小谷真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小谷真理
(こたに まり)
誕生 1958年
日本の旗 日本
職業 文芸評論家
言語 日本語英語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 文芸評論・研究
主題 SFフェミニズムやおい分野を中心とした文芸評論および研究
主な受賞歴 日本翻訳大賞思想部門(1991年)
日本SF大賞(1994年)
配偶者 あり(巽孝之
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小谷 真理(こたに まり、1958年[1]7月11日[要出典] - )は、日本SF&ファンタジー評論家。『女性状無意識』で第15回(1994年)日本SF大賞受賞[2]日本SF作家クラブ会員[3]、「ジェンダーSF研究会」発起人[4]ヒロイック・ファンタジー&ファンタジーのファンクラブ「ローラリアス」副会長[要出典]日本ペンクラブ女性作家委員会委員長を務めた[5]

北里大学薬学部薬学科卒業[6]。富山県生まれ[6]

言論[編集]

小谷はSFとファンタジーをフェミニズム的観点で論じている[1][7][8]山田和子などの先駆はあるが、日本のSF・ファンタジー評論に、初めて本格的にフェミニズム的観点を導入した[要出典]また日本の「やおい」に相当する「スラッシュ・フィクション」がアメリカにもあることに気づき、女性たちの共通する自己表現の形態として論じている[要出典]

1997年のメディアワークス発売の『オルタカルチャー―日本版』内のコラムにおいて、評論家の山形浩生から、小谷の著作はパートナーの巽孝之が代筆している(ほどそっくりである)と揶揄されたとして、全国紙での謝罪広告と3300万円の損害賠償を求めて小谷は東京地方裁判所に訴えた[9][10]。東京地裁は2001年の判決でメディアワークスと山形にホームページでの謝罪と330万円の賠償を命じた[9][10]なお、小谷はこの事件について、「歴史的に、女が文章が書くのを男性が抑圧してきた、『テクスチュアル・ハラスメント』の一種だ」と主張した[要出典]

なお、笙野頼子は、近年行っている「純文学論争」の延長の「男性評論家批判」活動で、「山形・小谷事件」での「テクスチャル・ハラスメント」概念を引用し、「男性の評論家たちは、女性作家たちの文学的成果を無視している」と主張している。[要出典]

選択的夫婦別姓制度導入に賛同。[要出典]

経歴[編集]

人物[編集]

薬剤師及び衛生検査技師免許を取得している。[要出典]

1978年に日本SF大会で初めてコスプレを披露した[5][11]

作品リスト[編集]

単著[編集]

訳書[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 第十六回日本ファンタジーノベル大賞|新潮社
  2. ^ http://sfwj.jp/awards/winners/
  3. ^ http://sfwj.jp/members/
  4. ^ http://www.meiji.ac.jp/infocom/gender/newsletter/bknumber_06.html
  5. ^ a b 小谷真理(SF・ファンタジー評論家) わたしの組成はすべてSF [文]小谷真理  [掲載]2013年04月03日
  6. ^ a b 国際コミュニケーション学部 講演会 小谷真理氏(SF&ファンタジー評論家・翻訳家)「女として書くこと/SFとゴシック」 2007年
  7. ^ 女性状無意識<テクノガイネーシス> - 株式会社 勁草書房
  8. ^ 介護は「する人」も「される人」も大変 それでも私が笑顔でいられた理由 2012TOKYO人権 第54号(平成24年6月29日発行)
  9. ^ a b 「山形浩生氏側に賠償命じる判決 SF評論家・小谷真理氏への記述」朝日新聞2001年12月26日朝刊30ページ
  10. ^ a b オルタカルチャー日本版事件判決
  11. ^ a b SFWJ:member-KOTANI-MARI

外部リンク[編集]