一穂ミチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一穂 ミチ(いちほ みち)は、日本小説家BLを主題とした作品を発表している。デビュー作は「雪よ林檎の香のごとく」、代表作は「イエスかノーか半分か」。2021年、『スモールワールズ』収録の短編「ピクニック」で第74回日本推理作家協会賞短編部門候補、『スモールワールズ』で第165回直木賞候補、第12回山田風太郎賞候補にあがる。

作品[編集]

小説[編集]

()内は出版年度、挿絵と出版社。

アンソロジー寄稿
  • 神さまはそない優しない(『猫だまりの日々 猫小説アンソロジー』収録)(2017年、集英社オレンジ文庫)
  • ごしょうばん(『昭和ララバイ 昭和小説アンソロジー』収録)(2019年、集英社オレンジ文庫)
  • 玉ねぎちゃん(『Story for you』収録)(2021年、講談社

漫画原作[編集]

  • ブルーモーメント(2021年 - 連載中、ymz(作画)、講談社ハニーミルクコミックス)[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]