S-Fマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SFマガジンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

S-Fマガジン』(エスエフマガジン)は、早川書房が発行しているサイエンス・フィクション専門の雑誌。偶数月25日発売。通称はハイフン抜きの「SFマガジン」。SF界では単に「マガジン」と呼称される。

沿革・概要[編集]

1959年(昭和34年)12月、アメリカ合衆国のSFとファンタジーの専門誌『ファンタジイ・アンド・サイエンス・フィクション』誌と提携して創刊された(のちに、1962年2月号から提携とりやめ[1])。月刊誌としてスタートした。初代編集長として福島正実が創刊にあたり、日本SFの黄金時代を演出した。

創刊号では、ロバート・シェクリイ『危険の報酬』、フィリップ・K・ディック『探検隊帰る』、アイザック・アシモフ『やがて明ける夜』、アーサー・C・クラーク太陽系最後の日』、レイ・ブラッドベリ『七年に一度の夏』等を掲載している。

1966年には『ギャラクシー・サイエンス・フィクション』と特約を結び、同誌が休刊した1969年には姉妹雑誌の『イフ』と特約した[2]。この前年12月に発行された1969年2月号の特集をきっかけとして「覆面座談会事件」が発生。福島は引責退社し南山宏が跡を継ぐ。

ハードSFなど狭義のSFの他、ファンタジー奇想小説奇妙な味の作品、漫画作品なども積極的に掲載している。

1989年から1991年の間、増刊号として若年層向けの『小説ハヤカワHi!』を季刊で刊行したが、これらの増刊号も通巻号数には含まれる。

海洋研究開発機構地球情報研究センターで既刊本の収集が行われている[3]

2015年4月号(2月発売)以降は隔月刊化され、偶数月25日の発売となる[4]。2015年1月24日、隔月化に伴う企画として『SFマガジン』cakes版が無料配信[5]

執筆したことのある主な作家[編集]

歴代編集長[編集]

誌上をめぐる騒動[編集]

出典[編集]

  1. ^ 福島正実『未踏の時代』ハヤカワ文庫
  2. ^ R・A・ラファティ『つぎの岩に続く』巻末解説(浅倉久志
  3. ^ 地球・海洋SF文庫-外部貸し出し開始!”. JAMSTEC地球・海洋SFクラブ. 2012年5月13日閲覧。
  4. ^ “〈ミステリマガジン〉〈SFマガジン〉〈悲劇喜劇〉隔月刊化のお知らせ”. ハヤカワ・オンライン. (2014年11月26日). http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2014-11-26-211853.html 
  5. ^ SFマガジンの記事、コラム、読み物一覧|クリエイターと読者をつなぐサイト cakes(ケイクス)