S-Fマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

S-Fマガジン』(エスエフマガジン)は、早川書房が発行しているサイエンス・フィクション専門の雑誌。偶数月25日発売。通称はハイフン抜きの「SFマガジン」。SF界では単に「マガジン」と呼称される。

沿革・概要[編集]

1959年(昭和34年)12月、アメリカ合衆国のSFとファンタジーの専門誌『ファンタジイ・アンド・サイエンス・フィクション』誌と提携して創刊された(のちに、1962年2月号から提携とりやめ[1])。月刊誌としてスタートした。当時、SF小説を出版するとその出版社は倒産するというジンクスがもっぱら出版界で語られた時代での創刊だった[2]。初代編集長として福島正実が創刊にあたり、日本SFの黄金時代を演出した。

日本人作家特集を刊行したが、いまだ日本のSF作家が存在しない時代だったため、佐野洋高橋泰邦など既存の推理作家に原稿を依頼したばかりでなく初代編集長の福島正実みずから執筆している[3]

創刊号では、ロバート・シェクリイ『危険の報酬』、フィリップ・K・ディック『探検隊帰る』、アイザック・アシモフ『やがて明ける夜』、アーサー・C・クラーク太陽系最後の日』、レイ・ブラッドベリ『七年に一度の夏』等を掲載している。

1966年には『ギャラクシー・サイエンス・フィクション』と特約を結び、同誌が休刊した1969年には姉妹雑誌の『イフ』と特約した[4]。この前年12月に発行された1969年2月号の特集をきっかけとして「覆面座談会事件」が発生。福島は引責退社し南山宏が跡を継ぐ。

ハードSFなど狭義のSFの他、ファンタジー奇想小説奇妙な味の作品、漫画作品なども積極的に掲載している。

1989年から1991年の間、増刊号として若年層向けの『小説ハヤカワHi!』を季刊で刊行したが、これらの増刊号も通巻号数には含まれる。

海洋研究開発機構地球情報研究センターで既刊本の収集が行われている[5]

2015年4月号(2月発売)以降は隔月刊化され、偶数月25日の発売となる[6]。2015年1月24日、隔月化に伴う企画として『SFマガジン』cakes版が無料配信[7]

執筆したことのある主な作家[編集]

歴代編集長[編集]

誌上をめぐる騒動[編集]

出典[編集]

  1. ^ 福島正実『未踏の時代』ハヤカワ文庫
  2. ^ 日本SF誕生ーー空想と科学の作家たち. 勉誠出版. (2019年8月5日). 
  3. ^ 日本SF誕生ーー空想と科学の作家たち(第2章). 勉誠出版. (2019年8月5日). 
  4. ^ R・A・ラファティ『つぎの岩に続く』巻末解説(浅倉久志
  5. ^ 地球・海洋SF文庫-外部貸し出し開始!”. JAMSTEC地球・海洋SFクラブ. 2012年5月13日閲覧。
  6. ^ “〈ミステリマガジン〉〈SFマガジン〉〈悲劇喜劇〉隔月刊化のお知らせ”. ハヤカワ・オンライン. (2014年11月26日). http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2014-11-26-211853.html 
  7. ^ SFマガジンの記事、コラム、読み物一覧|クリエイターと読者をつなぐサイト cakes(ケイクス)