旭ヶ丘駅 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旭ヶ丘駅
旭ヶ丘駅森林公園口(2008年6月)
旭ヶ丘駅森林公園口(2008年6月)
あさひがおか
Asahigaoka
(日立システムズホール仙台前)
N03 黒松 (0.8km)
(1.0km) 台原 N05
仙台市青葉区旭ヶ丘三丁目25-15先
駅番号 N04
所属事業者 仙台市交通局Sendai City Subway Logo.png 仙台市地下鉄
所属路線 南北線
キロ程 3.3km(泉中央起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
7,124人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1987年(昭和62年)7月15日
テンプレートを表示

旭ヶ丘駅(あさひがおかえき)は、宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘三丁目に位置する、仙台市地下鉄南北線である。駅番号はN04。副駅名は「日立システムズホール仙台前」(平成32年3月31日まで)。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、コンコースは1階、ホームが地下1階である。ホーム西端が河岸段丘崖となっているため、地下ホームではあるものの、フェンスを通して西側に広がる台原森林公園を見渡すことができる。

地上は旭ヶ丘バスターミナル(1985年設置)となっている。札幌市円山公園駅と同様、市の公共施設の1階部分をバス待合室とする構造となっており、「バスプール」形態が多い仙台市内の駅では珍しく「バスターミナル」として運用されている。

当時は「旭ヶ丘バスターミナル」の行先表示だったが、現在は「[地]旭ヶ丘駅」で駅と同一扱いである。定期券発売窓口(地下鉄・市営バス定期券取扱。営業時間:平日8時30分~18時30分、土曜9時00分~17時00分)、電光時刻表、バス乗り場には自動扉があり、到着後に扉が開く。2-5階は旭ヶ丘市民センターとなっている。

のりば
1 南北線 仙台富沢方面
2 泉中央方面

バスターミナル[編集]

旭ヶ丘駅バスプール(2006年9月)
西側の線路と窓(2008年6月)

仙台市営バス宮城交通が発着するバスターミナルがある。なお、仙台市営バスの停留所名は、「地下鉄旭丘駅」と「ヶ」ではなく「ケ」の表記となっている。

  • 1:【仙台市営】[S240](南光台入口・宮町経由)仙台駅前、[S140](南光台入口・県庁市役所経由)仙台駅前、[58]明成高校
  • 2:【宮城交通】虹の丘団地、(虹の丘・加茂団地経由)八乙女駅、(虹の丘・みずほ台経由)八乙女駅・泉中央駅
  • 3:【宮城交通】宮城学院
  • 4:【仙台市営】[41]台原駅、[43](東黒松経由)八乙女駅、[48]泉松陵高校
  • 5:【仙台市営】[49][59]コミュニティバス南光台循環、[45][Y45]南光台中学校方面
  • 6:【仙台市営】[S120][S220][D50][50][X50][D51][D53][X53]鶴ヶ谷七丁目方面(S120は、鶴ケ谷七丁目・県庁市役所前経由仙台駅前行き、S220は、鶴ケ谷七丁目・宮城野区役所前経由仙台駅前行き、Xは東仙台営業所行き、Dは台原駅行き)、[47](松森明神経由)八乙女駅、[57](東部工場団地経由)荒井駅行き

駅周辺[編集]

歴史[編集]

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2002 7,773
2003 7,621
2004 7,481
2005 7,428
2006 7,318
2007 7,162
2008 7,050
2009 6,703
2010 6,373
2011 5,672
2012 6,526
2013 6,715
2014 6,743
2015 6,839
2016 7,124
  • 2016年度(平成28年度)
    • 1日平均乗車人数:7,124人[2]
一日平均乗車人員(単位:人/日)

その他[編集]

  • 地下駅であるが、台原森林公園側の出口から見れば、上で述べた通りフェンス張りとなっているため地上駅のようにとらえることができる。また、森林公園から旭ヶ丘駅を見た場合、ホームが1階、改札口・入口が2階、屋上に建物や信号があるようにも見える。これは、七北田川支流が形成したV字谷沿いにあるためである。V字谷沿いは、かつて仙台鉄道が走っていた。

隣の駅[編集]

Sendai City Subway Logo.png 仙台市地下鉄
南北線
黒松駅 (N03) - 旭ヶ丘駅 (N04) - 台原駅 (N05)

脚注[編集]

関連項目[編集]