新井豊美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 豊美(あらい とよみ、女性、1935年10月17日 - 2012年1月21日) は、日本の詩人。

広島県生まれ。本名・豊實。上野学園大学中退。1982年の詩集『河口まで』で地球賞、93年、『夜のくだもの』で高見順賞、2007年、『草花丘陵』で晩翠賞受賞。2009年より日本現代詩人会会長。

2012年1月21日、呼吸不全のため死去[1]。76歳没。

著書[編集]

  • 新井豊美 詩集 波動 あんかるわ叢書刊行会 1978
  • 河口まで アトリエ出版企画 1982
  • いすろまにあ 砂子屋書房 1984
  • 苦海浄土の世界 れんが書房新社 1986
  • 半島を吹く風の歌 花神社 1988
  • 滞空時間 風狂舎 1991
  • 夜のくだもの 思潮社 1992
  • 新井豊美詩集 思潮社 1994 (現代詩文庫)
  • <女性詩>事情 思潮社 1994
  • 近代女性詩を読む 思潮社 2000
  • 切断と接続 思潮社 2001
  • シチリア幻想行 思潮社 2006
  • 女性詩史再考 「女性詩」から「女性性の詩」へ 思潮社 2007
  • 草花丘陵 思潮社 2007

参考[編集]

  • 文藝年鑑2007 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 訃報:新井豊美さん76歳=詩人・評論家 毎日新聞 2012年1月22日閲覧