伊藤計劃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊藤 計劃
(いとう けいかく)
誕生 伊藤 聡
1974年10月14日
東京都
死没 2009年3月20日(満34歳没)
東京都
職業 SF作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2007年 - 2009年
ジャンル SF
主な受賞歴 星雲賞(2009年)
日本SF大賞(2009年)
フィリップ・K・ディック記念賞特別賞(2011年)
処女作 虐殺器官
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊藤 計劃(いとう けいかく、本名伊藤 聡1974年10月14日 - 2009年3月20日)は、日本SF作家武蔵野美術大学美術学部映像科卒。

2007年に、『虐殺器官』で作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、その処女作はゼロ年代日本SFのベストに挙げられている[1]

略歴[編集]

千葉八千代松陰高等学校を経て、武蔵野美術大学美術学部映像学科卒業。 2004年1月から「はてなダイアリー」にて映画・SF評論ブログを開始する。

Webディレクターの傍ら執筆した『虐殺器官』が、2006年第7回小松左京賞最終候補となり、ハヤカワSFシリーズ Jコレクションより刊行され、作家デビュー。同作は『SFが読みたい! 2008年版』1位、月刊プレイボーイミステリー大賞1位、日本SF作家クラブ主催の第28回日本SF大賞候補となる。

生前は、ゲームデザイナー小島秀夫の熱狂的なファンであった。学生時代にプレイした『スナッチャー』から小島の作品にのめりこみ、「小島原理主義者」「MGSフリークス」を自称するほどであった。特にメタルギアソリッドの二次創作を中心に手がけており、後にゲームの公式ノベライズを担当した。

相当なシネフィルとしても知られ、黒沢清の映画から受けた強い影響を度々口にしている。自身のサイトではナイン・インチ・ネイルズの全作品をレビューしたり、『機動戦士ガンダム』の設定の甘さへの批判を述べていた(サイトでは他に、美少女ゲームを初めとする萌え文化への批判をしばしば行っていた)。

全く同じ経緯でデビューした円城塔[2]と共に、期待の新人として脚光を浴びるも、2009年3月、肺癌のため死去。

2009年12月6日、遺作となった『ハーモニー』で第30回日本SF大賞を受賞した。「特別賞」枠を除き、故人が同賞を受賞するのは初めてである。[3] 2010年に同作の英訳版が出版され、アメリカペーパーバック発刊されたSF小説を対象とした賞であるフィリップ・K・ディック記念賞の特別賞を受賞した。[4]

未完の原稿が約30枚ある(この部分は絶筆として河出文庫の大森望責任編集『NOVA1』に収録されている)。遺族から承諾を得て円城塔がこの原稿を引き継ぎ、2012年8月に『屍者の帝国』として刊行した[5]

作風[編集]

作品は全て一人称で書かれており、またその小説自体が「作品世界内に存在するテキスト」や「作品世界内の人物への語りかけ」として描かれる場合が多い。

小島秀夫との交流[編集]

有名なゲームデザイナーの小島秀夫と伊藤計劃は、1998年3月に開催された「東京ゲームショー98春」に出会った。この年の9月に発売を控えていた『メタルギアソリッド』の展示ブースにいた小島に伊藤が声を掛けた。ゲームショーの喧騒とお祭り騒ぎの空気の中、伊藤はただ独りで涙を流しており、これが小島と伊藤の交流の始まりとなった。この時、伊藤は小島にゲーム中のシーンを再構成したトレーラーを観て思わず泣いてしまったと興奮気味に語り、小島は『メタルギアソリッド』を素直に愛してくれる「ファン」に出会ったことがなかったので大層感動したという。 この出会いがきっかけで伊藤は、ファンレターや友人達とつくっている『メタルギア』の同人誌を送ってくるようになった。小島も伊藤のウェブサイトを時々覗いていたりもしていた。だが、この時の小島と伊藤の関係は、あくまで「ゲームクリエイターと熱心なファン」という関係にすぎなかった。

伊藤と小島の関係に変化が訪れたのは、2001年9月、アメリカ同時多発テロ事件の直前。コナミのスタッフから伊藤が入院したと知らされた小島は「彼に何かしてあげたい」「自分が何をしてあげられるだろうか」と悩んだ末、結論は「ゲーム」だった。伊藤と小島の出会いは「ゲーム」から始まったので、ゲームしかないと思った小島は開発途中の『メタルギアソリッド2』のカットシーンをミニDVに収録し、伊藤が居る病院に向かった。表面上は平静を装っていても表情は暗い伊藤に、小島は社外の人間に開発中の作品を見せる事を禁ずるという規則を破り、ベッドで寝ている伊藤に「タンカー編」のラストが入った映像を見せる。伊藤は映像を見終わった後「ゲームが完成するまで死にません」と言った。

その後、『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』の発表会に小島は伊藤を招待し、大きな手術を経て杖をついた状態で伊藤は発表会に来た。小島は伊藤が約束を守った事に感動し、これまで「ファンとクリエイター」だった関係が「友人同士」の関係になっていた。

続編としての期待を背負っていた『メタルギアソリッド2』は発売直後、激しい賛否の嵐に巻き込まれていた。今でこそ評価されている作品だが、当時はソリッド・スネーク雷電の主人公交代と作品に込められた強すぎるメッセージ性、ゲームとしては難解なストーリーがファンには届きにくく、無理解な批判を受けていた。そんな小島の作品に最初に理解を示してくれたのは、伊藤だった。伊藤は自分のウェブサイトで「こんな作品を喜ぶのは俺だけだ!」という文章まで載せ、小島はゲームに込めた謎かけやメッセージを理解してくれる人が居るという事実だけでも救われた気持ちになったという。

その頃から伊藤は作家としての道を自覚し始め、進み始めていた。初期の伊藤の作品の出来は決して良いとは言えず、小島も疑問を持ったほどだった。しかし伊藤は、徐々に作家としての実力をつけていく。

そして発表された『虐殺器官』は高く評価され、小島も本作を絶賛し「作家・伊藤計劃が誕生した」と確信する。虐殺器官の原型となった短編小説は、小島の初期の作品である『スナッチャー』のファン小説で、この時小島は伊藤に『メタルギアソリッド4』のノベライズを依頼するのに何の躊躇いもなかった。伊藤は小島秀夫のファンであったため、『メタルギアソリッド4』を並のノベライズにしたくないという気持ちが強くノベライズにありがちな軽い文章にすることを避け、再読できる立派な「小説」になってほしいと書いたという。小説版『メタルギアソリッド4』は高く評価され、小島も予想を超える出来にある種の快感を覚える程だった。

その後、次回作である新作ゲームの構想を固めていた小島は、『メタルギアソリッド3』とその後の話である次回作を一つの小説として伊藤に依頼する考えであった。

しかし2009年2月、小島に入院中の伊藤の様子が思わしくない、という知らせが届く。見舞いに行った小島はベッドに伏せる伊藤と映画や小説の話をしたが、虚ろな表情のままほとんど返事もない状態であった。「伊藤さんに元気になってほしい。生きることを諦めてほしくない」と思った小島は、最新ゲームの話をした。コスタリカという舞台や核抑止力といったテーマ、冷戦下での諜報合戦、70年代のSF的なAI兵器、そしてスネーク達の物語を絡ませた企画段階の新作、後の『メタルギアソリッド ピースウォーカー』の話をすると、伊藤は笑顔を取り戻し喜んだ。『ピースウォーカー』の企画はまだどこにも発表されておらず、社外の人間に内容を話すのは伊藤が初めてであった。そして伊藤は「完成するまで頑張ります」と言った。

だが、2度目の約束は果たされず、伊藤は翌月肺癌でこの世を去った。

翌2010年に発売された『メタルギアソリッド ピースウォーカー』には、エンディングで「このPEACE WALKERを伊藤計劃氏に捧ぐ」とのメッセージが収録されている。その後、伊藤の果たせなかった『メタルギアソリッド3』・『メタルギアソリッド ピースウォーカー』のノベライズ化はそれぞれ長谷敏司野島一人によって行われ、ともに2014年に発売された。

作品リスト[編集]

長編[編集]

短編集[編集]

  • The Indifference Engine (ハヤカワ文庫、2012年3月) ISBN 9784150310608
    • 『伊藤計劃記録』『伊藤計劃記録 第弐位相』に収録された作品から、主に小説作品を再編して刊行。
    • 「The Indifference Engine」「Heavenscape」「フォックスの葬送」「セカイ、蛮族、ぼく。」「Automatic Death:episode 0:No Distance, But Interface.」「From the Nothing, with Love.」「解説」(「ディファレンス・エンジン」再刊時の解説、円城塔との共作)、「屍者の帝国」(絶筆・未完)

中編[編集]

短編[編集]

  • セカイ、蛮族、ぼく。 - 同人誌『バルバロイ』(2007年)掲載。

その他[編集]

  • 侵略する死者たち - ユリイカ2008年7月号掲載、エッセイ
  • つぎはぎの王国から - 群像2008年9月号掲載、エッセイ
  • Automatic Death:episode 0:No Distance, But Interface. - 徳間書店 SFJapan Vol.05(西暦2002年夏季号)(Roman album)掲載
  • 屍者の帝国
    • ジョン・H・ワトスンを語り手とし、『フランケンシュタイン』の技術が普及した世界を描く歴史改変SFとして、第四長編となるはずだった作品。冒頭30枚まで執筆されたが、伊藤の逝去により絶筆。『SFマガジン』2009年7月号にその遺稿が掲載された。後に円城塔によって書き継がれ、2012年8月に単行本が刊行された。
  • 伊藤計劃記録(早川書房、2010年3月)
    • 「The Indifference Engine」、「From the Nothing, With Love.」、「屍者の帝国」(未完)などの創作や、対談、エッセイ、映画評を収録。
  • 伊藤計劃記録 第弐位相(早川書房、2011年3月)
    • 「フォックスの葬送」「Heavenscape」などの短編小説、「Automatic Death:episode 0:No Distance, But Interface.」「女王陛下の所有物 On Her Majesty’s Secret Property」などの漫画作品、エッセイ、開始から死去直前までのブログからの抜粋を収録。

日本国外での刊行[編集]

  • 虐殺器官
  • METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS
    • 英訳 - 2012年6月、アメリカ合衆国・ビズメディアの日本SF翻訳レーベルHaikasoruより刊行。
  • ハーモニー
    • 英訳 - 2010年7月、アメリカ合衆国・ビズメディアの日本SF翻訳レーベルHaikasoruより刊行。
    • 繁体字中国語訳 - 2014年6月、台湾・Muses Publishingより刊行。
  • 屍者の帝国
    • 繁体字中国語訳 - 2014年7月、台湾・城邦文化の日本ミステリ翻訳レーベルAPEX PRESSより刊行。

脚注[編集]

  1. ^ 『SFが読みたい! 2010年版』、2010年、早川書房
  2. ^ 共にデビュー作が小松左京賞最終候補となったのち、ハヤカワJコレクションから刊行。
  3. ^ “日本SF大賞に伊藤計劃さん…3月に死去”. 読売新聞. (2009年12月6日). オリジナル2009年12月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091212113006/http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20091206-OYT1T00728.htm? 
  4. ^ SF:米P・K・ディック賞特別賞に故・伊藤計劃「ハーモニー」毎日JP
  5. ^ 産経ニュース 円城塔さん「ニコ動見てたら、受賞の電話が」] 2012年1月17日

参考文献[編集]

  • 『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』角川文庫 ISBN 9784043943449 小島秀夫のインタビュー「伊藤計劃さんとのこと」

外部リンク[編集]