宮崎夏次系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮崎 夏次系
生誕 1987年????
宮城県
職業 漫画家
活動期間 2009年 -
代表作 変身のニュース
受賞 ちばてつや賞一般部門準入選(2009年)
テンプレートを表示

宮崎 夏次系 (みやざき なつじけい、1987年[1] - )は、日本の女性漫画家[2]宮城県出身。旧筆名は夏次 系(なつじ けい)。

ペンネームに意味はないと言う。名前の由来は、自身の生まれた季節の「夏」、バイト中に目にして気に入った「次」、好きな形の「系」を組み合わせたもの[3]

高校では美術科を専攻し、美大を経て、漫画家に。

略歴[編集]

  • 2009年、第56回ちばてつや賞一般部門にて、『赤い朝』で準入選受賞[4]
  • モーニング・ツー」40号(2010年11月22日)から『夕方までに帰るよ』を短期集中連載。
  • 「モーニング・ツー」53号(2011年12月22日)から『変身のニュース』を連載。この作品より、「夏次系」を「宮崎 夏次系」と改名。
  • 「モーニング・ツー」63号(2012年10月22日)から『僕は問題ありません』を連載。
  • 「月刊モーニングtwo」2013年11月号(2013年9月22日)から『夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない』を連載。
  • 「月刊モーニングtwo」2015年1月号(2014年11月21日)から『ホーリータウン』を連載。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

連載作品[編集]

  • 夕方までに帰るよ (2010年11月22日、モーニング・ツー40号、講談社) ISBN 978-4-06-388507-1
  • 変身のニュース (2011年12月22日-、モーニング・ツー53号、講談社)  ISBN 978-4-06-387166-1
  • 僕は問題ありません (2012年10月22日-、モーニング・ツー63号、講談社)  ISBN 978-4-06-387236-1
  • 夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (2013年9月22日-、月刊モーニングtwo2013年11月号、講談社)  ISBN 978-4-06-388338-1
  • ホーリータウン (2014年11月21日-、月刊モーニングtwo2015年1月号、講談社) ISBN 978-4-06-388506-4
  • なくてもよくて絶え間なくひかる (マンガワン、小学館) 連載中
  • アダムとイブの楽園追放されたけど… (ベビモフ、講談社) 連載中
  • 培養肉くん (コミックビーム100、KADOKAWA) 連載中

読み切り作品[編集]

  • と、ある日の忘れもの (2013年8月25日、S-Fマガジン2013年10月号、早川書房)
  • なほちゃんの白いたまごやき (2014年2月2日、ユースカ第二号) 「夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない」に収録
  • と、ある日の帰り道 (2014年4月25日、S-Fマガジン2014年6月号、早川書房)
  • おまつり (2014年8月31日、ユースカ第三号)
  • と、ある日のお弁当 (S-Fマガジン2014年11月号、早川書房)
  • と、ある日の兄と弟 (S-Fマガジン2015年2月号、早川書房)
  • オンジ (2015年5月5日、ユースカ第四号)
  • と、ある日の解凍 (S-Fマガジン2015年8月号、早川書房)
  • と、ある日の僕のひも (2016年1月20日、Comic S、早川書房)
  • と、ある日のわたしとタケル (2016年1月20日、Comic M、早川書房)
  • お昼 (2016年5月5日、ユースカ第五号)
  • ロンリープラネット (S-Fマガジン2016年6月号、早川書房)
  • と、ある日のきみとぼく (S-Fマガジン2016年10月号、早川書房)
  • と、ある日の訪問者 (S-Fマガジン2017年2月号、早川書房)
  • そして タラもいなくなった (ミステリマガジン2017年3月号、早川書房)
  • と、ある日の月と翻訳機 (S-Fマガジン2017年4月号、早川書房)
  • と、ある日のアルバイト (S-Fマガジン2017年6月号、早川書房)
  • と、ある日のズゥン (S-Fマガジン2017年8月号、早川書房)
  • と、ある日の二人っきり (S-Fマガジン2017年10月号、早川書房)
  • オカリちゃんちのお兄ちゃん (モーニング2017年40号、講談社)
  • と、ある日のシンプル・イズ・ベスト (S-Fマガジン2017年12月号、早川書房)
  • と、ある日の余分なもの (S-Fマガジン2018年2月号、早川書房)
  • と、ある日のまわりくる (S-Fマガジン2018年4月号、早川書房)

挿絵・イラスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 変身のニュース | 審査委員会推薦作品 | マンガ部門 | 第17回 2013年 | 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品
  2. ^ WEBマガジン BGM「漫画家 宮崎夏次系の正体とは?」
  3. ^ eonet.jp「静かな笑いから突然憤死しそうな人」を描く、宮崎夏次系。『アダムとイブの楽園追放されたけど…』2巻発売」2018/12/21
  4. ^ 2009年度前期 第56回ちばてつや賞 夏次系『赤い朝』 選評

外部リンク[編集]