草上仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

草上 仁(くさかみ じん、1959年12月20日 - )は、神奈川県鎌倉市出身の小説家日本SF作家クラブ宇宙作家クラブ会員。

SFを得意とし、優れた構成力で奇想天外なストーリーの短編を中心に、長編やコミカルなライトノベルに至るまで、幅広いジャンルで作品を発表している。ミステリーホラーの作品も多く、『異形コレクション』の常連寄稿者でもあった。

短編の名手ゆえに、主たる活躍場所だった早川書房の『SFマガジン』誌では、編集者にとっては急場に頼りになる作家として、表紙や目次に名前が載らないことが多かった。このため、編集部には未発表の作品が多数保管されているのではないか[要出典]と言われたりもした。

略歴[編集]

小中学生の頃から短編を書きはじめ、筑波大学附属高等学校[1]在学中に新人賞へ応募するようになる

  • 1981年 第7回ハヤカワ・SFコンテスト佳作入賞
  • 1982年 慶應義塾大学法学部法律学科を卒業し、保険会社に入社[2]
  • 1982年 SFマガジン8月号に短篇「割れた甲冑」を発表
  • 1987年 ハヤカワ文庫『こちらITT』発売(カバーイラスト:吾妻ひでお
  • 1989年「くらげの日」で第20回星雲賞日本短編部門受賞
  • 1997年「ダイエットの方程式」で第28回星雲賞受賞日本短編部門受賞
  • 1997年『東京開化えれきのからくり』(イラスト:唐沢なをき)でSFマガジン読者賞受賞
  • 2002年 「スター・ハンドラー」(イラスト:鈴木雅久)シリーズを発表
  • 2005年 「ホーンテッド・ファミリー」(イラスト:るりあ046)を発表
  • 2009年 「数学的帰納の殺人」を発表

作品リスト[編集]

長編[編集]

ライトノベル系のスター・ハンドラーシリーズとスター・ダックスシリーズほかがある。

スター・ハンドラー[編集]

  1. 『スター・ハンドラー』ソノラマ文庫 上巻(2001)ISBN 978-4257769378、下巻(2001)ISBN 978-4257769439
  2. 『さまよえる海』ソノラマ文庫 上巻(2002)ISBN 978-4257769613、下巻(2002)ISBN 978-4257769743
  3. 『ゲートキーパー』ソノラマ文庫 上巻(2002)ISBN 978-4257769835、下巻(2003)ISBN 978-4257770022

スター・ダックス[編集]

  1. 『スター・ダックス』ソノラマノベルス(2003) ISBN 978-4257010586
  2. 『トリプル・スパイ』ソノラマノベルス(2004) ISBN 978-4257010654

単発[編集]

連作短編集[編集]

収録作品(砕けた石/割れた壷/折れた枝/裂けた布/融けた氷/燃えた紙)

短編集[編集]

収録作品(アル牛/ベター・ハーフ?/進化の道/分裂剤/こちらITT/目には目を/道化の釘)
収録作品(生物兵器/強制輪廻/眼鏡探し/くらげの日/サルガッソーの虫/サクラ、サクラ)
収録作品(時間不動産/国民不在/ダ・ビ・ン・グ/蜂の幸福/嫌煙権/明日にのばすな)
収録作品(無重力でも快適/クーラー売ります/太公望/ウィークスを探して/ヘイブン・オートメーション)
収録作品(キーヴの墓掘り/夢よもう一度/キャンペーン虫!/空白の一日/レッド・アンド・ブルー/あてようか?/いたずら電話/暗号/魂の問題/かれはロボット)
収録作品(虫食い/予約制/ハデスの牧場/プラスティックのしゃれこうべ/タイムカプセル/チキンラン
収録作品(パートナー/宇宙人/征服ヘルメット/交枕クラブ/死因/パーソナリティー/花か種か/見張り〈ウォッチャー〉)
収録作品(夜を明るく/セルメック/割れた甲冑/牛乳屋/ラッキー・カード/ウォーターレース/可哀相な王女の話
収録作品(よっちゃんの株/在宅勤務?/星売り/特急便/最後の信販/輸出仕様/嘘は罪/ショットダウン/故障プログラム/ファンタシイ)
収録作品(死刑/ローテーション/コンドーム/フード・プロセッサー/中古者/お喋りセッション/狼男/ヒッチハイク/外科ニック)
収録作品(殺せ!/オリジナル/おお、白い花びらが/おじいさんの時計/隻眼ディガート/ピューイ/ゆっくりと南へ)
収録作品(国境を越えて/ポルノグラフィック/転送室の殺人/豆電球/市長、お電話です)
収録作品(辞めさせて頂きます/同居時代/妻の顔/毒/おばあちゃんの復讐/テルを待ってます/ホームテレホン/方向音痴/テレホンカード/SENDAIHAGI/スーパーサラリーマン)
  • 『江路村博士のスーパー・ダイエット』ハヤカワ文庫SF(1993) ISBN 978-4150303907
収録作品(江路村博士の大発明/悪徳ランド/ホロ・ドレス/最後の納税者/カワヘビ/紙の盃/ここまでおいで/飛んで行きたい)

書籍未収録短編[編集]

SFマガジン異形コレクションなどで多数の短編を発表していたが、長らく短編集が発行されておらず、未収録作品が多い。以下に、一部の作品を列挙する。

雑誌[編集]

『SFマガジン』掲載作品

  • 目には目を(1984) 317号
  • パーソナリティー(1987/7)
  • りスペク(1989/7トル・ガン(1994) 452号
  • 長屋の花見(1994) 453号
  • 中身はでっかく(1994) 455号
  • 地区担当削減官(1995) 466号
  • ひとつの小さな要素(1997) 488号
  • 寿命(1997) 489号
  • ゲーム(1997) 491号
  • カット(1997) 496号
  • 五百光年(1998) 500号
  • 関係妄想(1998) 510号
  • ひとりぼっち(1998) 510号
  • 花のプロペラ(1999) 512号
  • 剣をなくした冒険者(1999) 516号
  • マダム・フィクスの宇宙お料理教室スペシャル(1999) 518号
〈前菜〉シンクウクラゲのじわじわ焼き
〈スープ〉バラエッチのパラレルスープ
〈主菜〉ゼラマサウルスのコトコトシチュー
〈試食〉作家・草上仁氏を迎えてのカクテル・コーナー
  • パラム氏の多忙な日常(1999) 521号
  • 長距離通勤(1999) 523号
  • 青銅の人形(2003) 566号

『現代の小説』(日本文藝家協会編集)掲載作品

  • ひとつの小さな要素(1998)
  • セキュリティ・プロフェッショナル(2004) 短篇ベストコレクション
情報技術に取り残された辺境の惑星と、ハイテクに疎い主人公の苦闘をコミカルに描いている。

異形コレクション[編集]

ホラーアンソロジーシリーズ『異形コレクション』掲載作品。掲載号の詳細については、元記事を参照。

廣済堂文庫

  • 命の武器(1998) II 侵略!
  • いつの日か、空へ(1998) III 変身
  • 川惚れの湯(1998) V 水妖
  • 月見れば(1999) VIII 月の物語
  • スケルトン・フィッシュ(1999) XI トロピカル
  • 頭ひとつ(2000) XIV 世紀末サーカス

光文社文庫

  • サージャリ・マシン(2000) XVII ロボットの夜
  • パンとワイン(2001) XVIII 幽霊船
  • 赤と青(2002) XXIII キネマ・キネマ
  • 秘伝(2002) XXIV 酒の夜語り
  • トンネル(2003) XXVIII アジアン怪綺
  • ディープ・キス(2004) XXX 蒐集家
法廷ミステリーの形式をとりながら、最後にはぞっとするような結末に導く。
  • 燃える電話(2006) XXXV 闇電話
  • どこかの--(2007) XXXIX ひとにぎりの異形
  • 缶の中の神(2008) XXXX 未来妖怪

光文社カッパ・ノベルス

  • 人魚屋(2001) 綺賓館IV 人魚の血

その他のアンソロジー[編集]

SFバカ本 人類復活篇

  • 皮まで愛して(2001)

祥伝社文庫ホラー・アンソロジー(月刊小説NON掲載作品)

  • 虫愛づる老婆(1999) 『おぞけ』
  • 誰かいる(1999) 『ゆきどまり』
  • 心霊写真(2001)

SF Japan vol.3 手塚治虫COVER タナトス篇

  • ミクロイドS―胸の鼓動を聞きながら(2002)

参考資料[編集]

  1. ^ http://www.hoshishinichi.com/note/77.html
  2. ^ 塾員山脈 2009年AUTUMN No.264 慶應義塾

外部リンク[編集]