太陽風交点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太陽風交点』(たいようふうこうてん)は堀晃による短編SF小説。『S-Fマガジン』(早川書房)1977年3月号に初掲載された。

本作を表題作とする堀の処女出版となる同名短編集が早川書房から1979年に刊行され、1981年1月に第1回(1980年度)日本SF大賞を受賞。日本SF大賞は徳間書店が後援していたため、文庫版の出版契約を徳間書店と堀との間で交わしたところ、早川書房が口頭による契約締結と出版業界の慣例(単行本の出版から3年程度で文庫版の出版。その間は先行業者に出版権利、出版許諾権がある)を主張して、徳間書店および堀に対して訴訟を起こした、いわゆる太陽風交点事件が起きたことで知られる。

後に「トリニティシリーズ」と呼ばれる一連の作品で最初に執筆された作品であり、物語の時系列的にも最初の作品である。

あらすじ[編集]

滅びた異星文明の遺跡調査を行っている“私”は、ヘルクレス110番星を訪問せよという緊急指令を受ける。ヘルクレス110番星には死んだはずの“私”の恋人・オリビアが待っているというのだ。

ヘルクレス110番星へと急ぐ“私”の前に太陽帆を広げた無数の太陽風ヨットが現れる。それはヘルクレス110番星系から飛来した鉱物生命体であった。

収録書籍[編集]

太陽風交点
1979年、単行本、早川書房、全国書誌番号:79034313
解説 小松左京
  1. イカルスの翼
  2. 時間礁
  3. 暗黒星団
  4. 迷宮の風
  5. 最後の接触
  6. 電送都市
  7. 骨折星雲
  8. 太陽風交点
  9. 遺跡の声
  10. 悪魔のホットライン
太陽風交点
1981年、徳間文庫、徳間書店、全国書誌番号:81019701
遺跡の声
1996年、アスペクト・ノベルス、アスキーISBN 978-4893666147
トリニティシリーズの集成版
  1. 太陽風交点
  2. 塩の指
  3. 救助隊Ⅱ
  4. 沈黙の波動
  5. 蜜の底
  6. 流砂都市
  7. ペルセウスの指
  8. 遺跡の声
遺跡の声
2007年、創元SF文庫東京創元社ISBN 978-4-488-72202-9
装画 加藤直之
アスペクト・ノベルス版に「渦の底で」を追加収録。