仙台文学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 仙台文学館
Sendai Literature Museum
Sendai Bungaku kan1 crop.jpg
2009年11月撮影
施設情報
正式名称 仙台文学館[1]
専門分野 郷土にゆかりのある近代文学[1]
収蔵作品数 10万9450点(2012年度)[2]
来館者数 4万1255人/年(2012年度)[2][3]
館長 小池光
事業主体 仙台市
管理運営 公益財団法人仙台市市民文化事業団指定管理者[4]
年運営費 1億7257万円(2012年度)[2]
建物設計 ネオタイド建築計画
延床面積 4,693 m2[3]
開館 1999年平成11年)3月28日[3]
所在地 981-0902
日本の旗 日本 宮城県仙台市青葉区北根2丁目7番1号[3]
位置 北緯38度17分47.3秒 東経140度52分34秒 / 北緯38.296472度 東経140.87611度 / 38.296472; 140.87611
アクセス 「北根二丁目・文学館前」バス停
Sendai City Subway Logo.png地下鉄南北線台原駅
NEXCO East.png東北自動車道泉ICまたは泉PAスマートIC
公式サイト www.lit.city.sendai.jp
プロジェクト:GLAM

仙台文学館(せんだいぶんがくかん)は、宮城県仙台市青葉区北根にある仙台市立の文学館社会教育施設台原森林公園の西側に隣接し、同園の出入口の1つにもなっている。

概要[編集]

德陽シティ銀行研修所跡地に1999年平成11年)3月に開館した。8年間在任した初代館長の井上ひさしを初め、仙台市宮城県にゆかりのある近代文学に関する資料の収集・展示を行っている。また、文学作品のの公演を主催する場合もある。2009年(平成21年)までは当館が主催する文学賞晩翠賞」も授与してきた。

情報・交流コーナーやこどもの本の部屋の利用は無料だが、常設展・特別展・企画展の観覧および講習室の使用は有料。ただし、「仙台文学館友の会」、仙台都市圏どこでもパスポート[5]、および、石巻圏「ゆうゆうパスポート」[6]の会員などは無料で観覧できる。

当館の蔵書目録は、インターネット上の「学都仙台オンライン目録 (OPAC)」を用いて検索可能である。

沿革[編集]

宮城県と仙台市には各々文学館の設置構想があったが、市が事業主体となり、建設費および開館までの資料購入費の半分に対して県が補助金を出すという形で計画が一本化された[7]

同時期、県では宮城県図書館、市では仙台市図書館の移転・新築計画が各々存在していたが、文学館は地元の近代文学の資料収集および展示、両図書館は広範な図書の収集・閲覧を中心とした施設と役割分担がなされた。

また、同時期に宮城県美術館に「佐藤忠良記念館」が新設されたが、宮城県芸術協会による美術館建設の陳情が市にもなされ、美術ギャラリーと文学館を合わせて仙台市都心部定禅寺通に設置する計画が生まれた[8]。その後、仙台市都心部から見て北郊外台原森林公園隣接地にあった德陽シティ銀行研修所の跡地を市が取得したため、文学館は同跡地に建設し、美術ギャラリーと仙台市図書館とを合わせて定禅寺通に建設する計画に変更された[8]。定禅寺通の複合施設は、文学館開館後にせんだいメディアテーク (smt) として開館した。

年表[編集]

施設概要[編集]

62,968m2の敷地面積のうち、建築面積は2,377m2である[3]。以下のような施設がある。

館内
  • 3階:常設展示室、企画展示室
  • 2階:情報コーナー、交流コーナー、こどもの本の部屋、講習室、ひざしの杜(軽食・喫茶)
  • 1階:エントランスロビー
庭園

設計[編集]

1994年(平成6年)に開催された仙台文学館全国公開設計競技において、最優秀賞を受賞したネオタイド建築計画東京都)の案を元に建設された[9]

同案は、建設予定地である七北田川水系仙台川支流の小川がつくったV字谷を「ダイナミックな空間」と捉え、ここに「自然環境との共生、古都仙台のイメージと四季や時間の流れ[16]」をテーマとし、台原森林公園市街地との間に設けられた「ゲート」、建設地のV字谷の両岸をつなぐ「ブリッジ」、仙台城などの歴史を表す「白壁」をキーワードに設計された[16]

画像[編集]

土井晩翠顕彰会[編集]

「土井晩翠顕彰会」は、仙台市長を会長とし、当館に事務局を置いている。

仙台市出身の詩人土井晩翠顕彰と、東北の詩人の活躍を後押しする意味で1960年(昭和35年)に創設された以下のような賞を当会が主催して授与してきた[17]。しかし、第50回にあたる2009年(平成21年)を最後に休止となった[13]

「晩翠賞」[編集]

「晩翠賞」は詩集に対する賞で、近年は選考対象が東北出身者以外にも広げられていた。東京都山の上ホテルで選考会、当館で贈賞式が行われ、柳原義達制作の土井晩翠レリーフと副賞100万が贈られていた[18][19]。当賞を授与するに値する作品が選考対象期間に複数発表された場合は、各々を同一回の受賞作とした。

「晩翠あおば賞」「晩翠わかば賞」[編集]

東北地方および仙台市の国内姉妹都市の詩作品を対象とした賞で、「晩翠あおば賞」は中学生、「晩翠わかば賞」は小学生に授与された。柳原義達制作の土井晩翠レリーフと副賞の記念品が当館での贈賞式で贈られた。

利用者数・決算[編集]

仙台市に提出された指定管理者評価シート[20]に記載されているデータによると、近年の利用者数は年間4 - 5万人である。うち、企画展などの観覧者数は2 - 3万人[21]


2006年度[22] 2007年度[23] 2008年度[21] 2011年度[2] 2012年度[2]
利用者数 4万9176人 4万0290人 4万7726人 2万7209人 4万1255人
市の支出 指定管理者費用 2億0703万円 2億0189万円 1億9524万円 1億7309万円 1億7093万円
その他 297万円 0万円 0万円 5401万円 163万円
市の収入 使用料 972万円 489万円 677万円 332万円 468万円
その他 254万円 296万円 186万円 108万円 176万円

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 仙台文学館条例(仙台市)
  2. ^ a b c d e (平成24年度)指定管理者評価シート 仙台文学館 (PDF) (仙台市)
  3. ^ a b c d e f g h 仙台文学館(仙台・宮城ミュージアムアライアンス「東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート」)
  4. ^ 仙台市 指定管理者制度のお知らせ
  5. ^ 仙台都市圏「どこでもパスポート」事業(仙台都市圏広域行政推進協議会)
  6. ^ ゆうゆうパスポート事業(石巻地区広域行政事務組合)
  7. ^ a b c 2. 事業・運営に関して(空間通信「仙台文学館」レポート)
  8. ^ a b c 平成4年第3回定例会(第4日目)本文 7:◯市長(石井亨)(仙台市議会 1992年9月10日)
  9. ^ a b 仙台文学館全国公開設計競技案 最優秀賞(ネオタイド)
  10. ^ a b 仙台ゆかり悲しみ深く 文学館、遺影飾り記帳台河北新報 2010年4月12日)
  11. ^ 「私は仙台で人になった」/ 井上ひさしさん朝日新聞 2010年4月13日)
  12. ^ 仙台文学館で「宮藤官九郎展」-地元ネタ満載の直筆原稿も(仙台経済新聞 2009年1月21日)
  13. ^ a b 第50回晩翠賞決定について(仙台市 2009年9月28日)
  14. ^ a b イベント情報(仙台文学館)
  15. ^ 特別展・企画展(仙台文学館)
  16. ^ a b 仙台文学館(ネオタイド)
  17. ^ 土井晩翠顕彰会からのお知らせ(仙台文学館)
  18. ^ 第48回「晩翠賞」決定(仙台市 2007年9月21日)
  19. ^ 第49回「晩翠賞」決定(仙台市 2008年9月24日)
  20. ^ 指定管理者による公の施設の管理運営状況に係る評価について(仙台市)
  21. ^ a b (平成20年度)指定管理者評価シート 仙台文学館(仙台市)
  22. ^ (平成18年度)指定管理者評価シート 仙台文学館(仙台市)
  23. ^ (平成19年度)指定管理者評価シート 仙台文学館(仙台市)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]