村上昭夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村上 昭夫(むらかみ あきお、1927年1月5日 - 1968年10月11日)は、日本詩人

生涯[編集]

岩手県東磐井郡大東町(現在の一関市)出身。岩手中学校(現在の岩手高等学校)を卒業。第二次世界大戦中、満州国哈爾濱省官吏となるが8月に終戦ソ連シベリアで二年間の過酷な抑留生活を経て帰国後、1947年に盛岡郵便局に勤務、労働組合機関誌を編集して小説を発表する。しかし1950年結核が発病し、退職を余儀なくされる。この結核との闘病生活は41歳で亡くなる最期まで続く。村上の創作活動は闘病生活の中、サナトリウムでの俳句から始まり、やがて同じサナトリウムに入院してきた詩人の高橋昭八郎の影響から詩に転じた。

処女詩集で唯一の詩集である『動物哀歌』は、第8回晩翠賞、第18回日本現代詩人会H氏賞を受賞している。しかし贈呈式への出席は叶わなかった。

略歴[編集]

  • 1927年 岩手県東磐井郡大原町(現:一関市大東町)に生まれる
  • 1939年 岩手中学校(現:岩手高校)入学
  • 1950年 岩手医大サナトリウム入院
  • 1954年 岩手県詩人クラブ結成会員
  • 1959年 詩誌「La」の会入会、『動物哀歌』として作品発表。
  • 1967年 第8回土井晩翠賞
  • 1968年 第18回H氏賞受賞

作品[編集]

  • 動物哀歌

関連人物[編集]

外部リンク[編集]