田 瞳子(さわだ とうこ、1977年9月14日[1] - )は、日本の小説家京都府京都市生まれ[2][3]。母は作家の澤田ふじ子

略歴[編集]

同志社女子中学校・高等学校[4]同志社大学文学部文化史学専攻卒業。同志社大学大学院文学研究科博士課程前期修了[5]

専門は奈良仏教史、正倉院文書の研究[3]。大学時代は能楽部に所属していた[6]

時代小説のアンソロジー編纂などを行い、2010年に『孤鷹の天』で小説家デビュー[7]

受賞歴[編集]

太字は受賞

作品リスト[編集]

小説[編集]

シリーズ作品[編集]

京都鷹ケ峰御薬園日録
  • ふたり女房(2013年 徳間書店)のち文庫
  • 師走の扶持(2015年 徳間書店)

シリーズ外[編集]

  • 『孤鷹の天』(2010年 徳間書店)のち文庫
  • 『満つる月の如し 仏師・定朝』(2012年 徳間書店)のち文庫
  • 『日輪の賦』(2013年 幻冬舎)のち文庫
  • 『夢も定かに』(2013年 中央公論新社)のち文庫
  • 『泣くな道真 -大宰府の詩-』(2014年 集英社)文庫書き下ろし
  • 『関越えの夜 東海道浮世がたり』(2014年 徳間書店)
  • 『若冲』(2015年 文藝春秋)のち文庫
  • 『与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記』(2015年 光文社
  • 『秋萩の散る』(2016年 徳間書店/2019年 徳間文庫)
  • 『腐れ梅』(2017年 集英社)
  • 『火定』(2017年11月 PHP研究所)
  • 『龍華記』(2018年9月 KADOKAWA)
  • 『落花』(2019年3月 中央公論新社)
  • 『月人壮士』(2019年6月 中央公論新社)
  • 『名残の花』(2019年 新潮社)
  • 『能楽ものがたり 稚児桜』(2019年 淡交社)
  • 『駆け入りの寺』(2020年4月 文藝春秋)
  • 『星落ちて、なお』(2021年5月 文藝春秋)
  • 『輝山』(2021年9月 徳間書店)
  • 『漆花ひとつ』(2022年3月 講談社)

エッセイ[編集]

  • 『京都はんなり暮し 京都人も知らない意外な話』(2008年 徳間文庫

編纂[編集]

  • 大江戸猫三昧 時代小説傑作選(2004年11月 徳間文庫)
  • 犬道楽江戸草紙 時代小説傑作選(2005年8月 徳間文庫)
  • 酔うて候 時代小説傑作選(2006年10月 徳間文庫)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.452
  2. ^ 一束の史料から歴史掘り起こし 作家 澤田瞳子さん”. 朝日新聞 関西スクエア. 2017年11月23日閲覧。
  3. ^ a b ノミネート作家 全員女性は初:第161回直木三十五賞候補に6作 - ほんのひきだし、2019年6月17日
  4. ^ 澤田瞳子さん来校”. 同志社女子中学校・高等学校 (2017年10月31日). 2021年1月2日閲覧。
  5. ^ 読売新聞の連載小説 澤田瞳子著「落花」を10人に | よみぽランド”. yomipo.yomiuri.co.jp (2022年1月20日). 2022年2月11日閲覧。
  6. ^ 「オール讀物」編集部. “直木賞候補作家インタビュー「能を史料に紡いだ春夏秋冬の物語」──澤田瞳子 第163回直木賞候補作『能楽ものがたり 稚児桜』 | 「オール讀物」編集部 | インタビュー・対談” (日本語). 本の話. 2022年2月17日閲覧。
  7. ^ a b c 小説すばる』2017年8月号. 集英社. pp. 145. 
  8. ^ 若冲は生涯独身じゃなかった? 作家・澤田瞳子の大胆な仮説”. AERA dot.. 朝日新聞出版 (2015年10月20日). 2017年11月23日閲覧。
  9. ^ “直木賞候補には映画監督の西川美和氏ら 馳氏は6回目ノミネート”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年6月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/06/19/kiji/K20150619010566060.html 2015年6月19日閲覧。 
  10. ^ 第9回親鸞賞決定のお知らせ”. 東本願寺 東山浄苑. 2020年11月13日閲覧。
  11. ^ 澤田瞳子著『火定』が 第158回直木賞候補にノミネートされました”. PHP研究所. 2020年11月13日閲覧。
  12. ^ 澤田瞳子著『火定』が第39回吉川英治文学新人賞候補にノミネートされました”. PHP研究所. 2020年11月13日閲覧。
  13. ^ 第32回「三島由紀夫賞」「山本周五郎賞」候補作品発表”. 新潮社. 2020年11月13日閲覧。
  14. ^ “史上初、候補は全員女性 第161回直木賞”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年6月17日). https://www.sankei.com/life/news/190617/lif1906170007-n1.html 2020年11月13日閲覧。 
  15. ^ 『能楽ものがたり 稚児桜』が第163回 直木賞候補にノミネートされました。”. 淡交社. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月14日閲覧。
  16. ^ “第14回舟橋聖一文学賞、澤田瞳子さん「駆け入りの寺」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2021年1月17日). https://www.asahi.com/articles/ASP1J6W4PP1DPTJB00B.html 2021年7月14日閲覧。 
  17. ^ “第165回「芥川賞」に石沢麻依氏と李琴峰氏 「直木賞」に佐藤究氏と澤田瞳子氏”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年7月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2200115/full/ 2021年7月14日閲覧。 

外部リンク[編集]