長谷敏司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長谷敏司(はせ さとし、1974年3月18日 - )は、日本SFファンタジー小説家大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。人工知能学会倫理委員会所属。

略歴[編集]

大学卒業後は会社に勤めたが、衝動的に退職。その後は専門学校に通う生活をしていたが、25歳を前にして病気を患い、危機感を抱いて作家への道を志す。2001年、『戦略拠点32098 楽園』で第6回スニーカー大賞金賞を受賞してデビューする[1]アミューズメントメディア総合学院ノベルス学科の講師も務め、教え子に餅月望がいる。2015年、『My Humanity』で第35回日本SF大賞を受賞。

ハードSF的な作風を持つ。2011年に完結したライトノベルの代表作『円環少女』は緻密な設定とストーリー展開で好評を博し、「このライトノベルがすごい! 2012」の作品部門において4位を獲得している。『あなたのための物語』以降は人工知能を中心的な題材として執筆している。

2014年から『BEATLESS』とその関連作品の世界観と設定を開放する『アナログハック・オープンリソース』を運営中。

受賞・候補歴[編集]

  • 2001年、『戦略拠点32098 楽園』(『アルカディア』より改題)で第6回スニーカー大賞金賞受賞。
  • 2009年、『あなたのための物語』で第30回SF大賞最終候補作。
  • 2010年、『あなたのための物語』で第41回星雲賞(日本長編部門)参考候補作。
  • 2011年、「allo, toi, toi」で第42回星雲賞(日本短編部門)参考候補作。
  • 2013年、『BEATLESS』で第34回SF大賞最終候補作、第44回星雲賞(日本長編部門)参考候補作。
  • 2015年、『My Humanity』で第35回SF大賞受賞(藤井太洋『オービタル・クラウド』と同時受賞)。
  • 2016年度から日本SF大賞選考委員。

小説作品[編集]

『戦略拠点32098 楽園』『天になき星々の群れ―フリーダの世界』『トイ・ソルジャー』は世界観を共有している[2]

長編・短編集[編集]

短編・中編[編集]

  • トイ・ソルジャー (『ザ・スニーカー』2001年12月号、のち角川スニーカー文庫『S BLUE ザ・スニーカー100号記念アンソロジー』)
  • 楽園行き (2004年9月、角川ホラー文庫ウルトラQ dark fantasy』)
  • 東山屋敷の人々 (2010年12月、河出文庫NOVA 3 書き下ろし日本SFコレクション』)
  • バベル (2014年10月、河出文庫『NOVA+ 書き下ろし日本SFコレクション : バベル』)
  • 10万人のテリー (2014年10月、ファミ通コミッククリア『天動のシンギュラリティ』1巻、のち創元SF文庫『折り紙衛星の伝説 年刊日本SF傑作選』)
  • ファッション・モンスター (2015年2月、ファミ通コミッククリア『天動のシンギュラリティ』2巻)
  • 怠惰の大罪 (2015年8月、ハヤカワ文庫JA『伊藤計劃トリビュート』)
  • キル・アワー・ロマンス (2016年2月、ファミ通コミッククリア『天動のシンギュラリティ』3巻・4巻分載)
  • 生きずして書く (『人工知能』第31巻第4号 2016年7月号、人工知能学会)
  • 震える犬 (2016年10月、『ヴィジョンズ』、講談社
  • プロトコル・オブ・ヒューマニティ (2016年10月、同題公演にて限定販売)
  • 仕事がいつまで経っても終わらない件 (2016年11月、『AIと人類は共存できるか?』、早川書房)

エッセイ作品・その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://lanopa.sakura.ne.jp/kyoto_sf/taidan_1.html
  2. ^ 『フリーダの世界』後書きにて『楽園』の約1500年前の話であると解説され、『トイ・ソルジャー』の『S BLUE』収録時の紹介分で『フリーダの世界』と世界観を共通していると説明されている。

外部リンク[編集]