大池唯雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大池 唯雄(おおいけ ただお、1908年10月30日 - 1970年5月27日[1] )は、日本作家。本名は小池忠雄(こいけ ただお)[2]

経歴[編集]

宮城県柴田郡船岡町(現在の柴田町)出身[1]。仙台第二中学校(現宮城県仙台第二高等学校)、旧制第二高等学校文科甲類卒、東北帝国大学文学部中退[1]

東北初の直木賞作家。 幕末明治維新など、歴史に題材を求めた短編を多く残している。 社会教育にも力を注ぎ、槻木公民館長、柴田町公民館長などを歴任。船岡中学校校歌の作詞も手掛けた。 1938年、「兜首」「秋田口の兄弟」で、第8回直木賞受賞。

長男は歌人小池光

著書[編集]

  • 『おらんだ楽兵』
  • 『兜首』
  • 『秋田口の兄弟』
  • 『吉原堤の仇討』
  • 『命のかぎり 第1部』実業之日本社 1944
  • 『或る志士之生涯』小池忠雄 河出書房 1945
  • 『愛の山河 少女小説』ポプラ社 1949
  • 『史談セント・ヘレナの日本人』朝日新聞社 1967
  • 『炎の時代 明治戊辰の人びと』河北新報社 1970

:共著

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 柴田町 > 柴田町ガイド > 私たちの柴田町 > 大池唯雄(おおいけただお)(2015年4月10日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  2. ^ 仙台文学館編 『仙台 本のはなし 24人でつくりました: 仙台文学館ゼミナール2009-2010本作りワークショップ』 仙台文学館、2010年、140頁。 NCID BB04902906